107件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2020-06-12 06月12日-06号

登校につながるということで、先ほど教育長も言われておりましたが、現在本市中学校長期欠席者の半分以上が不登校ということが理由でありますが、この不登校原因の一つにゲーム依存が関係していると思われますか。 ○副議長岡本義之君) 教育長。 ◎教育長田島裕美君) 実は、そのゲーム依存が直接の原因となった不登校児童が何人いるかというのは、実際は把握できておりません。

福岡市議会 2020-03-18 令和2年条例予算特別委員会教育こども分科会 質疑・意見 開催日:2020-03-18

[答弁]  不登校子どもについては、全国的に増加傾向にあり、本市における年間30日以上欠席している長期欠席児童生徒は3,000人を超えており、喫緊の課題であると認識している。スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカー、不登校対応教員等を配置してきた効果をしっかり検証しなければならない。

福岡市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2020-03-12

次に、長期欠席児童への対応はどのように取り組んでおられるのか、お伺いします。長期欠席児童の人数の推移はどのようになっていますか。保健室登校について、実態はどのようになっているか、お尋ねします。  教員労働環境について、オーバーワークになっていると思います。平均で10年間で、平均ですよ、小学校58分、中学校39分増加し、異常事態です。そして、このデータもお持ちのはずなんですね。

福岡市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2020-03-11

さらに、大学教授や医師などを委員とする登校支援対策会議において、長期欠席児童生徒への効果的な支援などについて検討しており、今後の取組につなげてまいります。  次に、学校規模適正化については、子どもたちに安心して学ぶことができる良好な教育環境を提供するため、関係局と連携し、長期推計を含めた児童生徒数推計の改善を図りながら、地域の実情に応じた対策に取り組んでまいります。  

田川市議会 2020-02-27 令和 2年第1回定例会(第2日 2月27日)

本市において平成30年度、いじめによる長期欠席事案は、小学校で1件ありました。調査委員会いじめ状況と不登校の背景を調査し、不登校要因いじめがきっかけではあるが、環境当該児童発達特性によるものとの報告を受けています。教育委員会は、学校と協議し、その児童学習について、田川市適応指導教室サウンドスクールを勧め、そのお子さんはそのサウンドスクールに通級し学習を続けました。  

福岡市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2019-12-10

そのほかにも長期欠席児童、その中でも不登校もあれば、いろいろな事情で欠席する子もある中、教育委員会議でそういったものが日ごろ議論されているのか。教育委員会から言われた分だけの議論では足らずに教育委員さんの会議活性化を求めるものでありますし、また、学力格差や、例えば、かばんが重い、クラブと塾の間で、そういった小さなことで学校に行きたくないというような相談も幾つか受けたこともあります。

直方市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会 (第6日12月 9日)

教育総務課長熊井康之)  アレルギー等で牛乳が飲めない、また、全く食べられない場合や病気等長期欠席の場合を減免の対象と考えております。  1食当たり給食費の額とともに施行規則にて定めてまいりたいと考えております。以上です。 ○9番(那須和也)  それでは、次に第8条ですね、条例の8条、小学校給食運営審議会の設置ということで、第5条第2項に定める云々ということを設置するとあります。

大野城市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-09-18

まず、スクリーンのほうですが、これは平成28年度から30年度までの長期欠席児童生徒、いわゆる不登校児童生徒の数です。このような数字となっております。平成28年度が197名、平成29年度が191名、平成30年度が229名となっております。  続きまして、適応指導教室通級生は、平成28年度が17名、平成29年度が15名、平成30年度が13名となっております。以上となります。

大野城市議会 2019-09-12 令和元年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2019-09-12

240: ◯教育指導室長(梶 幸男) この目標につきましては、40%という数字を掲げておりまして、ここで計算していますのは、長期欠席状況解消率もとにしています。この長期欠席解消というのは何を基準にするかと申しますと、月の欠席日数が3日以内であれば長期欠席状態とは考えないというのが文部科学省における統計調査基準となっていますので、これをもとにしています。

志免町議会 2019-03-18 03月18日-05号

提出理由は、現行条例の規定において、本町議会議員長期欠席した場合の実情を勘案し、その内容等をより実効性のあるものとするため、これを精査し、長期欠席した議員の報酬及び期末手当取り扱いを改定するものであります。 これがこの条例案を提出する理由です。 ○議長大西勇君) ただいまの説明に対する質疑はありませんか。              

みやこ町議会 2019-03-13 03月13日-03号

教育長屏悦郎君) 長期欠席ということで、病的な病気、おなかが痛いとか、そういうところも含めて、30日以上欠席した子どもという数で御認識をいただきたいと思いますが、小学校21と中学校34、これは昨年度、29年度のデータでございます。 ○議長熊谷みえ子君) 2番、吉竹次男議員。 ◆議員吉竹次男君) 不登校の問題は、本当にいろんな要因というか、原因があると思います。