運営者 Bitlet 姉妹サービス
157件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-07 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月07日−02号 ◎市長(中尾昌弘)   8月24日の日に、佐賀県が防衛からの要請を受け入れたことというふうなことがありまして、それは報道されたわけでございまして、私もその報道を見まして初めて承知したところでございます。   もっと読む
2018-06-13 遠賀町議会 平成30年第 4回定例会−06月13日-05号 防衛の発表では、平成29年度、近隣諸国から、戦闘機や爆撃機による領空侵犯等により、年間904回のスクランブル出動がかかっております。また、北朝鮮から発射された日本列島を通過する弾道ミサイルも確認されており、これらの脅威に最前線で対応しているのも自衛隊であります。   もっと読む
2017-12-21 行橋市議会 平成29年12月 定例会(第8回)-12月21日−05号 本事業ありきではなく、土地購入に関して、防衛からの補助金を返納し、土地の用途に付加されている制約を外した上で、活用のために何がいいのか、ということも論議することが必要なのではないでしょうか。  次に、この事業が市民の優先事項なのかということです。住みやすい行橋であってほしい。このため、行政・議会は市民のニーズを聞き、把握することが必要だと思います。 もっと読む
2017-12-12 行橋市議会 平成29年12月 定例会(第8回)-12月12日−03号 防災食育センターの事業実施経緯について、本市と防衛の協議において、ハード面あるいはソフト面でもアドバイスがあったと思うんですが、防衛との緊密な協議の結果が、相当程度、当該施設の能力を高める一助になったんではないかと。 もっと読む
2017-12-11 行橋市議会 平成29年12月 定例会(第8回)-12月11日−02号 同センターは、先ほど申しました平成26年2月、防衛補助金、約12億4千万円を含め、約20億9千万円で完成いたしました。現在、防災センターが全国で5箇所出来ているそうでございます。本市は全国で初めてであり、先駆けのセンターでございます。全国からの注目度が非常に高く、多くの自治体等が行政視察に来ていると伺っております。   もっと読む
2017-12-08 北九州市議会 平成29年12月 定例会(第4回)-12月08日−04号 沖縄県辺野古の新基地建設に向け、防衛沖縄防衛局は11月6日、埋立予定海域の2カ所で新たな護岸工事を始めました。もともと沖縄防衛局が強行している護岸工事は、法令上不可欠な県の岩礁破砕許可を受ける手続も行われないまま進めている違法なものです。 もっと読む
2017-12-08 遠賀町議会 平成29年第 9回定例会−12月08日-03号 また、本町の考え方、JRだけじゃなく、いろいろ国、国交省、そして防衛という大きな三つの団体があるわけですが、事業の候補地につきましては、駅舎を含むJRの土地が主になります。まず、用地の買収をはじめ、駅の移転補償、駅舎を含めた施設建設に対して、JR九州にこれはまず理解をしていただくということが大きな仕事になります。   もっと読む
2017-09-26 行橋市議会 平成29年 9月 定例会(第7回)-09月26日−04号 また、平成27年度以降は防衛の再編交付金に替わり、市の単独事業となっているため、事業の年次計画を立て、かつ財政面で負担とならないよう、業者には耐久性等、補償期間を明確にするなどの対応をお願いしたい、との要望が出されております。   もっと読む
2017-09-11 行橋市議会 平成29年 9月 定例会(第7回)-09月11日−02号 また緊急発進回数、スクランブルでございますが、昨年度の緊急発進回数におきましては、ことしの4月に防衛が発表したデータによりますと、1168回ということで、これは今までの対領空侵犯措置を始めて以来、最高ということになっているようでございます。 もっと読む
2017-09-08 岡垣町議会 平成 29年 9月定例会(第3回)-09月08日−03号 防衛は、2018年度までに、オスプレイ17機を佐賀空港に配備し、2019年度には運用を開始する計画でした。しかし、地盤の改良や格納庫の整備に時間がかかり、計画どおり2019年度には運用を開始できないそうです。  佐賀空港での配備が遅れれば、そのまま芦屋基地に配備されるという可能性もあります。オスプレイは航空自衛隊ではありませんが、このことだけは私から申し上げておきます。   もっと読む
