運営者 Bitlet 姉妹サービス
1452件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 遠賀町議会 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号 さらに、少子高齢社会に対応するため、「自助・共助・公助」の役割のもと、住民・地域・行政が一体となった協働のまちづくりを推進してまいります。  広報・公聴活動の充実。  住民への行政情報の発信源である広報おんがや遠賀町ホームページにつきましては、「正しく伝わる」ことを工夫し、ターゲットに合致した情報の発信に努めてまいります。 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 人口減少社会、超高齢社会を迎え、経済成長が望めない状況の中で、年金の削減、医療費、介護費の負担増など国民の負担は一段と厳しくなっています。だからこそ福祉政策の充実が求められています。  国も地方も厳しい財政にあると言いますが、税金をいかに公正に再配分するかというのが政治の役割です。住民の福祉をしっかり図りながら、いかに縮小社会をつくり上げるかが重要です。 もっと読む
2018-12-14 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月14日−05号 今回の質問では、高齢社会介護予防についてと高齢者が地域で安心して暮らせる交通網整備についての2点について質問させていただきます。  まず、1点目に、高齢社会介護予防について、今回、支え合いの共生社会、互助・共助の観点から、地域住民の暮らしとコミュニティーを守ることを重視する共生の価値観が、超高齢・人口減少の時代において、人々の間で共有されるものと思います。   もっと読む
2018-12-12 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2018-12-12 439 ◯15番(笹栗純夫君)  3番目の要旨でございますけれども、3者協定の取り組みは、超高齢社会となった日本の国家戦略であると私はかたく信じております。  そこで、市長にお願いがございます。私は政府にと言っておりますけれども、主管省庁は厚生労働省ではないでしょうか。 もっと読む
2018-12-12 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第3日) 議事日程・名簿 2018-12-12 (3)超高齢社会となった日本で、本市の取り組みは極めて先進的で、日本の抱             える課題を解決する重要な事業である。政府へも働き掛け、実現化するよう             願う。市長の見解を伺う。           もっと読む
2018-12-12 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月12日−03号   │・空き家対策について  │・空き家の現状(苦情相  │      │〃      ││  │            │ 談)と環境悪化について │      │       ││  │            │ の対策について     │      │       │├──┼────────────┼─────────────┼──────┼───────┤│11│・高齢者福祉について  │・高齢社会介護予防 もっと読む
2018-12-07 岡垣町議会 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月07日−03号 こうした背景から、少子高齢社会だからこそ、視点、着眼点を変えて、今までにない、若い女性が集まる環境づくりが必要であると考え、若い女性を意識した夢のある元気で明るいまちづくりを提案する次第です。若い女性が集まる場所をつくれば、必ず若い男性が寄ってきます。若い人たちでにぎわう元気で明るい町にしましょう。しましょうと言っても行政が乗ってこないと何も始まりません。 もっと読む
2018-09-26 宗像市議会 宗像市:平成30年第3回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年09月26日 介護保険制度は、これからの少子高齢社会を考えると、絶対に必要な制度であるので、制度存続のためにも適切な収納は必要である。市民に寄り添う気持ちを持って対応し、市民がこの制度があって助かる、ありがたいと言えるような仕組みをつくってほしい。  若年性認知症について、一家の働き手が認知症になると、家族や子どもも苦しい状況になる。 もっと読む
2018-09-19 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第2日 9月19日) ○住宅課長(中村 博)  今後の超高齢社会を見据えますと、高層集合住宅がこれからの需要にマッチしているのか。高齢者等に優しい住宅はどのような住宅なのかも視野に入れ、財政状況や住環境の変化、市民ニーズ等も踏まえ、再検討も必要と認識しております。 もっと読む
2018-09-19 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月19日−03号 けれど、この制度の今後のあり方は、2025年以降に団塊の世代が75歳以上を迎え、超高齢社会が到来したとき、どのような対策を構築し、確実に制度の成果を上げていくのか、大変重要な課題になるのではないかと考えています。 もっと読む
