3776件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

せっかく、直方を起点とする自転車道ができるのですから、まずは、市内の方々に喜んでいただき、それが市外の方々の関心を集め、一人でも多くの方に親しんでいく、そういったことを直方の観光資源につなげることを私の目的といたしまして、サイクリストの方々から情報を集めて、市役所の担当課とも意見交換を行ってまいりました。  市長がかわり前向きな取り組み姿勢をさらに感じられるようになったとも思っております。

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

特に、行政コストの適正化を図るためには職員の適正配置もしっかりと実施していくこととあわせまして、サービスの向上を図るために、また経費の削減を図るために、今までも進めてまいりましたが、外部資源の活用としてさまざま可能性を調査して、効果的な分野があれば取り組んでいきたいと考えております。  

宗像市議会 2019-09-05 宗像市:令和元年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月05日

ほかの民間会社、テノやシダックスによる学童保育所運営でも、地域と連携した活動を実施してはいますが、吉武小学校学童保育所は、地域団体と連携した活動、地域資源を活用した行事をより多く取り入れていることが特徴です。  次に、(3)シダックスの現状、1)主任指導員の配置がなかった学童保育所についてお答えします。  

宗像市議会 2019-09-02 宗像市:令和元年第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月02日

このような状況の中で、財政見通しを的確に把握しながら、限りある経営資源有効に活用し効率的な行政の執行確保に尽力するとともに、市民福祉の増進と地方自治の本旨の実現に努められることを切に望むものであります。  次に、平成30年度宗像市下水道事業会計決算でございます。  

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

ほどあったようないろんな使い道、これは、一定、定額で普通の固定資産税とか、そういうもののように入ってくるわけでもございませんので、経常的にずっと使っていくという話の制度の中では、一定程度の限界があるのかなという思いはございますので、そういったことを勘案しながら、使い道については考えていくということとあわせて、できるだけ、これまでの議会でもふるさと納税を喚起するために、やはり地域産業、物産、あるいはいろんな資源

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

花を求めてのイベントや観光地に訪れるニーズは非常に高いということを鑑みましても、あじさい祭りは貴重な観光資源であるというふうに認識をしておるところでございます。以上です。 ○15番(渡辺克也)  ただいま部長の答弁がありましたように、このあじさい祭り、今では貴重な観光資源になっていると私も思います。もう一つ直方市には花のイベントがあります。チューリップ祭りがありますね。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

そして、本市が持つ文化や芸術といった資源を生かしたまちづくりにも努め、ソフト面でも文化・芸術の振興を通じてまちの魅力づくりを進めてまいります。  また、近年の自然災害の多さを考えるとき、やはり安全安心まちづくりは最重要の課題です。ハード面の対策はもちろん、ソフト面でも地域コミュニティーの再構築などを図り、子供からお年寄りまで安全安心で豊かさを実感できるまちづくりに努めてまいります。  

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

そのような中、我が国におきましては、今回の関係閣僚会合の開催に先がけ、海岸漂着物対策を総合的かつ効果的に推進するための基本的な方針、これを変更することについて閣議決定を行うとともに、プラスチック資源循環戦略及び海洋プラスチックごみ対策アクションプランの策定を行ったところでございます。

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

そのほか、地域住民対象の講演会の開催、医療介護資源ガイドブックの作成に向けた情報収集などを行っております。今後とも引き続き、医療介護の連携の推進に取り組んでまいります。  次に、介護予防ボランティアポイント制度施設利用券の未利用分についてどう捉えているのかとのお尋ねにお答えいたします。  

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 2019-06-24

さきに触れましたが、教育分野における春日市の成功事例であり、全国の先進事例となっているコミュニティ・スクールの導入について考えてみましても、時代背景を捉え、教育効果を最大限に上げるために、学校家庭地域資源を活用しながら、また、さらに地域の商工業者の方々とも連携しながら、ともに育てる「共育」を推進する仕組みづくりをしたという経緯があったと思います。  

古賀市議会 2019-06-19 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第5日) 本文

このような中、本市の強みや地域特性、有用な資源を最大限に生かし、未来へつなぐとともに、必要な市民サービスを安定的に供給する持続可能な都市となるためには、中長期的な視点と時代の変化に的確に対応できる短期的な視点、この両方を持ち合わせた計画の策定が必要と考えており、めざす都市イメージとその実現のための政策をまとめ、持続可能なまちづくりの指針となる新たな総合計画を策定することとしております。  

古賀市議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

道の駅基本計画の暫定案では、ものづくりのまち、食のまちとしての魅力、資源をフル活用することを道の駅のテーマに掲げており、市独自の強みを生かした大きなセールスポイントであると認識をしております。  5点目についてお答えします。道の駅の運営につきましては、指定管理により行うことを想定しております。

久留米市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第5日 6月17日)

森林経営管理制度を運用していくに当たっては、森林環境譲与税を最大限活用し森林整備を行い、公益的機能が発揮できるよう努めるとともに、林業の成長産業化と森林資源の適切な管理の両立を図ってまいりたいと考えております。  続きまして、項目3のごみ出しに関する御質問がございました。  質問のポイントとしましては、共助と公助の役割分担に関してでございます。

糸島市議会 2019-06-17 令和元年 第2回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2019-06-17

385 ◯企画部長(馬場 貢君)  先日、笹栗議員質問でも答弁をいたしましたが、糸島サイエンス・ヴィレッジ構想につきましては、九州大学の知的資源を実用化、事業化につなげる機能に加えまして、地域住民と研究者やその家族、学生等が自由に交流し、永続的に発展するまちをつくっていきたいというような考え方を持っております。  

福岡市議会 2019-06-17 令和元年第3回定例会(第3日)  本文 開催日:2019-06-17

買い物支援の検討に当たりましては、こうした新しい技術の活用を初めといたしまして、地域の支え合いの力や民間活力など、さまざまな地域資源を最大限に生かしながら、地域の特性やニーズに応じて多様な買い物支援が行われるよう、持続可能な仕組みづくりに取り組んでまいります。以上でございます。