91件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2019-03-11 平成31年条例予算特別委員会 本文 開催日:2019-03-11

316 △教育長 メリットは、始業式や終業式などの回数が減り、その時間を授業に充てることができることや、本来なら学期末に当たる12月中旬に修学旅行を実施するなど、学校行事を位置づける日程の幅が広がること、通知の作成などの事務処理の時間が減り、教師の負担軽減につながることである。

糸島市議会 2019-03-06 平成31年 予算特別委員会(第3日) 本文 2019-03-06

印刷につきましては、指導要録、通知とか、今おっしゃった学校のコピー代等の部分で、消耗品のほうには、おっしゃいました印刷に使います用紙代とか、授業の部分の簡易なものといいましょうか、そういった部分についてが消耗品費のほうに計上させていただいておるところでございます。  

宮若市議会 2018-12-13 平成30年第5回定例会(第3日) 本文 開催日:2018年12月13日

それと同時に、具体的に手は早く打とうというふうに考えましたので、課長、全ては言いませんでしたけど、例えば通知あるいは指導要録等を公務システムを使ってできるだけ早く、簡略化できて、仕事ができるように、あるいは出退勤方法、これを今までの判こつくという形からパソコンを使うということに、それから公金を口座振替にする、あるいは部活動休養日を拡大する、来年はもっとこれを少し拡大するつもりでおります。

福岡市議会 2018-06-15 平成30年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2018-06-15

小学5、6年生が学習する外国語科、英語は新しい教科であり、これまでの英会話に親しむ外国語活動とは本質的に違い、読む、書くが求められ、通知の対象になる教科です。外国語科での学力保障学級担任の研修、教材研究が大きく影響します。また、授業準備に多くの時間を要します。

古賀市議会 2017-12-11 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日) 本文

多くの現職教職員が自分が受けてきた英語教育とは大きく異なる方法で指導や評価を行うことが求められ、特に小学校5年生から教科になることで、検定教科書使用し、テストが行われ、通知に数値による成績をつけなければならないという負担が強いられます。そのことに対応できる教職員を養成するための研修が課題となるでしょうが、古賀市ではどのように対処されるのか。英語指導は可能なのか。

大野城市議会 2017-10-20 平成29年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2017-10-20

このことにより、終業式及び終了式と、それに伴う通知配付が年間3回から2回に変わります。ですから、そこから当然、2学期制のメリットが次の2点でしっかりと説明することができると思います。  一つは、成績評価・評定に係る業務の負担の軽減でございます。議員ご指摘の点でございます。

嘉麻市議会 2017-09-15 平成 29年 9月定例会(第3回)-09月15日−03号

また、通知指導要録はシステムを利用して作成するようにしています。  このように、部分的ではありますが、ICTを利用した公務の支援を行っているところです。  以上です。 ○議長(山倉敏明) 田中議員。 ◆6番(田中義幸) いろいろな問題点は、教員の過重労働、これについては教職員の方々の少し聞き取りしまして、やはり人的配置、これをぜひお願いしたいという声が多いんですよね。

行橋市議会 2016-12-12 平成28年12月 定例会(第4回)-12月12日−02号

また管理職からの意見といたしましては、このシステム導入の初年度でございまして、初期設定として行わなければならない事務の様々な児童等のデータ入力作業、あるいは新たなシステムのため、教員がまだ慣れていない等々から、今の段階では、明らかに業務負担が軽減されたということは、まだ言えないんだけれども、システムの操作に慣れれば、通知の作成、あるいは時間の短縮等につながるという状況を伺っております。  

春日市議会 2016-09-13 平成28年第3回定例会(第3日) 本文 2016-09-13

このことについては、せんだって一部新聞にも掲載されましたように、これまでのコミュニティ・スクールの取り組みを踏まえて、今年度から市内全小中学校通知に、児童生徒の市民性評価を導入することといたしました。2学期制の春日中学校は、もうその評価をいただいておりますし……。ああ、3学期制。それから2学期制は、もうすぐ子どもたちがもらうことになっております。  

田川市議会 2016-09-09 平成28年第4回定例会(第3日 9月 9日)

千葉県船橋市の方ですけども、脳性麻痺で手足が不自由な孫の通知についてつづった。小学校2年生のとき体育の評価に最高のAがついていた。跳び箱の時間、走ってはとまり、ジャンプして走ってはとまり、これを何度も繰り返し、諦めることなく練習をやり続けました。先生が書いておった。いつもどおりの実力でやればC判定の成績しかもらえなかった。自分の孫でありながら、本当にかわいそうだなと思っていたそうでございます。

福津市議会 2016-03-16 平成 28年 3月定例会(第1回)-03月16日−05号

教育長(金子孝信) かなり、学期制をもし変えるということになっても、いろいろ指導内容のいわゆる通知もそうでございますけど、いろんな指導計画を変えていかなきゃいけないと。そうすると、かなりそれに対しての準備が必要でございます。しかも、それを校務ソフトを使ってやっていくというようなことになると、それもまた結構、時間がかかることでございます。  

志免町議会 2016-03-07 平成28年第2回 3月定例会-03月07日−02号

通知は3回から2回に減りますけれども、前期、後期のそれぞれ5カ月間、長期的に児童・生徒の行動や変容を評価して家庭に連絡することができます。通知の回数が減ることについては、3者面談や家庭訪問及び学校学級通信等を工夫いたしまして、学校保護者家庭との情報の提供や共有に努めているところです。  以上です。 ○副議長(大西勇君) 丸山議員

行橋市議会 2015-12-07 平成27年12月 定例会(第17回)-12月07日−02号

そしてまたテストの結果や学習意欲態度等の評価を数値化して入力することで評定の自動算出をおこなうことができまして、そこでその情報を基に通知の作成などをおこないます。そこで集計作業等の手間も削減できると考えております。そして教員の業務負担の軽減を期待することで、その結果、教員児童生徒と向き合う時間の確保に寄与できるものと考えております。