364件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

国からは、特殊詐欺などを防ぐため、必ず対面で販売するよう指針が示されております。この指針にのっとり、また利用者の利便性を図るため、なるべく多くの販売窓口が設けられるように委託事業者を検討しております。この委託料につきましては、1冊5,000円の商品券の販売ごとに59円の委託料を想定しております。以上です。 ○総合政策部長(大場 亨)  9款1項1目19節の派遣職員負担金でございます。

福岡市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-06-18

最近では高齢者による事故事件も多発しており、高齢者のブレーキペダルの踏み違いによる交通事故や振り込め詐欺事件など、社会問題となっております。さらに深刻なのは、こうした事件事故が本人のみならず、時にその家族や近隣の住民の方まで巻き込んでしまうということです。認知症を発症すると心理行動面に変化が起こり、時間や場所の感覚を失って道に迷ったり、不安から怒りやすくなったりします。

筑紫野市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-06-13

次に、項目5、高齢者を狙って多発している特殊詐欺への防止対策の取り組みについてです。  高齢者を狙った振り込み詐欺などの悪質な特殊詐欺の被害は大きな社会問題で、被害は全国的に増加傾向にあり、筑紫野市内においても深刻な状況にあると聞いています。特殊詐欺への防止対策はどのようなことを行っているのか、お尋ねいたします。  

筑紫野市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第2日) 名簿 2019-06-13

)地域包括ケアシステムの構築に向けた課題と対策はどのよう │ │     │     │  になっているのか                    │ │     │     │ (4)超高齢化社会に向けて 認知症支援訓練は市全体で取り組む │ │     │     │  課題ではないか                     │ │     │     │ (5)高齢者を狙って多発している特殊詐欺

筑紫野市議会 2019-06-07 令和元年第3回定例会(第1日) 本文 2019-06-07

また、高齢者を狙った悪質かつ巧妙な特殊詐欺が頻発しておりますので、消費生活相談や被害事例の啓発・教育等を通して、被害の予防に努めてまいります。  次に、健康づくりについては、健康寿命の延伸を目指し、第2次健康ちくしの21計画に基づく健康増進と介護予防、食育の推進に継続して取り組むほか、健康づくりポイント事業を新たに実施し、健康的な生活習慣づくりにも努めてまいります。  

春日市議会 2019-03-07 平成31年市民厚生委員会 本文 2019-03-07

特にこういうときに、今非常に問題になっている詐欺の問題です。こういった制度がありますとね、それにかこつけてですね、市職員ですという形で電話をかけたりとかしてですね、詐欺をたくらむ人がいないとも限りませんので、その辺にもね、十分配慮をしてあげてください。お願いします。 54: ◯委員長(米丸貴浩君) 渡邉課長

福岡市議会 2019-03-04 平成31年条例予算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2019-03-04

また、スマートフォンを落として勝手に使われたり、詐欺に遭うのではないかなどさまざまな不安を抱えている。キャッシュレスにより消費者が得する仕組みになっているのか。 [答弁]  国が検討しているキャッシュレス決済へのポイント還元については、中小の小売店、サービスを提供している業者を対象に、キャッシュレス決済により消費者に5%のポイントが還元されるという仕組みである。

春日市議会 2019-02-28 平成31年市民厚生委員会 本文 2019-02-28

ちょっと僕が、裁判とか詳しくないんであれなんですけど、詐欺ですよね、実態がないっていうことは。そしたら、変な話、これ民事ですけど、そういう、やっぱり人のお金を取るということは詐欺で、本来なら刑事事件になってもいい──そういう実態がないとかですね、はっきりわかればですね、そういうふうに思うんですけど……。 427: ◯委員長(米丸貴浩君) 久保山課長

田川市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4日12月20日)

二つ目に、従業者が権限があるかのように装って第三者施設使用許可を行い、不当に家賃を受け取り着服した行為については、刑法第246条の詐欺罪に該当すると判断をし、処罰を求めること。第3に、検証の結果、刑事不法行為に当たると考えられることに関しては、捜査機関には調査結果の資料提出等の協力を行うとの説明があっております。  

福岡市議会 2018-12-14 平成30年第5回定例会(第4日)  本文 開催日:2018-12-14

去る11月21日、生活保護費に関する詐欺の容疑で、福岡県警が本市早良区在住の男性を逮捕したとの報道がありました。逮捕された男性は、平成25年から28年まで4カ年にわたり、仕事による収入があったにもかかわらず、早良福祉事務所には収入がないと虚偽の申告書を提出し、37回にもわたり約490万円もの生活保護費をだまし取ったとされています。  

大野城市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-12-13

そのほかにも、自動車運転による逆走や事故、それから、徘徊による事故や、また行方不明、身元不明問題、にせ電話詐欺訪問販売での詐欺被害などがあります。  認知症の方を取り巻く問題は、その数の増加とともに多岐にわたってきております。行政医療機関介護事業所、地域との連携体制の強化が求められているところでございます。以上です。 97: ◯議長(白石重成) 3番、河村議員

春日市議会 2018-12-06 平成30年総務文教委員会 本文 2018-12-06

47: ◯経営企画課長(金堂円一郎君) ふるさと納税を悪用した詐欺まがいの行為についてです。県からの通知があって、県内12団体にそういったサイトがあるというふうな情報でございます。  分析としたら、複数のポータルサイトを持ってらっしゃる団体にその傾向が見れるのかなと分析しております。本市の状況は「さとふる」さん1社ですので、現時点で担当に確認しますと、そういったものはございません。

久留米市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第1日12月 3日)

そのほか、商店街やニーズの変化に対応したタウンモビリティ運営事業の取り組みの検討、中小零細企業の事業承継に対するしっかりした支援の実施、久留米の伝統的な祭りに対するさらなる支援の実施、高齢者に対する架空請求詐欺などの被害防止に向けた啓発のさらなる推進、事業者などと連携し移動販売が継続して実施できるような支援の検討、地域おこし協力隊が活動しやすいような地域と連携した支援の検討などについて、それぞれ要望

大野城市議会 2018-09-20 平成30年第3回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2018-09-20

今回のこの大会は、第1部で春日警察署田中刑事課長のにせ電話詐欺の現状に関するお話や、市職員による寸劇、第2部では福岡刑務所篤志面接委員である権藤氏の「再犯者を一人でも減らすために」という講演があり、非行犯罪のない安心して生活できる安全地域社会の実現について考えることができました。このような大会を通じ、更生保護防犯協力して、より幅広い活動が広がることを願っています。  

大野城市議会 2018-09-18 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-18

89: ◯委員(松下真一) 最近また増え出してきていますけれども、架空請求詐欺債権回収のはがきとか、還付詐欺というのが増えてきています。こういうものが消費生活相談のところに持ち込まれるのかどうか。持ち込んでいいのかどうかというのさえわかっていない市民がいらっしゃるんじゃないかと思うんですけれども、こういう詐欺の被害というのは把握されているんでしょうか。