1384件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

福岡市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第7日)  本文 開催日:2020-03-25

西日本野球審判協会だったり、博多区ソフトボール協会、そのほかにも幾つもの団体。こんなのもあります、全国官公庁何とかと、あとは書いてありませんので。ほかの団体も取る。これも悪いとは思っていません。しかし、何で大半を優先利用で取るのか。優先利用で取るならば、せめて月2回にしてよと。第1、第3、第5もあるかもしれませんが、全部取られるではないですか。雨の日は当然載っておりません。

福岡市議会 2020-03-18 令和2年条例予算特別委員会経済振興分科会 質疑・意見 開催日:2020-03-18

29年度は従来の規模に戻ったが、30年度は西日本集中豪雨等による大きな被害を受けたこと、また日本全体として大型の台風で主要産地である北海道等が被害を受けたこと、このような災害により収穫が落ちたということが原因にある。主要産地から近い東京、大阪に出荷が偏り、福岡はその影響で取扱量が落ちた。

筑紫野市議会 2020-03-18 令和2年第1回定例会(第4日) 本文 2020-03-18

平成31年1月から令和元年12月までの1年間分の西日本新聞のふくおか都市圏欄に、イベント、人物の紹介、特産物等の紹介、そして、市政のことなどで都市名が幾つ載っているかを調べてみました。  その結果は、政令市を除いて、太宰府市が85件、糸島市が61件、3番目が本市、筑紫野市の24件でありました。そのほかに、福津市、朝倉市、那珂川市、宗像市、筑前町、大野城市が10件以上ございました。  

田川市議会 2020-03-09 令和 2年第1回定例会(第4日 3月 9日)

それから次に、合併自治体、特例切れ財政危機大分・杵築は再生団体回避へ緊急対策、これは2019年12月7日の西日本新聞です。  大分県杵築市は、6日、市の財政が著しく悪化しており、財政の支出が続くと2023年度に国の財政再生団体に転落するおそれがあることを明らかにしました。合併に伴う地方交付税の優遇措置、合併債算定がえの縮減による歳入の減少と歳出の増加が主な原因。

遠賀町議会 2020-03-05 令和 2年第 2回定例会−03月05日-03号

福祉課長(岩本武志) その部分につきましては、先日3月2日付西日本新聞等でも災害弱者把握の地域差というところで出ておりまして、そこら辺もちょっと参考にさせてもらいますが、やはりいろいろな課題も多く、一つずつ、そしてまた一人ずつの支援者も必要でございます。そこら辺も踏まえまして、それなりの数字ではないかなというところを考えておるところでございます。 ○議長(仲野新三郎) 萩本議員

宗像市議会 2020-03-03 宗像市:令和2年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2020年03月03日

西日本新聞です。こうしたことを報道されるような指導、まずいでしょう。適時指導してきたなんて言えないでしょう。適切ではなかったと認識するべきではないですか。  ここをしっかり認めて、これまでの対応に問題があったと担当課、市職員が認識して、これまで何度も何度も切実な声を上げてきた保護者や元保育士の皆さん、体罰によって一生の傷を負った子どもたち、一生忘れないと口にする子どももいるそうです。

筑紫野市議会 2020-02-27 令和2年第1回定例会(第2日) 本文 2020-02-27

平成30年7月、西日本豪雨により死者200名以上の災害が発生しています。  国外では、平成3年湾岸戦争勃発、平成13年1月には共和党のジョージ・ブッシュ・ジュニアが第43代アメリカ大統領に就任、折しも日本でも小泉政権が誕生し、日米関係安定の時代に入りました。そして、9月11日、アメリカ同時多発テロ事件が起こり、死者2,996人、負傷者6,000人以上を数えました。

宗像市議会 2020-02-25 宗像市:令和2年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2020年02月25日

災害においては、一昨年の西日本豪雨に続き、昨年の台風19号など大規模広域豪雨が日本列島を襲い、河川の氾濫による浸水害土砂災害が多数の地域で発生しました。近年では、毎年のように激甚災害に指定されるような災害が続き、今後もこうした異常気象による自然災害が発生する可能性が高いと考えられています。

春日市議会 2020-02-14 令和2年市民厚生委員会 本文 2020-02-14

183: ◯健康スポーツ課長(貴島宏一君) それでは、西日本鉄道株式会社と本市との間で進めております土地交換事業の進捗状況について御説明いたします。  本市所有の春日運動広場の分筆測量につきましては、令和2年1月7日に分筆登記が完了しております。この後の土地交換契約につきましては、4月の上旬に契約締結、5月末の引き渡しで西鉄と調整しているところでございます。  

久留米市議会 2019-12-18 令和元年第6回定例会(第6日12月18日)

もう一度、このときの記事を読み返しましたが、西日本新聞朝日新聞読売新聞がはっきりと機が熟するのを待つというふうに記事にしております。  毎日新聞は、市民議員に納得してもらえる条例案提案のタイミングや内容を検討すると述べたと。市民議員に納得してもらえる条例案提案、タイミングや内容を検討すると、こういうふうに述べたと報道されております。  

福岡市議会 2019-12-18 令和元年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-12-18

もう一度その選考委員についてですが、選考委員のメンバーがたった2億円のところに西日本短期大学緑地環境学科の先生や九大の芸術工学の先生3人が当たっている。たった2億円弱の造園工事に3人の選考委員です。97%の61億円に建築担当者3人の選考委員です。このアンバランスはどう説明されるのでしょうか。選考委員がいかに形式のみで実態がないかがわかります。