4611件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

○商工観光課長(長田正志)  7款1項3目19節の商店リフォーム補助金についてでございます。議員御案内のとおり、平成30年度の補助交付実績は1件でございまして、既存飲食店の店舗改装に充てられたものでございます。30年度当初予算では、7件分の交付を見込んでいたところでございますが、交付決定に至らなかった1件を含め、申請自体が2件という状況でございました。  

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

せっかく、直方を起点とする自転車道ができるのですから、まずは、市内の方々に喜んでいただき、それが市外の方々の関心を集め、一人でも多くの方に親しんでいく、そういったことを直方の観光資源につなげることを私の目的といたしまして、サイクリストの方々から情報を集めて、市役所の担当課とも意見交換を行ってまいりました。  市長がかわり前向きな取り組み姿勢をさらに感じられるようになったとも思っております。

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

それは一つは観光であったり、いろんな視点からのソフト面もあろうかと思いますし、その前提となるハード整備もしっかりとやらないといけない。  そして、また私が常々申し上げております域内をこれから成長させるためには、やはり成長する産業といったものもしっかりとやっぱり呼び込んでいく。

宗像市議会 2019-09-05 宗像市:令和元年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月05日

さきの6月議会では、稼ぐ自治体を実現するための方策について、観光分野における世界遺産を活用した方策について質問をいたしました。本議会では、宗像市の特性を生かす取り組みとして、環境分野での取り組みから地方活性化(水産振興及び観光)へとつながる取り組みについて質問をいたします。  1、環境分野における本市の取り組みについて。  

川崎町議会 2019-07-22 令和元年度第4回定例会(第1日) 名簿 開催日:2019年07月22日

────────────────────────               説明のため出席した者の職氏名  川崎町長 ………………… 原口 正弘君 副町長 …………………… 宮田  等君  教育長 …………………… 讃井 明夫君 総務課長 ………………… 中村 和貴君  財政課長 ………………… 手嶋 康文君 企画情報課長 …………… 奥  修一君  防災管財課長 …………… 渡邉 文雄君 商工観光課長

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

○商工観光課長(長田正志)  今回の提案につきましては、私どもといたしましては、竜王峡運営協議会に対しまして、消費税引き上げに伴い、施設使用料を改正するということは担当者を通じてお伝えさせていただいたという認識でございましたけども、協議会側からすると、それは既に決定事項として伝えられたものであって改正に至る協議の場もなかったという認識であったというふうに理解をしております。

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

情報が伝わるんだろうと思ってますけれども、これに限らず、いろんな方たちにその利活用して知っていただくという意味でのPR手段を、もう少しやっぱり真摯に考えないと、せっかくできた自転車道が生かされないというか、直方市の活性化につながらないという思いもございますので、そういった視点からもPRというのはやっぱりしっかりやっていかないといけないということと、自転車を活用して市域内を安全に、何ていいますか、観光

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

次に、質問題目2、観光振興に向けた施策の推進についてお尋ねいたします。  最新の福岡県観光入り込み客数調査によると、太宰府市の観光客数は年々増加傾向にあり、平成29年度では1,000万人を超えました。さらに、新元号、令和のゆかりの地として注目度が増し、今後とも増加の一途をたどるものと思われます。  

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 名簿 2019-07-01

                           │ │  │      │ (1)導入済みの自治体が増えているが、今後の取り組みについてどの │ │  │      │  ように考えているのか                    │ │  │      │ (2)利用者の利便性向上、窓口業務の軽減やマイナンバーカードの取 │ │  │      │  得促進にもつながることから検討してはどうか         │ │  │      │2.観光振興

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

花を求めてのイベントや観光地に訪れるニーズは非常に高いということを鑑みましても、あじさい祭りは貴重な観光資源であるというふうに認識をしておるところでございます。以上です。 ○15番(渡辺克也)  ただいま部長の答弁がありましたように、このあじさい祭り、今では貴重な観光資源になっていると私も思います。もう一つ直方市には花のイベントがあります。チューリップ祭りがありますね。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

3目商業観光費では、11節需用費で福智山ろく花公園の機械設備の修繕費といたしまして97万7,000円を計上いたしております。  28ページをお願いいたします。  8款2項6目道路新設改良費では、1億3,400万円を計上いたしておりますが、13節委託料の6,730万円は、4路線の設計委託費として4,980万円を、1路線の用地測量委託費として1,750万円を計上いたしております。

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

本事業は、これまで利用が余りなかった旅行者等の滞在拠点の整備、近隣の伊田商店街及び市街地等駅周辺地域の活性化、公共交通維持の観点から、利用者の利便性を高めることで、JRや平成筑豊鉄道の利用者の増加、また、本事業を通して田川地域存在する観光資源を生かす上で不可欠な公共交通機関と連絡する宿泊施設やにぎわい拠点を整備することを目的としております。以上です。  

久留米市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第6日 6月24日)

 樹 君  会計管理者            井 上 益 規 君  市民文化部長(兼)久留米シティプラザ統括部長                   宮 原 義 治 君  健康福祉部長           窪 田 俊 哉 君  子ども未来部長          大久保   隆 君  環境部長             甲斐田 忠 之 君  農政部長             山 口 文 刀 君  商工観光労働部

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日) 名簿 開催日:2019-06-24

水道事業管理者      清 森 俊 彦       交通事業管理者      重 光 知 明   総 務 企 画 局 長  小野田 勝 則       財  政  局  長   松 本 典 久   市  民  局  長   下 川 祥 二       こども未来局長      高 田 浩 輝   保 健 福 祉 局 長  舟 越 伸 一       環  境  局  長   坂 本 秀 和   経済観光文化局長

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日)  資料 開催日:2019-06-24

────────────────┨ ┃        │1.一般財団法人福岡市水産加工公社                         ┃ ┃        │2.公益財団法人九州先端科学技術研究所                       ┃ ┃        │3.公益財団法人福岡市中小企業従業員福祉協会                    ┃ ┃        │4.公益財団法人福岡観光

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-06-24

国連世界観光機関決議された世界観光倫理憲章の第7条には、観光する権利として、青少年、学生による観光は奨励され、円滑化が図られるべきであると定められています。本市のやり方はこの憲章精神に真っ向から背くものです。  第3の問題点は、宿泊事業者、とりわけ小規模企業者に重い負担を課すことです。  

宗像市議会 2019-06-21 宗像市:令和元年第2回定例会(第6日) 議事日程 開催日:2019年06月21日

海岸部から山間部まで、およそ2,700mの標高差があ り、手取川がつくり上げた広大な扇状地を含む市域は風土も多様で、かつ積雪が多く、地域ごとに独特の 伝統文化や生活様式が色濃く残され、白山ユネスコエコパーク(1980年登録)や白山手取川ジオパー ク(2011年日本ジオパーク認定)などの取り組みによりエコツーリズム等の観光スポットともなって いる。