47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 これまでも、佐川急便などと連携したIoT向けの通信技術を活用した高齢者見守りサービス創出に向けた実証の支援、先進的介護北九州モデル実現に向けた介護記録と見守り支援機器の情報連携、介護ロボット等の開発、改良などに取り組んできたところでございます。   もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 一方、ビッグデータ、IoT、AIなど新しい技術やサービスの登場によりIT需要の拡大が進む中、国内のIT人材不足は深刻で、経済産業省の報告書によると、IT人材不足規模は2015年が約17万人であり、2030年の中位のシナリオでは約59万人になると推計されています。こうした状況から昨今、人材確保を求める首都圏のIT企業の多くが本市に進出しています。 もっと読む
2019-02-28 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年02月28日 今後、世界遺産などの地域資源を活用したさらなる観光事業の推進が重要と考え、事業推進のためのIoTを活用した情報戦略や、民間企業と連携した人を呼び込む仕掛けづくりなどの取り組みについて、以下質問いたします。  (1)「稼ぐ力」を強化するために。   もっと読む
2019-02-27 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第3日) 議事日程 開催日:2019年02月27日 今後、世界遺産などの地域資源を活用したさらなる観光事業の推進が重要と考え、事業推   │ │進のためのIoTを活用した情報戦略や民間企業と連携した人を呼び込む仕掛けづくりなどの取り組    │ │みについて、以下質問する。                                     もっと読む
2019-01-23 古賀市議会 2019-01-23 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 まさに雲をつかむような、いわゆるIoTでもクラウドというのがありますが、雲をつかんでどこからね、資金、予算、財源を持ってこようという考えは悪い話ではないけども、それであるならふるさと納税をもっと完璧にしてしたほうがまだ予算としては組めるんではないかという思いがあります。   もっと読む
2018-12-12 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第2日)  本文 開催日:2018-12-12 これらの特性や強みを生かしながら、世界を舞台として活躍する企業の創出を目指して、IoTやAIの実装による社会課題の解決やグローバル展開の支援、優秀な創業人材の集積などに取り組むとともに、国際的な都市間ネットワークの形成やプレゼンスの向上などにより、福岡市の国際競争力をさらに高めながら、アジアの中で存在感のある都市づくりに取り組んでいくことが重要であると考えております。 もっと読む
2018-12-11 福津市議会 平成 30年12月定例会(第6回)-12月11日−05号 11点目は、AI(人工知能)やIoT、つまりモノのインターネットの視点として、AIやIoTを活用した行政経営や教育現場などでの活用。ちなみに、総合計画は基本構想・基本計画・実施計画の3層構造が一般的だと思いますが、本市では今回、基本構想・実施計画の2層構造だということでございます。   もっと読む
2018-12-06 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月06日−02号 本市では、北九州スタートアップネットワークの会の運営や、本市のモノづくりを生かした支援プログラム、北九州でIoTの実施、あるいは創業支援の中核施設コンパス小倉のリニューアルオープンなど、さまざまな取り組みで日本一起業家に優しい町を目指しています。町ぐるみで起業、創業を応援する体制を整えているところです。   もっと読む
2018-12-05 北九州市議会 平成30年12月 定例会(第4回)-12月05日−01号 そのコアとなる技術革新の一つは、ICTの発達によりさまざまなものがインターネットにつながり、IoT、それによって収集、蓄積された大量の情報、ビッグデータを人工知能、AIが逐次分析し、新たな価値を生み出していることです。これらは産業のみならず、働き方や生活などを根底から変える可能性を秘めております。   もっと読む
2018-10-04 北九州市議会 平成30年10月 4日 総務財政委員会-10月04日−01号 こうしたことをしっかり応援していくというのは、次のイノベーションといいますか、AIとか、IoTとかいうわかりにくいキーワードでありますけれども、そういったものがどんどん出てくる中で、しっかりそういったものを位置づけた上で、イノベーションの創出と社会経済の発展というものをしっかり生み出していく必要があるというところで、こうした取り組みを本市において実施するという判断をしたものでございます。   もっと読む
