50件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2018-10-05 10月05日-07号

○ 平成30年5月9~11日 行政視察北海道弟子屈町、斜里町及び釧路)   以下の事業について説明を受け、質疑を行った。  ① てしかがえこまち推進協議会について(北海道弟子屈町)    観光を基軸にまちづくりを進めており、町、教育委員会観光協会自治会、   商工会、町振興公社、JA、郷土研究会によって構成された協議会に、小・中   学生、高校生、主婦、会社員などが参加している。    

春日市議会 2018-06-20 平成30年第2回定例会(第4日) 本文 2018-06-20

ちなみにですね、これまで私ども議会運営委員会として視察してきました北海道釧路、帯広市、千歳市、それから長野の松本市とか、会津若松市、所沢市、長与町、それから諫早市、こういったところも全て自席答弁でありました。  そしてまた、この中部十市を見てみますと、演壇で行っているのは筑紫野市と春日市だけであります。初回に演壇で行って、2回目以降に自席答弁をされているところが古賀市、小郡市。

北九州市議会 2018-03-26 03月26日-08号

│          │       ││                 │り組みに関する調査研│          │       ││                 │究         │          │       │├─────────────────┼──────────┼──────────┼───────┤│経済港湾委員会          │観光立国ショーケース│北海道釧路

福岡市議会 2017-03-08 平成29年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2017-03-08

この前年1993年6月には、釧路で第3回ラムサール条約締約国会議が開催されています。釧路でのラムサール条約締約国会議では、日本湿地ネットワーク世界自然保護連合世界野生生物基金などの国内外の多数の自然保護団体から、人工島建設をやめて和白干潟ラムサール条約登録湿地として保全することを求める声明が出されました。

田川市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会(第3日 3月 4日)

ちょっと飛んで申しわけないんですけど、釧路ここでは動物園生活保護受給者ボランティアとして活動させております。60パーミルを超えている本市生活保護者ですね、この受給者の減少は本当に私どもで切実に捉えていかなくてはならないし、近々の課題であるということは認識しておると思います。そのために就労支援とか喚起支援を今保護課はいろいろ打ち出しております。

福津市議会 2015-12-03 12月03日-03号

北海道釧路では、生活相談支援センターの名称を工夫し、暮らしと仕事をかけ合わせて「くらしごと」と命名、チラシを作成し全戸配布をしたということでした。間口を広げるという表現をされました。相談に来ること自体大変なことで、それだからこそ情報を届けたいと言われました。 福津市でも、もっと積極的にお知らせをできないでしょうか。 ○議長(椛村公彦) 中村健康福祉部長

北九州市議会 2015-03-02 03月02日-01号

2 調査の経過及び結果(1)学力向上について ○ 平成25年5月15日~17日 視察東京杉並区、北海道釧路及び帯広市)   杉並区立桃井第三小学校(研究指定校)における電子黒板などICT(情報  通信技術)を活用した学習活動活性化への取り組み及び釧路基礎学力保  障条例(基礎学力問題研究議員連盟研究成果議員提出議案として提出し、  可決したもの)の施行状況について視察を行った。 

福岡市議会 2014-03-25 平成26年第1回定例会(第10日)  本文 開催日:2014-03-25

1993年のラムサール条約登録国会議釧路で開催され、国際保護連合やWWF、日本野鳥の会など国内外環境保護団体福岡市に人工事業中止を求め、和白干潟ラムサール条約登録湿地として保護するよう求めています。しかし、福岡市は数多くの市民の声や国内外の声を無視して埋め立てを強行しました。  問題なのは貴重な自然だけではありません。

福岡市議会 2012-03-22 平成24年条例予算特別委員会 本文 開催日:2012-03-22

344 ◯尾花委員 f-Bizが取り組む産業支援モデルが今、全国に広がっており、平成21年に東京都豊島区にすがも事業創造センターS-bizが設立されたのを皮切りに、北海道釧路k-Biz、牧之原市のM-Biz、沖縄県浦添市のT-Bizと、創業・経営支援のあり方が手詰まりであると感じた自治体支援窓口の刷新に取り組んでいる。

大野城市議会 2011-09-22 平成23年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2011-09-22

北海道釧路においては、有効求人倍率が0.36倍という低水準の中、2006年度より自立支援プログラム活用生活保護廃止理由として死亡による廃止が最も多かったのが、近年では勤労収入増による廃止が多くなったという成果を上げております。釧路の場合、市福祉事務所のみで事業に取り組むのではなく、市のさまざまな社会資源活用され、自立支援が成功しております。  

久留米市議会 2011-09-12 平成23年第4回定例会(第5日 9月12日)

北海道釧路阿寒町の「阿寒市民後見人の会」は、町行政センター保健師だった浅野聡子さんが、訪問販売悪徳商法にひっかかるなどの消費被害、大きなトラブルではないものの冷蔵庫の中身が腐るなど、日常生活の管理ができない独居老人など、高齢者世帯認知症を背景にした相談事例が多発したことがきっかけで、「状態が重くない人はだれかの支えがあれば、この地域で元気に暮らしていけるのでは」との思いから、市民後見人活用

福岡市議会 2011-06-21 平成23年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2011-06-21

その点について、私は会派同僚議員と5月末から北海道釧路に出張し、特色のある取り組み視察してまいりました。  釧路は、現在市民の19人に1人が生活保護を受給している状況で、過去にまち基幹産業であった炭鉱の閉山、北洋漁業の不振など、こういった影響で景気が冷え込み、仕事につけずに生活保護に頼っているその他世帯の数が過去2年で3倍増した経緯があります。

大牟田市議会 2011-06-21 06月21日-04号

北海道釧路では、平成20年、全国初自治体版CSRである釧路版CSR釧路役所の社会環境等活動CSR推進指針を策定しています。平成21年には、釧路職員CSR通信も創刊されてあります。市職員が果たすべき社会的責任を再確認し市民に信頼される市役所を目的とし、公的活動ばかりではなく、私的活動においても信頼される市職員活動を促しています。 

福岡市議会 2011-06-17 平成23年第3回定例会(第1日)  資料 開催日:2011-06-17

──┼────────┨ ┃三角公仁隆      │災害支援ボランティア制度調査学校    │東京都千代田区,東 │平成23年5月30日┃ ┃           │と家庭の連携推進事業調査          │京都新宿区     │   ~5月31日┃ ┠───────────┼──────────────────────┼──────────┼────────┨ ┃阿部正剛,三原 修  │釧路自立支援

大牟田市議会 2010-09-24 09月24日-05号

大野哲也議員   │家・空き地バンク事│群馬県桐生市    │  20日の│    ││ 塚本岩夫議員   │業に関する調査研究│          │3日間  │    ││ 三宅智加子議員  │(視察)     │          │     │    │├──────────┼─────────┼──────────┼─────┼────┤│おおむた・市民党  │防災対策生活保護│北海道釧路

久留米市議会 2010-09-10 平成22年第3回定例会(第5日 9月10日)

釧路会派視察に行きました。釧路では、公園や動物園の清掃などのボランティア介護ヘルパー同行ボランティア介護・病院・障害者作業所へのボランティアを行うなどの取り組みで、社会的生活を営むためのステップアップの場となっています。そのことで、人とのかかわりやつながり、必要とされ、認められることによる自尊感情の回復へつながっていました。