1006件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

15款2項県補助金では、1目総務費県補助金の1節総務補助金及び5目農林水産費県補助金の1節農業補助金で、それぞれ説明欄記載の内容で合計856万6,000円の収入を見込み計上いたしております。  次のページの19款1項1目繰越金では、1節前年度繰越金で1,479万2,000円の収入を見込み計上いたしております。平成30年度決算の剰余金となります。  16ページをお願いいたします。  

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

15款2項県補助金では、5目農林水産費県補助金の1節農業補助金及び7目教育費県補助金の3節中学校補助金で、それぞれ説明欄記載の内容で343万7,000円の収入を見込み計上いたしております。  次のページの16款2項4目では、1節出資金売払収入で出資金の返還費といたしまして630万円を計上いたしております。

久留米市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第5日 6月17日)

ただ、農林水産については、今後の展望が不透明な状況であり、国際的にも大変厳しい局面を迎えておるところでございます。  そのような厳しい状況下においても、米・麦中心の土地利用農業においては、従事者の高齢化が進む中、何とか先祖代々の土地を守り、地域家族のために懸命に農作業に取り組まれているところもあります。  

古賀市議会 2019-06-17 2019-06-17 令和元年第2回定例会(第3日) 本文

農林水産食料や水、木材供給源であるほか保水、あるいは国土の保全など、私たちの生活の礎となる多面的な役割を持っている重要なものだと思っています。市長は、農業地域社会の根幹と考えている、生産性の向上、消費の拡大を図りたいと所信表明をされております。市内の農商工の活性化、地域との連携の強化などから、観光拠点可能性調査道の駅基本計画が検討されております。

大野城市議会 2019-06-03 令和元年第4回定例会(第1日) 提案理由説明 本文 2019-06-03

6款農林水産費は、2項2目林業振興費におきまして、国から譲与される森林環境譲与税について、森林環境譲与税基金への積立金を追加するものであります。  7款商工費は、1項2目商工業振興費におきまして、消費税率が引き上げに伴う低所得者及び子育て世帯への影響緩和を図るため、プレミアム付商品券の給付に係る事業費などを追加するものであります。  

糸島市議会 2019-06-03 令和元年 第2回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2019-06-03

げますと、2款.総務費では、行政改革推進費1,330万8,000円、運動公園等整備事業費1,849万6,000円、光回線整備事業費1億4,800万円、コミュニティ推進事業費1,430万円、3款.民生費では、特別会計関係費5,077万4,000円、子ども・子育て支援事業費726万9,000円、待機児童緊急対策事業費457万2,000円、4款.衛生費では、予防接種事業費2,590万5,000円、6款.農林水産

岡垣町議会 2019-05-08 令和 元年 5月臨時会(第2回)-05月08日−01号

国保制度は、もともと、農林水産と自営業を主な対象としたものでありました。それが現在では、非正規労働者を初めとした被用者と年金生活など無職の人が国保世帯主の78%を占めています。年金生活者や失業者、非正規労働者加入する国保は、適切な国庫負担なしには成り立たない医療保険となっています。  

宮若市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年03月20日

主な質疑といたしましては、6款農林水産費では、水田農業担い手機械導入支援事業補助金の減額はなぜかとの質疑に対し、平成30年度は3件が採択され、3件ともコンバインの購入であった。そのうち2件については入札を執行し、差額が生じたので減額をお願いしているが、残り1件については、1月に入札執行であったので補正は行っていないとの回答がございました。  

宗像市議会 2019-03-20 宗像市:平成31年第1回定例会(第6日) 本文 開催日:2019年03月20日

まず、主要農作物種子法廃止後の福岡県の対応ですが、福岡県農林水産・農山漁村振興条例平成26年12月25日制定、及び福岡県稲、麦類及び大豆の種子の安定供給に関する基本要綱平成30年4月1日制定に基づき、これまでどおり種子の生産及び供給を行いますとホームページ上にしっかりと明記しており、これまでの対応と何ら変更はありません。

岡垣町議会 2019-03-06 平成 31年 3月定例会(第1回)-03月06日−03号

農林水産を一例として挙げましたが、税はもちろん、福祉の分野、教育の分野でも法令に基づくものが個別計画としてあって、地方創生とは逆行する、町の将来像を持つなと言わんばかりの現況だと思われませんか。  そんな中に町長に夢の質問をする愚かさは、私自身十分自覚しているつもりです。だからこそなんです。  

福岡市議会 2019-03-05 平成31年条例予算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2019-03-05

基幹産業である農林水産予算が減少しているのは問題だと思うがどうか。 [答弁]  31年度予算が27年度予算と比べて減少している主な要因は、農林水産融資金の貸付額減少に伴う予算減額や特別会計繰出金の減少によるものであるが、それ以外の事業予算額についても微減の状況が続いていた。