2018-10-02 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-10月02日−06号 また、ロボットやIoTなどの新しい技術に関して、地元中小企業への積極的な導入支援を行い、力強い産業づくりにも取り組まれました。  4つ目の柱、安心して子どもを生み育てることのできるまちの創出では、保育所整備や認定こども園移行のための施設整備助成など、待機児童対策の推進を通じ、教育、保育の質の向上が図られました。 もっと読む
2018-09-25 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第5日 9月25日) IoT、これ、インターネット・オブ・シングス、ロボット、人工知能、ビッグデータ等の先進技術を活用することで新たな価値を創出し、地域、年齢、性別、言語等による格差なく多様なニーズ、潜在的なニーズにきめ細かに対応したモノやサービスを提供することのできる超スマート社会のことを示しています。   もっと読む
2018-09-19 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月19日−05号 現在、IT業界においては、IoTやAI、また、ロボットの普及やビッグデータ活用などに伴う新しい技術やサービスの登場によって市場が拡大する中、急速に活用領域が広がっており、どの産業にとっても欠かせない技術となっています。  このようなIT利活用の多様化による需要の拡大に伴って、国内のIT人材不足は今後一層深刻化する可能性が高いと言われています。 もっと読む
2018-09-18 小郡市議会 平成30年 9月定例会-09月18日−04号 それとあわせて、IoTの実装で、総務省のほうがずっと事例を引きながらいろいろやってるんですけども、その中で、議員でも研修を行ってお話を聞かせてもらったんですけど、教育クラウドのプラットフォームを導入していってはどうかというようなものもありました。教育クラウドを使うことによって、これは非常にメリットがあるんですね、見てみると。 もっと読む
2018-09-14 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月14日−03号 このような支援体制を生かして、昨年度、全国の起業家を対象にIoT製品とビジネスプランを短期間でつくり上げるコンテスト、北九州でIoTプロジェクトを実施しました。応募には全国から85件、この中には首都圏など市外から56件が含まれます。このビジネスプランが寄せられるなど、大きな反響がありました。 もっと読む
2018-09-12 糸島市議会 平成30年 第4回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-09-12 358 ◯企画部長(馬場 貢君)  先ほど方向性を述べさせていただきましたけれども、ICTを活用した地域課題の解決を視点に、電子申請やオープンデータの推進、マイナンバーカードの普及、デジタルデバイドの対策等、また、IoT機器の活用といった、特に市民生活の利便性向上につながる施策を盛り込む予定でございます。 もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) また、AIやIoTなどで労働や社会形態が急速に変わっていくことに、行政の柔軟な対応が今後求められます。また、長期的には人口や経済が縮小していく中で、自治体が主導し、住民が協力するというスタイルから、ニーズや実態に気づいた市民が発信し、把握と同時に動き出す市民が動きながら解決し、そして、市に提案していくということも可能にすることが、効率のよい行政運営につながると思います。   もっと読む
2018-09-06 北九州市議会 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月06日−01号 力強い産業づくりでは、ロボットやIoTなどの新しい技術に関して、地元中小企業への積極的な導入支援を行いました。  都市基盤の整備では、本市の成長戦略に大きくかかわる戸畑枝光線、恒見朽網線など主要道路の整備を進めたほか、折尾地区総合整備事業、響灘東地区処分場整備事業などを着実に進めました。  4つ目の柱は、安心して子どもを生み育てることのできるまちの創出であります。   もっと読む
2018-06-20 嘉麻市議会 平成 30年 6月定例会(第2回)-06月20日−03号 人工知能AI、ビックデータ、また、IoT、こういった先端技術が高度化して、産業や社会生活に取り入れられまして、社会のあり方が大きく変化する時代が今後訪れてくると言われております。   もっと読む
2018-06-07 北九州市議会 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月07日−03号 また、このCEのビジネスモデルの多くは、GPS、ソーシャルメディア、IoTなどの革新的なテクノロジーによって実現されており、日本においても各業界でCE実現に向けた研究開発に乗り出す企業もあらわれるとともに、本年3月には一般社団法人サーキュラーエコノミー推進機構が発足したとのこと。 もっと読む