216件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

久留米市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第1日 2月27日)

また、参加人数や回数の多すぎる会議、多数での出張などを見直し、情報共有や学習のために、電子メール、LINEグループ活用eラーニングなど、e‐市役所の取り組みを推進し、同時に働き方改革取り組みを前進させたいと考えております。  次に、特に重点的に取り組む8項目の施策について、令和2年度に実施する主な事業を御説明申し上げます。  まず、1点目は、「子どもの笑顔があふれるまちづくり」です。  

筑紫野市議会 2019-12-20 令和元年第5回定例会(第4日) 本文 2019-12-20

委員会では、電磁的記録による提出とは具体的にどういうものなのかとの質疑があり、執行部からは、CD─ROM、USBメモリ電子メール等で提出することであるとの答弁がありました。  また、一委員から、提出する全ての様式電磁的記録提出可能になったのかとの質疑があり、執行部からは、選挙公報のみの改正であり、ほかの様式従前どおりであるとの答弁がありました。  

春日市議会 2019-09-17 令和元年第3回定例会(第3日) 本文 2019-09-17

現在、各学校では、災害時や行事の変更、休校等の緊急時については、保護者に対して電子メールにより一本化した対応を行っています。議員御提案の「エデュマップ」はクラウドを用いてのサービスであるため、災害時にデータを管理するサーバーが破損しても、パソコンスマートフォンからホームページ上の学校情報を更新することができるとのことでございます。学校ホームページは各学校において独自に運営されています。

久留米市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第5日 3月 4日)

さらに、登録実績のある事業者に対しましては、郵送または電子メールで個別に案内を行うなど、ことし1月末までの登録期限までに十分な対応に努めてまいりました。  なお、登録業者には、これまでも市のホームページにある申請書等を利用していただいており、パソコン環境は整備されているものと考えております。  

春日市議会 2019-02-27 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-02-27

こちらは、総合情報ネットワークインターネット電子メールを利用するために必要となる情報系システムサーバーが導入後5年を経過するため、業務継続性及び安定性を図るため更新するものです。  6目は以上です。 553: ◯委員長野口明美君) 質疑ございませんでしょうか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 554: ◯委員長野口明美君) 次、お願いいたします。渡辺課長

筑紫野市議会 2018-09-18 平成30年第3回定例会(第3日) 本文 2018-09-18

ユニファイド・コミュニケーション・システムでは、電話電子メールに加えて、インスタント・メッセージやウエブ会議を初めとした多様な機能が装備されていて、複数ユーザー間で会議中に共同して議事録作成することなど、作業効率化につながっているとのことです。また、IP電話への移行により、職員全員電話を割り当てることができ、一度に多くの電話対応ができるようになったということです。  

久留米市議会 2018-03-12 平成30年第1回定例会(第6日 3月12日)

また、話の仕方も、20人を一同にミーティングをするケースもありますが、そういったことに関しては、20人が電子メールでいろんな基本的なやりとりをし、情報を共有し、決断する場合には数名で議論すると。そういう形で効率化していくことが必要であります。  そういったことを行いましたら、縦割り人たちが大分人間的に余裕が出てきますから、そういった人を地域ごとに配分することもできます。

久留米市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日)

また、スピードアップをするために、そのときに出てきた課題に関しては電子メール上でいろんな課題を調べ、そして、共通認識をしているということであります。そういう意味では、これまでの久留米市の大きな方向性はのっとっておりますが、やり方が激変して、スピードアップをしているということであります。  

久留米市議会 2018-03-06 平成30年第1回定例会(第2日 3月 6日)

また、電子メールを使われていない実態がございました。このことに関しましても、大きな課題と思っております。  民間企業におきましては、個人でも、若い世代でも…… ○議長(佐藤晶二君) 市長、しばらくお待ちください。                      〔傍聴者の退場を待つ〕  それでは、お願いします。 ○市長大久保勉君) 電子メールを使うことは民間企業では当たり前であります。