144件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2019-09-13 令和元年第4回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-09-13

しかしながら、世界を見渡しますと、悲しいことにテロや紛争などの争いは絶えず、また、我が国周辺でも尖閣諸島への中国による覇権拡大脅威北朝鮮による核開発弾道ミサイル発射実験韓国による我が国領土である竹島実効支配北方領土問題等日本の身近でもいつ何どき争い事が起きるか本当にわからない状況であると思います。  我が国はさきの大戦で世界唯一原爆が投下された国でもあります。

宗像市議会 2019-09-03 宗像市:令和元年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年09月03日

日本領土は37万平方だけど、その周りの分を合わせると、日本海域と言われる、海域排他的水域の内側ですね、そこのところを合わせると、世界で6番目なので、この洋上発電日本にとっても非常にプラスじゃなかろうかと今、経済省とか、そういうことを進める根拠です。ただし、そこに水産にどういう影響があるのかというのが今、非常に危惧されるところなんですよ。  そのところで一つ、ことし4カ所場所が決まりました。

春日市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第5日) 本文 2018-12-18

日米安全保障条約国民の生命・財産や領土領海等を守るために重要であることは皆さん御存じのとおりですが、この条約の第2条には、経済的協力として福祉の発展経済的協力を促進することが明記されており、米軍日本の防衛を託すこともでき、戦後の日本経済発展に大きく寄与したことは見逃すことができない事実であります。  

福岡市議会 2018-09-10 平成30年第4回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-09-10

自国領土外国によって侵されれば、それを侵略だと言うように、自国内において外国政府の意思によって国民拉致をされた場合、それを侵略だと言わずして一体何と呼ぶのでしょうか。  今、改めてお伺いいたしますが、一昨年の啓発集会に合わせて救う会福岡が作成した「拉致は、侵略だ。」

遠賀町議会 2018-06-13 平成30年第 4回定例会−06月13日-05号

その理由と致しまして、まず1点目に、災害を含め、命懸けで24時間365日、領土、領海領空国民の命を守り抜く任務を果たしている自衛隊の姿に対し、国民の大多数が信頼を寄せております。しかし、多くの憲法学者政党の中には、自衛隊違憲とする議論が今なお存在しています。不安定な自衛隊の身分を憲法にその存在を明記し、自衛官が職務に精勤できる環境をつくることが重要だと考えます。  

春日市議会 2017-12-13 平成29年第4回定例会(第4日) 本文 2017-12-13

弾道ミサイル日本領土領海落下する可能性、または、領土領海を通過する可能性がある場合には、政府から24時間いつでも全国瞬時警報システム通称Jアラート使用して緊急情報が届きます。このJアラートによる情報伝達が行われた際には、国から直接、その情報が各携帯電話会社に配信され、一斉に該当地区エリアメール緊急速報メールにて配信されることとなります。

糸島市議会 2017-12-12 平成29年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-12-12

618 ◯総務部長(洞 孝文君)  市民への情報伝達方法でございますが、例えば今、那須議員御心配なされております弾道ミサイル日本領土、領海を越えていく、あるいは攻撃をされる可能性がある場合、国からの警報が自動的に防災行政無線での放送と、それとあわせまして、緊急速報メールが配信をされるわけでございます。  

福岡市議会 2017-10-10 平成29年決算特別委員会 本文 開催日:2017-10-10

文在寅大統領大統領選前の昨年7月、我が国固有領土である竹島に堂々と上陸している。また、ことし1月には慰安婦像を訪れて対面し、像が寂しがらないよう、ともに関心を持って守っていこうと述べたと言われている。このような人物が新しい韓国大統領となり、しかも選挙区は釜山広域市である。

志免町議会 2017-09-20 09月20日-05号

条約は、核兵器法的禁止の内容として、核兵器開発実験、製造、備蓄、移譲、使用威嚇締結国領土管理地域への核兵器配置導入、配備の許可などを明記した、条約の仕上げの段階では、核兵器使用威嚇禁止が新たに明記されたことは、核抑止力論核兵器による威嚇に依存した安全保障論を否定したものとして大きな意義を持つ。これらは、核兵器に悪の烙印を押し、それを全面的に違法化するものとなりました。 

