92件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2021-03-08 03月08日-05号

本市においても、30日以上の欠席をしている児童生徒数増加傾向にあり、長期欠席者も増加しています。昨年9月議会でも不登校支援について質問をさせていただき、教育長からも、不登校子供が、どこかの段階社会的協働の中に戻ってきてほしいと御答弁いただきました。私も様々な不登校のお子さんを抱える保護者の方から御相談を受けますが、不登校の期間や段階、また、家庭状況など全て一律ではありません。

北九州市議会 2021-03-05 03月05日-04号

そこで、毎月、長期欠席に関する実態調査を行うとともに、各区を担当いたします指導主事学校を訪問して丁寧な聞き取りを行っております。その中で、昨年度まで不登校ではなかった子供が、家庭状況などによって今年度は長期にわたって欠席しているケースがあるなど、新型コロナウイルスの影響が否定できない事例も把握しております。

宮若市議会 2020-12-14 令和2年第7回定例会(第2日) 本文 開催日:2020年12月14日

福岡市の特徴的なといいますか、先進的な取組をしているものがありまして、長期欠席児童生徒支援としてタブレットの端末を学校内の環境整備された別室を作って、そこに各教室での授業をライブ配信できるようにしている。そのような活用の仕方も福岡市では先進的に行われているように聞いております。  北九州市の状況ですけれども、北九州市は年度内、つまり12月中に1人1台のタブレット整備完了予定と聞いております。

北九州市議会 2020-12-02 12月02日-02号

報告書では、本市における長期欠席現状やこれまでの取組を整理するとともに、今後の施策の立案に資するように、6つの基本的方向性とそれに関する新たな取組に関する提言を示したとされていますが、本市長期欠席現状やこれまでの取組の整理の結果、現状をどのように評価、分析し、何が示されたのでしょうか。具体的にお示しください。 

川崎町議会 2020-12-01 令和2年度第8回定例会(第1日) 本文 開催日:2020年12月01日

まず、学校では30日以上の長期欠席者6月、7月の2カ月間にもかかわらず中学校23名、小学校13名とのことであります。非常に多いと思います。また、家庭内の状況について川崎町要保護児童対策地域協議会が不登校で関わっている児童生徒は4世帯10名であるとのことであります。  子どもの不登校につきましてはさまざまな問題がありますが、調査をしていく中で一番の原因家庭内にあるというものであります。

北九州市議会 2020-09-16 09月16日-06号

本市教育委員会が実施した施策評価によれば、認知したいじめ解消率が、小学校99.4%、中学校98.8%となっている一方、長期欠席児童生徒数が、小学校が1,000人当たり18.1人、中学校が1,000人当たり57人と全国平均より高くなっているのが気になります。 そこで本市いじめ防止に対する提案をしたいと思います。 先日、私は学校を変えるいじめ科学という本を読み、感銘を受けました。

川崎町議会 2020-09-01 令和2年度第5回定例会(第1日) 本文 開催日:2020年09月01日

30日以上の長期欠席者が令和2年7月末現在で小学校13名、中学校23名と非常に多いようであります。その原因等実態の把握、改善については今後調査を行ってきたいと考えております。  以上、民生文教常任委員会における休会中の所管事務調査報告を終わります。 ◯議長(櫻井 英夫君) 委員長報告は以上のとおりであります。

福岡市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2020-03-12

次に、長期欠席児童への対応はどのように取り組んでおられるのか、お伺いします。長期欠席児童の人数の推移はどのようになっていますか。保健室登校について、実態はどのようになっているか、お尋ねします。  教員の労働環境について、オーバーワークになっていると思います。平均で10年間で、平均ですよ、小学校58分、中学校39分増加し、異常事態です。そして、このデータもお持ちのはずなんですね。

直方市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会 (第6日12月 9日)

教育総務課長熊井康之)  アレルギー等で牛乳が飲めない、また、全く食べられない場合や病気等長期欠席の場合を減免の対象と考えております。  1食当たり給食費の額とともに施行規則にて定めてまいりたいと考えております。以上です。 ○9番(那須和也)  それでは、次に第8条ですね、条例の8条、小学校給食運営審議会の設置ということで、第5条第2項に定める云々ということを設置するとあります。

大野城市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-09-18

まず、スクリーンのほうですが、これは平成28年度から30年度までの長期欠席児童生徒、いわゆる不登校児童生徒の数です。このような数字となっております。平成28年度が197名、平成29年度が191名、平成30年度が229名となっております。  続きまして、適応指導教室通級生は、平成28年度が17名、平成29年度が15名、平成30年度が13名となっております。以上となります。

大野城市議会 2019-09-12 令和元年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2019-09-12

240: ◯教育指導室長(梶 幸男) この目標につきましては、40%という数字を掲げておりまして、ここで計算していますのは、長期欠席状況解消率もとにしています。この長期欠席解消というのは何を基準にするかと申しますと、月の欠席日数が3日以内であれば長期欠席状態とは考えないというのが文部科学省における統計調査基準となっていますので、これをもとにしています。

北九州市議会 2019-06-12 06月12日-06号

登校につながるということで、先ほど教育長も言われておりましたが、現在本市中学校長期欠席者の半分以上が不登校ということが理由でありますが、この不登校原因の一つにゲーム依存が関係していると思われますか。 ○副議長岡本義之君) 教育長。 ◎教育長田島裕美君) 実は、そのゲーム依存が直接の原因となった不登校児童が何人いるかというのは、実際は把握できておりません。