2018-09-14 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第1日 9月14日) 現在の高齢社会が進む状況下では、介護サービス費の自然増や改正が繰り返される介護保険制度への対応などは避けては通れませんが、今後とも給付の適正化等を推進し、持続可能な制度の運用を目指し、介護保険特別会計の適正な財政運営に努めてまいります。  次に、後期高齢者医療特別会計についてであります。 もっと読む
2018-09-12 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第5日 9月12日) 今後の超高齢社会を迎えるに当たり、我が久留米市が目指す健康寿命の延伸に加えて、国保の医療費の増加を抑えるためには、この肺炎球菌ワクチンの接種率をアップして肺炎にかかる医療費を削減することも有効な手段だと考えます。  また、災害時に問題になる感染症、特に高齢者では避難所における肺炎対策も必要となってきます。平時における肺炎球菌予防接種は災害時における感染症予防対策としても有効だと考えます。   もっと読む
2018-09-06 岡垣町議会 平成 30年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号 この連携中枢都市圏ビジョンは、北九州市を中心として近隣市町16自治体で構成され、経済成長の牽引・高次都市機能の集積・強化、生活関連機能サービスの向上の3つの柱を基本に連携し、平成26年に国が掲げた連携中枢都市圏構想の推進を、北九州市が人口減少・少子高齢社会において、一定の圏域人口の確保と活力ある経済社会を維持するために構想されていると思っています。 もっと読む
2018-06-19 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月19日−04号 長寿社会を迎える中、近年話題となっています2025年問題は、団塊世代が後期高齢者となる年代に到達する西暦をあらわしており、国民の3分の1が65歳以上、5人に1人が75歳以上という人類が経験したことのない超・超高齢社会を迎える中、高齢者の介護費、医療費、年金問題が国家財政の大きな負担となって、7年後には社会保障の危機が訪れると言われております。   もっと読む
2018-06-19 春日市議会 平成30年第2回定例会(第3日) 本文 2018-06-19 これから本市も高齢社会を迎えます。その結果、公債費の増加や市税の減少というのは進んでくると思います。その対策として、今後も少なからず事業の見直し等が行われるのでしょうが、それよりも市税の増収を目指す攻めの姿勢が必要ではないでしょうか。そのためにはやっぱり、働く世代の誘致が最も必要だと考えます。 もっと読む
2018-06-19 直方市議会 平成30年 6月定例会 (第2日 6月19日) 今後、この超高齢社会というのはもっと進んでいくと思います。高齢者の単身世帯も進んでいくと思われますし、家族間で日常的にそういう話し合いもできればいいのですが、なかなか核家族等が進み、今の現状では非常に厳しいものがあると思います。検討のほどをよろしくお願い申し上げまして、今回の質問を終わります。 ○議長(友原春雄)  ここで、10分間程度休憩します。            もっと読む
2018-06-15 久留米市議会 平成30年第2回定例会(第6日 6月15日) このような経過がある中、斎場の建設時に想定されていなかった合併による火葬件数増加に十分対応できているのか、また、近年の超高齢社会の進展による影響で、今後は死亡者も増加すると考えられます。故人の最期を取り扱うという業務の性質上、火葬ができず何日も待たされるということがあってはなりません。   もっと読む
2018-06-15 大牟田市議会 平成30年  6月 定例会(第499号)-06月15日−02号 本市では、この3月に、今後の人口減少、少子高齢社会を見据え、公共交通と連携したまちづくりを進めていくために、この二つの計画を策定されました。この二つの計画は、これからの本市のまちづくりのあり方の重要な礎になると思います。  さらに、この考えでまちを再編していくには、その中心となるのが市役所や大牟田駅がある中心市街地です。昨年3月に内閣総理大臣から認定を受け、先日は地域再生計画の認定を受けました。 もっと読む
2018-06-14 福津市議会 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月14日−04号 るるこの文科省の新学習指導要領の件につきましてもいろいろ述べてまいりましたが、国は、やっぱり日本という国が少子高齢社会が加速する中で、子育て支援や、それから教育、あるいは高齢者の地域包括ケアシステムの策定、それから、子育てについては包括支援センターの設置など、どんどん新しいメニューを出してきております。  で、現状を見ますと、私は福津市が立ち遅れていると思います。ついていっていない。 もっと読む
2018-06-13 福津市議会 平成 30年 6月定例会(第3回)-06月13日−03号 生産年齢人口の減少、超高齢社会の到来といった状況を迎え、予算と人員は限られる中で、必要な市民サービスを提供し、かつ安定した行政経営を進めるためには、より必要性が高い施策事業に重点化を図りながら、今の時代に合わなくなったものや優先度の低いものを見直す徹底した行財政改革を行うことが必要です。  1つ、基本方針。 もっと読む