2017-06-13 岡垣町議会 平成 29年 6月定例会(第2回)-06月13日−03号 この工事は、防衛の補助事業を活用して、平成28年度から平成29年度の2カ年にかけて実施しているものです。今回の変更契約については、入札において入札残が発生したことにより防衛と入札残の取り扱いについて協議を行い早期完成を目指すため、戸別受信機の増工を行うものです。  資料の2ページをごらんください。まず、左側の枠の戸別受信機設置台数のところをごらんください。 もっと読む
2017-06-13 行橋市議会 平成29年 6月 定例会(第6回)-06月13日−03号 そういうことも加味しながら、私は防衛がいろんなことを申しても、やはり各自治体が何らかの今の北朝鮮等々の対応に何もしないという時代が、もう終わったのかなと感じています。  ぜひですね、田中市長におかれましても、財政、苦しい中、やはりこの先、20年、30年、50年を支えていく子どもたちの、まず命を守るという使命を果たしていただきたい。そのことをお願いいたしまして、私の一般質問を終わりたいと思います。 もっと読む
2017-06-12 行橋市議会 平成29年 6月 定例会(第6回)-06月12日−02号 そして、これも御承知おきかと思いますけども、防衛の補助金を頂戴してあの土地を取得したときに、文化施設という括りが掛かっていたということも現実でありましたので、そういう2つ3つの理由から他に選択肢がなかった、というぐあいに理解をしております。以上です。 ○議長(諫山直君)  西本議員。 もっと読む
2017-03-29 北九州市議会 平成29年 2月 定例会(第1回)-03月29日−10号 自衛隊機の飛行ルートの実態を把握した上で、騒音対策について防衛と交渉されたい。  光化学オキシダント及びPM2.5について、市民の健康を守る観点から積極的な情報提供や注意喚起を行われたい。  インドネシアの森林火災、泥炭火災への対策に関し、本市の技術協力を更に推進されたい。  本市の環境施策の取り組みを世界に発信するために、国際会議を定期的に誘致してはどうか。   もっと読む
2017-03-13 福岡市議会 平成29年条例予算特別委員会第1分科会 質疑・意見 開催日:2017-03-13 81 [質疑・意見]  群馬県における中学生の自衛隊での職業体験において、将来は自衛隊で決まりというような写真が防衛と自衛隊のホームページに掲載されているが、同様のことが本市の中学生の職業体験においても行われているのではないか。 もっと読む
2017-03-07 行橋市議会 平成29年 3月 定例会(第5回)-03月07日−03号 そういう踏切の所が通学路になっておりますし、踏切も歩道がないというところで、平成23年度から防衛の事業を活用しまして、事業を進めているところでございます。現在のところ、前後の用地買収、それを進めつつ、少し今年度も国道からの工事、50mをやるということにしております。   もっと読む
2017-03-06 北九州市議会 平成29年 2月 定例会(第1回)-03月06日−05号 その状況を生々しく記録した日報について、防衛が当初廃棄したとしていたデータが見つかり、廃棄が虚偽であったことが判明しました。防衛、自衛隊が組織的に隠蔽していた疑惑が大問題になっております。  しかも、データは昨年12月下旬に自衛隊の統合幕僚監部で見つかっていたにもかかわらず、1カ月以上も隠されていました。 もっと読む
2016-12-19 大牟田市議会 平成28年 12月 定例会(第492号)-12月19日−04号 この機体そのものについてのいろいろなことは、今後、原因究明されて、防衛も当然、敏感に反応すると思います。  2点目の騒音については、先日も佐賀空港をベースにやりましたね。私もあのときは、おおむたハイツにおって聞きましたけど、あの限りではそんなには騒音が皆さんの生活を脅かすようなことはないと思っていますし、新聞報道を見ても、まあいいんじゃないかと。各紙を見た限りの判断ですよ。と思います。   もっと読む
2016-12-15 大牟田市議会 平成28年 12月 定例会(第492号)-12月15日−02号 ◎市長(中尾昌弘)   一昨日の12月13日でございますが、沖縄県名護市沖で米軍のオスプレイが不時着水したというふうな件につきましては、福岡県の情報連絡会を通じまして、実は、防衛から公表された内容の提供をいただいております。   もっと読む
2016-12-13 行橋市議会 平成28年12月 定例会(第4回)-12月13日−03号 また防衛・自衛隊の体制の大変換や自衛隊基地の増強も同時に進んでいます。これらの動きはかつてないもので、安倍政権の暴走政治が新たな段階に進んでいることを示しております。  安保法制、戦争法が強行採決されました昨年、日米両政府は、11月3日、自衛隊と米軍が平時から一体運用するための新機関、同盟調整メカニズム・ACMを設置をいたしました。 もっと読む