462件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-06-04 川崎町議会 令和元年度第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年06月04日 平成30年度川崎町一般会計補正予算のうち、補正予算(第7号)第3条で計上していました繰越明許費のうち、3本の町道整備事業、小学校・幼稚園エアコン整備事業、統合中学校校歌作曲委託事業、藤江氏魚楽園災害復旧事業費補助金、昨年度豪雨災害に係る災害復旧事業を翌年度に繰り越しましたので、地方自治法施行令第146条第2項の規定により報告するものでございます。   もっと読む
2019-03-20 古賀市議会 2019-03-20 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 さらに、この日本には熊本地震や北海道の地震、北部九州を襲った豪雨災害など、たくさんの大きな災害が続いています。今、その被災者の皆さんたちに対して、暮らしを取り戻そう、生活を取り戻そうと努力を続けていただいていますが、なかなか進んでいません。  日本共産党は、国に対して被災者の切実な願いに応え、寄り添いながら復興への支援を続けること、住民の思いに沿った支援を強めることを求めています。 もっと読む
2019-03-14 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号 、環境保全、災害対 ││             │  策、ライフラインについて             │├─────────────┼───────────────────────────┤│             │○ 交通政策について                 ││   建設建築委員会   │○ 空き家対策について                ││             │○ 豪雨災害対策 もっと読む
2019-03-13 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第3日) 名簿 2019-03-13 無線機を置いておき、時々通話訓 │ │         │            │   練を実施して使い方に精通しておくことが必要 │ │         │            │   だと考えるが、いかがか           │ ├─────────┼────────────┼─────────────────────────┤ │ 田 中 健 一 │1.大野城の未来づくりに │(1) 豪雨災害 もっと読む
2019-03-13 大野城市議会 平成31年第2回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-03-13 しかしながら、大野城市にも少子高齢社会の波が押し寄せており、豪雨災害や地震対策による安全・安心のまちづくり、西鉄天神大牟田線高架事業に伴うまちづくり、さらには専門的知見を有する九州大学との連携など、多くの大きな喫緊の、待ったなしの課題があります。  しかし、この大きな課題は大きなチャンスでもあります。 もっと読む
2019-03-12 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月12日−03号 3番項ですけれども、先ほど申し上げました河川の体積土砂についてですね、やはり昨年の豪雨災害によって今川もこの体積土砂がだいぶ流れ込んでいると思います。 もっと読む
2019-03-11 行橋市議会 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号 そういう中で、下にある牡丹園、また南西にある住居、家屋、あの方たちは、今は菜種梅雨ということで大量の雨は降りませんけども、6月、7月、2年連続、福岡県は豪雨災害が起きていますし、そういう雨が降ったときに、本当に行橋市民の生命と財産を守れるんだろうか、私はそう感じました。  考えてみれば、総務課に危機管理室がございます。 もっと読む
2019-03-08 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号 高齢化や人口減少、また、昨今の豪雨災害など、将来のまちづくりのあり方を考える上で重要な検討と思いますが、資産価値への影響も懸念される中、住民に不安が広がるおそれもあり、コミュニティー維持のために必要と判断されたとはいえ、対象世帯数の多さも気になるところです。  そこで、以下数点お伺いをいたします。   もっと読む
2019-03-06 北九州市議会 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月06日−03号 また、昨年7月豪雨災害では、市内各所で甚大な被害が発生する中、九州縦貫自動車道と北九州都市高速が土砂崩れにより同時に通行どめとなったため、門司区を中心に九州と本州を結ぶ交通が大混乱に陥りました。関門間の安定した道路交通の確保は、平常時のみならず、不測の事態においても市民生活を守る上で極めて重要であります。 もっと読む
2019-03-01 遠賀町議会 平成31年第 2回定例会−03月01日-01号 また、第3表においては、国の補正予算による山手線道路切替事業に伴う公共事業等債の追加及び老良・上別府線2工区整備事業、山手線道路切替事業、橋梁長寿命化事業、都市再生整備計画事業に伴う公共事業等債、Jアラート受信機更新事業、消防車両整備事業に伴う緊急防災・減災事業債、小中学校ブロック塀改修事業に伴う学校教育施設等整備事業債並びに平成30年7月豪雨災害復旧事業に伴う災害復旧事業債の起債限度額を変更致しております もっと読む
