554件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野城市議会 2019-12-10 令和元年予算委員会 付託案件審査 本文 2019-12-10

初めに、歳出予算に関する説明書の14ページ、15ページで、2款総務費は、1項4目財政管理費の13節委託料において、会計年度任用職員制度の導入に伴い、歳出予算に係る節の区分が変更になることから、財務会計システムの改修費用を追加するものです。具体的には7節賃金を廃止し、以下の節を繰り上げるものです。

宮若市議会 2019-12-10 令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月10日

2点目の上下水道の課の統合は考えているかということでございますが、上下水道の課の統合につきましては、他市町村の事例等を勘案し、組織体制や職員身分の取り扱い、財務規程等の全てに地方公営企業法を適用することが適当であると判断したときが一つのタイミングであると考えております。  

大野城市議会 2019-12-02 令和元年第6回定例会(第1日) 提案理由説明 本文 2019-12-02

まず、2款総務費は、1項4目財政管理費におきまして、13節委託料では、会計年度任用職員制度の導入に伴い、財務会計システムの改修費用を追加するものであります。  25節積立金では、ふるさと納税の寄附金が当初の見込みを上回ることから、ふるさと応援基金への積立金を追加するものであります。  7目企画費では、ふるさと納税の返礼品の発送等に係る事業費を追加するものであります。  

宮若市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年12月02日

これらの議案につきましては、簡易水道事業及び下水道事業の会計方式を、地方公営企業法財務規定等を適用した公営企業会計に移行することに伴い、関係条例を整備するものであります。  詳細につきましては、水道課長及び下水道課長が説明をいたしますので、よろしく御審議の上、御決定をいただくようお願い申し上げます。  以上です。

田川市議会 2019-10-04 令和元年第4回定例会(第5日10月 4日)

次に、財務書類についてです。  平成30年度決算における本市全体の資産は約1,178億円となっており、負債は約406億円、純資産は約772億円となっております。  資産の中で大きな割合を占めるのが、市営住宅学校等の事業用資産、次いで道路公園などのインフラ資産であり、これらは、総資産の約7割を占めております。  

田川市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4日 9月20日)

次に、モニタリングの内容としては、特に財務状況、資金管理状況などを中心に確認し、その結果により、運営事業者の業務が適正かつ確実に実施されているか、また、サービスの向上が図られているかなどについて、市と評価委員会で評価を行う。また、洗い出された課題に対しては、市と運営事業者で、業務改善に向けた協議を行っていく。

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-09-19

点字図書や音声読み上げに対応した電子書籍の普及を国や自治体の責務とし、国には基本計画の作成と財務措置を義務づけ、自治体にも計画作成の努力義務を課しております。  ここで項目2、読書バリアフリー法の成立に伴い、点字、音声読み上げ書籍普及のさらなる拡充が必要と考えますが、市の見解は。お尋ねいたします。 4: ◯議長(高原 良視君) 教育部長。

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

市民部長大谷和彦)  議員おっしゃるように、差額を補助金として支払うとすれば、それぞれの自治体財務規則火葬場使用料の金額、取り扱い方法も異なりますので、さまざまな制約が発生すると思われます。  また、霊柩車の使用料につきましても、葬儀社によって取り扱いが異なる場合がありますので検討が必要かと思っております。  

大野城市議会 2019-09-11 令和元年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2019-09-11

平成30年度は、市民満足度の視点から診断する実施計画の初期診断を12事業、財務の視点から診断する経常事業のフルコスト計算書診断を、個別診断21事業、それらをグループに分けて診断するグループ診断を1グループ、業務のプロセスの観点から診断する補助金サービスチェック4事業、指定管理者サービスチェックは公民館、集会所、老人憩の家、高齢者いきがい創造センター、総合公園など63施設を行いました。  

筑紫野市議会 2019-08-30 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 2019-08-30

また、平成30年度における経営成績並びに同年度末日現在の財務状況は、適正に表示されていることが認められました。  2ページをお開き願います。  第5の決算の概要につきましては、水道事業会計が3ページから26ページにかけまして、下水道事業会計は27ページから49ページにかけまして、所要の計数を整理・記載しておりますので、御参照いただきたいと存じます。  次に、14ページをお開き願います。  

田川市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第3日 6月28日)

そのうち、重要事項といたしまして提言されたのが、運営開始までに財務責任者を登用すること、運営開始までに運営資金として3千万円を確保することでございます。  同委員会の提言が運営権設定にどのように反映されたのかという御質問でございますが、これは給与の見直し、労働形態の見直し、借り入れ資本の長期返済等について事業計画を見直し、本委員会から一定の評価をいただいているところでございます。

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

同年6月議会では、デザインステーションに運営権を設定する議案に対して、設立して1年も経過してないこの新会社財務計画によると、金融機関等から約8千万円の借り入れや、リースを行って事業を展開するには体力的に万全なのか疑問が多く、将来性についても疑問が多いということで、反対をしてきました。まさに今、私どもの反対理由で述べた指摘が現実のものとなっております。  

遠賀町議会 2019-06-05 令和 元年第 4回定例会-06月05日-01号

同じく、次の3番目の財務活動によるキャッシュ・フローにつきましては、収入と致しまして、長期借入金が4,579万866円ございますので、財務活動によるキャッシュ・フローは、同額を計上しております。  次に、4番目の現金及び現金同等物増減額は、事業活動から投資活動及び財務活動のキャッシュ・フローの差し引き、1万9,680円でございます。  

古賀市議会 2019-05-16 2019-05-16 令和元年第1回臨時会(第1日) 本文

監査委員の責務の大きさ、その責任の重大さを十分に認識して、監査機能を通じ市が行う事業、財務の信頼性をより一層高めることができたらと思います。皆様の御指導、御鞭撻をいただきながら、職務の遂行に努めてまいりますので、よろしくお願い申し上げます。  簡単ではございますが、就任に当たっての挨拶とさせていただきます。            

古賀市議会 2019-03-20 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日) 本文

制度の導入の基本は、業務の効率的かつ効果的な遂行、財務報告等の信頼性の確保及び適切な開示、法令等の遵守、資産の保全の4つの目的が達成されないリスクを抑えることを確保するためと示されております。制度の整備は、本市においては努力義務となっておりますが、現在の事務執行における実情を踏まえ、調査、研究してまいりたいと考えております。  

直方市議会 2019-03-13 平成31年 3月定例会 (第8日 3月13日)

条例については、農業集落排水事業の起債償還を円滑に行うことを目的として、平成8年3月に制定されましたが、平成17年度に80万円を取り崩して以降は、毎年運用益の積み立てのみが行われ、現時点での基金残高は111万3,376円であるものの、今後、基金の原資となる積立金の歳入の見込みはなく、平成31年4月1日には、農業集落排水事業特別会計が、公営企業会計である直方市下水道事業会計へ移行することに伴い、財務処理