9件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

川崎町議会 2017-12-13 平成29年度第6回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年12月13日

覚せい取締違反や窃盗などは特に再犯率が高くなっています。  そういった犯罪状況からも、安全で安心な地域社会を築くためには再犯を防いでいくこと、犯罪や非行をした人を地域の中で適切に処遇し、再犯を防ぎ、立ち直りを助けていくことが大変重要な課題になっていると言えます。  

糸島市議会 2016-06-01 平成28年 第2回糸島市議会定例会(第1日) 本文 2016-06-01

去る5月23日に糸島市議会議員であります田中菊雄議員覚せい取締違反の疑いで逮捕されたことは、市民皆様糸島市議会に対する信頼を著しく損なうものであり、市民皆様には深くおわびを申し上げます。  市民の負託を受けた市議会議員逮捕されたことは、まことに遺憾であり、不名誉なことであります。  

春日市議会 2014-06-23 平成26年第2回定例会(第5日) 本文 2014-06-23

市立小学校元校長の覚せい取締違反容疑による逮捕は、覚醒剤などの薬物の魔の手が、私たちの身近な社会にも浸透していることを思い知らせた衝撃的な事件でありました。このような事件を二度と繰り返さないためには、薬物乱用は絶対にしない、させない、許さないという強い意志を示さなくてはなりません。  

春日市議会 2012-06-18 平成24年第2回定例会(第3日) 本文 2012-06-18

先ほど触れた福岡市内脱法ハーブ店摘発につきましてもですね、摘発の要件が覚せい取締違反ではなくて、あくまでも薬事法の広告の制限に関する違反での検挙となっておりますということも、県並びに警察組織もこの問題の対応に苦慮しているということが推測されるものであります。直接の担当所管ですら手探りのこの状態であります。

福岡市議会 2011-12-15 平成23年第5回定例会(第3日)  本文 開催日:2011-12-15

去年は小学生が神戸市、尼崎市で覚せい取締違反で補導され、ことしは北海道で女子小学生大麻で補導されるという事件が起こりました。相手と顔を合わせることがない携帯電話の密売では女子高校生がその対象となっており、罪悪感が希薄になっています。また、合成麻薬MDMA大麻などをインターネットにより不正販売し、小中高生が不正に手に入れられる安い価格になっていると思われます。  

福岡市議会 2010-03-09 平成22年第1回定例会(第7日)  本文 開催日:2010-03-09

警察白書によると、暴力団構成員等主要犯罪種別検挙人員の第1位は覚せい取締違反であり、時代の変遷とともに暴力団資金源獲得手段が複雑化してきていること、こういう状況にあっても、海外からの密輸など覚せい剤取引が依然として主要な資金源となっていることがわかります。私も防犯活動を行っている際に、十数人の暴力団親交者から取り囲まれ、射殺するぞと恫喝を受け、命の危険を感じたことがあります。

福岡市議会 2009-09-15 平成21年第4回定例会(第4日)  本文 開催日:2009-09-15

次に、覚せい取締違反による検挙補導者数ですが、平成16年が670人、17年は759人、18年は588人、19年は609人、20年は558人となっており、やや減少傾向にあります。また、大麻取締法違反による検挙補導者数ですが、平成16年が64人、17年は62人、18年は100人、19年は106人、20年は128人となっており、急激に増加しております。

  • 1