福津市議会 2017-06-28 06月28日-05号

領土問題での侵略は多々あります。日本尖閣諸島に対して中国は、昔は我が国領土だったという理由領有権を主張しております。侵略に対する自衛戦争は、日本も認めているのが現状です。つまり条文と矛盾をしているわけであります。 そのもう一つ陸海軍その他の戦力は、これを保持しないです。戦力保持、でも自衛隊はオーケー、自衛隊は国内はもちろん、海外でも評価の高い立派な戦力です。

直方市議会 2017-06-20 平成29年 6月定例会 (第2日 6月20日)

そこで最初の質問ですが、報道によりますと、4月21日に国が都道府県の担当者を集め、ミサイル日本領海領土に着弾するケースや上空を通過するケースなどを想定して、それの対応や、また北朝鮮情報全国瞬時警報システム、俗に言うJアラートですね、と緊急情報ネットワークシステム・エムネットを使った警報運用方法、住民への伝達避難方法などを説明したとありました。  

大牟田市議会 2017-06-20 06月20日-04号

今日、災害救助を初め命がけで24時間365日、領土、領海領空日本人の命を守り抜く、その任務を果たしている自衛隊の姿に対して国民信頼は9割を超えています。しかし、多くの憲法学者政党の中には、自衛隊違憲とする議論が今なお存在しています。自衛隊違憲かもしれないけれども、何かあれば命を張ってくれというのは、余りにも無責任です。 

大野城市議会 2017-06-16 平成29年第3回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2017-06-16

Jアラートは、弾道ミサイル日本領土領海落下、または通過する可能性がある場合に使用されます。  まず、発射された弾道ミサイル日本に飛来する可能性がある場合に、Jアラート使用した情報により避難が呼びかけられます。次に、日本領土領海落下する可能性があると判断された場合は、直ちに避難することや、落下場所等についての情報伝達されます。

行橋市議会 2017-06-13 06月13日-03号

いわゆるきのうも小坪議員が少し喋っていましたが、万が一、領土弾道ミサイル落下した。専守防衛の国ですから、落ちたらそれは反撃する。パトリオットが築城にもありますよね、あのパトリオット、昔はこっちを向いていたんですよ。昔はああいう形じゃないで、とがった形で。いつの間にか、あれはこっちを向いているんですね。移動式ですけど、移動式とは言え、固定して発射するんですよね。

大野城市議会 2017-03-03 平成29年第1回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2017-03-03

しかし、外に目を向けると、欧米諸国を中心に伸長している反グローバルリズムの勢力、東アジアにおいては領土的野心を隠さない中国核実験ミサイル発射を繰り返す北朝鮮などの脅威が顕在化しており、日本を取り巻く国際環境はますます厳しいものとなっております。今後、大野城市においても、これらの影響を受けるであろうことは十分に考えられるところです。  

筑紫野市議会 2016-12-16 平成28年第4回定例会(第4日) 本文 2016-12-16

きょうはロシアのプーチンさんがきのうから来てわさわさして、本来は北方領土を返していただくという話になって、それを手土産にして、そろそろ国会を解散して衆議院で長期政権というお話だったんですが、何か違うような。  あんまり日本国民をたぶらかすようなことは、プーチンさんやらないでね、申し上げた。これは余計なことでありますが、そんなふうに感じているんですが、いずれにしても情勢が揺れ動いています。  

北九州市議会 2016-12-09 12月09日-04号

      │し、予算大幅増額支援を強化する意見書提出について            │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第21号  │市民の声に耳をかたむける体制について                     │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第27号  │北方領土問題

北九州市議会 2016-09-30 09月30日-07号

      │し、予算大幅増額支援を強化する意見書提出について            │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第21号  │市民の声に耳をかたむける体制について                     │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第27号  │北方領土問題

小郡市議会 2016-09-23 09月23日-03号

あわせて、話変わりますけども、尖閣諸島の問題ですけども、これは1895年以降日本領土として1970年近くに至るまで中華人民共和国、歴史ですね、それも日本領土と認めてきたのに1970年以降、どうしてかわかりませんけども、あの辺の周辺に石油の資源があるということで、その辺ぐらいから中国領土だという主張がされているみたいです。