210件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行橋市議会 2021-12-11 12月11日-04号

また今年度ですね、県の高潮浸水区域見直しがございます。それに併せまして、本市防災マップ改定する予定でございます。改定作業が終了いたしました時点で再度出前講座等を行い、市民方々に周知をしていきたいというふうに考えております。以上です。 ○議長田中建一君)  和田都市整備部長。 ◎都市整備部長和田雄二君)  御質問にお答えいたします。

行橋市議会 2020-12-10 12月10日-03号

このような災害に備えて、行橋市では取り組みとして、来年度、防災マップ見直し高潮浸水想定図を掲載いたします。今後の課題として、水から街を守るための都市下水路整備中小河川や道路の点検整備ポンプ場施設の改修などの検討が必要だと考えております。 今回の台風は、台風接近上陸段階におきましては、早めの避難がポイントとなる災害でございました。台風の中、市民避難することは容易なことではございません。

行橋市議会 2020-09-09 09月09日-02号

さらには中身の詳細というのは、まだ発表されておりませんが、福岡県が高潮災害浸水想定区域設定見直しを行う予定でありますので、本市も来年度にハザードマップ改定予定しているところでございます。以上です。 ○議長田中建一君)  西岡議員。 ◆12番(西岡淳輔君)  まさにおっしゃるとおりだと思います。災害の期間につきましては、いつでも、どこでも同様に大切です。

古賀市議会 2020-06-18 2020-06-18 令和2年第2回定例会(第4日) 本文

今回は、法改正に基づく条例の改正であり、法律の中での災害は、「暴風豪雨豪雪洪水高潮、地震津波その他の異常な自然現象により被害が生ずること」を言い、新たな災害に対するところでの見解は国から示されていない。  意見賛成意見地震暴風雨などのもしもに備え、他の自治体に先駆け古賀市が審査委員会の設置を進めることを高く評価し賛成

北九州市議会 2020-03-27 03月27日-05号

次に、消防費について、委員から、①救急隊新型コロナウイルス感染症対策②新年度の防災・減災対策高潮災害対策取り組み④災害時の業務継続のための取り組み⑤地域ぐるみ防災ネットワーク構築等について質疑があり、当局から、①救急隊新型コロナウイルス感染症対策については、救急隊員感染防止と 救急車を媒介とした市民への感染防止が必要である。

行橋市議会 2020-03-16 03月16日-05号

また、高潮浸水想定区域を新たに加え、修正を行う防災マップ見直しに要する経費が計上されております。 次に、総合政策課では、5年に一度行われる国勢調査の事務を行うための経費が計上されております。 次に、消防本部では、聴覚・言語機能に障害のある方がスマートフォンなどからインターネットを介して円滑な通報が可能となるNET119緊急通報システムの導入に要する経費が計上されております。 

福岡市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2020-03-12

161 ◯環境局長坂本秀和) まず、海岸に生息する植物の保全につきましては、気候変動の影響による海面水位の上昇や高潮、台風等被害の増加が予測されていることから、これらの被害を受けやすい海岸において貴重な植物のモニタリングを引き続き実施し、分布状況を注視してまいります。  

大牟田市議会 2020-03-06 03月06日-02号

大きい5、有明海沿岸高潮浸水想定区域図について。 去る2月27日の都市環境経済委員会で報告されました有明海沿岸高潮浸水想定区域について発表された浸水想定区域は、本市の3分の1に浸水のおそれがあるとの想定でした。 率直な御感想をお聞かせください。 ○境公司議長  末藤都市整備部長。 ◎末藤隆生都市整備部長  福岡県より公表されました有明海沿岸高潮浸水想定区域についてお答えをいたします。 

岡垣町議会 2020-02-06 03月03日-01号

土砂災害洪水地震津波高潮など6種類災害を掲載する予定としております。10款の教育費ですが、6ページのほうに移ります。130番です。英語教育改革推進事業でございます。安河内哲也氏をアドバイザーに迎えて、英語教育改革イニシアティブ2016を推進する経費といたしまして、550万円を計上させていただいております。それでは、主な事業は以上のとおりでございます。

糸島市議会 2019-12-12 令和元年 第4回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2019-12-12

これは地震が太平洋のほうで起こって、それが影響して福島の原発のほうに高潮が押し寄せ、そして原発がだめになったと認識をいたしております。3度ほど行きましたけれども、本当にまだまだ復旧にほど遠いというのは、目の前で見てびっくりしました。だから、糸島市はこの原発について、やはり九州電力の方々に、視察にも何度も行かせていただいて、原発の恐ろしさを我々も訴えてまいりました。  

宮若市議会 2019-06-20 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年06月20日

災害種類としては、暴風豪雨豪雪洪水高潮、地震津波、その他異常な自然現象による災害が生じることをいうという説明がありました。  地震の場合、例えば、1,000世帯被害に遭うと、1,000世帯が申し込みできるということなのかという質問がございまして、簡単に言いますと、できるということでございます。いろいろ途中、説明がありましたけど、できます。  

行橋市議会 2019-03-13 03月13日-04号

特に海岸部に至っては、地震による高潮などの被害を受けたとき、住民はどこに避難をすればよいのか。総合計画ではこうなっています。 地域防災計画ハザードマップ見直し、さらには地域防災力の向上などが一番にあげられております。しかし問題はここですよね。住民が大体どこに避難をすればいいかと。やっぱりいざというときに避難する場所の確保が、私はやはりかなり優先度が高いと考えるんですね。