2019-02-28 古賀市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第1日) 本文 歴史的な豪雨災害となった7月の西日本豪雨を初め、9月には台風21号や北海道地震が発生をし、多くのとうとい人命が失われました。お亡くなりになられた方々に哀悼の意を表し、被災された全ての皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  私も被災地支援ボランティアに参加をしてまいりましたが、近年頻発する大規模災害の恐ろしさを肌で感じるとともに、災害時における地域防災の重要性を改めて強く認識をいたしました。   もっと読む
2019-02-26 宗像市議会 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日 また、近年発生している豪雨災害により、福岡県において釣川水系の浸水想定が見直され、最大の想定ではありますが、24時間雨量で993ミリメートルの大雨により、川沿いの地域において10.2平方キロメートルが浸水する想定になっています。   もっと読む
2019-01-23 古賀市議会 2019-01-23 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 このほかにも豪雨災害、台風災害が頻発しております。自力での避難が難しく、支援を要する災害弱者になりやすい方が高齢化でふえております。このような面でも、災害に備える日ごろの準備の大切さを再認識した年明けになりました。  市長は、所信表明で人口減少を現状認識の基礎としていかなければならないと述べておられます。 もっと読む
2018-12-21 行橋市議会 平成30年12月 定例会(第12回)-12月21日−05号 また、平成筑豊鉄道における豪雨災害復旧工事負担金として、1790万9千円、長井浜公園整備事業における公園内の電気設備工事費として、1728万円が、それぞれ増額補正されております。併せて、長井浜公園整備事業において、用地購入、物件補償、その他の工事が年度内に困難なため翌年度へ繰り越す、との説明を受けております。 もっと読む
2018-12-19 福岡市議会 平成30年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2018-12-19 さて、本年を振り返りますと、7月の西日本を中心とする豪雨災害を初め、9月の台風21号や北海道胆振東部地震など全国各地で甚大な被害が発生し、多くの方々が犠牲になられるなど、自然災害の脅威を痛感させられる1年でありました。改めてお亡くなりになられました方々に哀悼の意を表しますとともに、御遺族と被災された方々に心よりお見舞いを申し上げます。   もっと読む
2018-12-18 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2018-12-18 今回の地がけ事業では、豪雨災害が激甚災害に指定された後、がけの高さが5メートル以上、危険家屋が2軒以上で対策工事が行われるため、今まで県の事業では要件を満たさない箇所でも、土地所有者及び危険家屋所有者の同意があれば対策工事が行われるようになります。   もっと読む
2018-12-18 嘉麻市議会 平成 30年12月定例会(第4回)-12月18日−06号 先日の日曜日、豪雨災害を見舞われた朝倉へ、嘉麻市女性ネットワークの方たちと、現地視察と研修に参加させていただきました。災害に強いまちづくりには、男女共同参画の視点からの取り組みと、母子支援などには主要な担い手としての女性の果たす役割がいかに大事であるかを認識させられました。また、現職の女性議員の方たちが、その担い手として中心になって参画をしています。   もっと読む
2018-12-14 大野城市議会 平成30年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-12-14 その中でも、豪雨災害の起きやすい夏季においては、避難所での暑さ対策は重要な課題と捉えております。平成29年九州北部豪雨や、平成30年7月豪雨災害においても、被災自治体においてさまざまな対応がなされました。福岡県では、災害時に移動式スポットクーラーなど空調機器をスムーズに調達できるよう、空調設備業界団体との協定を締結しております。   もっと読む
2018-12-14 糸島市議会 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-12-14 この2018年を振り返りますと、一昨日、年末の風物詩となっていることしの漢字で、災害の「災」が選ばれたように、1月の記録的な寒波から始まり、7月から9月にかけては多数の犠牲者を出した西日本豪雨災害、熱中症患者が多数発生した連日の酷暑や、毎日のように発生した台風による被害が発生しました。   もっと読む
2018-12-13 大野城市議会 平成30年第4回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-12-13 夏、九州から中国、四国に及ぶ西日本豪雨災害、大阪と北海道での地震、台風、そして猛暑など、大変な被害でした。被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。  さて、7月の西日本豪雨災害においては、本市で初めての避難指示が発令されました。各コミュニティセンターや公民館など避難所には192世帯、372名の方が避難されたとのことです。 もっと読む