696件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大野城市議会 2019-12-17 令和元年第6回定例会(第5日) 報告・討論・採決 本文 2019-12-17

質疑の主なものは、指定給水装置工事事業者の指定について、更新制が導入された経緯についての質疑があり、執行部の回答を受け、これを了承し、討論はなく、採決の結果、全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。以上で報告を終わります。 52: ◯議長(山上高昭) ただいまの委員長報告に対し、一括して質疑を受けます。                  

宮若市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月13日

震災前の平成19年、当時の市長は、今後30年以内に発生することが予測されていた宮城県沖地震に速やかに対応できる災害後方支援の拠点に遠野市が最適であるとし、遠野運動公園内の遊技場や広場などを、災害時には臨時へリポーターや駐車場、野営場として利用するなど、既存の施設に新たな役割を持たせ、その周りに消防庁舎、給水装置備蓄倉庫などを計画・整備し、一方では、自衛隊とともに大規模な事前訓練を行うなど、災害減災

川崎町議会 2019-12-11 令和元年度第7回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月11日

その応急的な対策として注目されているのが、自家用車に後付けできる安全運転支援装置です。これはアクセルとブレーキの踏み間違いによる急発進を防ぐ装置です。  警察庁の発表によると、ことし上半期に全国で発生した75歳以上の自動車運転者による死亡事故のうち、ブレーキとアクセルの踏み間違いは、運転操作ミスによる事故の約11%を上回り、75歳未満の0.7%に比べると16倍と際立っています。

宮若市議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年12月11日

中でも、聴覚に障がいをお持ちの方につきましては、希望された方に対し、防災行政無線の情報文字で表示する文字表示装置を設置いたしておりまして、あわせて、市が発信をいたします避難情報について、ファクス送信することといたしております。障がい者に限らず、高齢者等、避難に時間を要する方に対しましては、早い段階での避難について呼びかけを行ってまいりたいと考えております。  

直方市議会 2019-12-09 令和元年12月定例会 (第6日12月 9日)

4カ所目、正面玄関自動ドア装置取りかえ修繕工事でございまして45万円でございます。  詳細な修繕の内容を申しますと、3号火葬炉内の修繕工事平成29年度に状態の悪い箇所のみを部分的に修繕いたしましたが、修繕を行っていなかった部分について修繕が必要な状態になっていることから計上しているものでございます。  

大野城市議会 2019-12-09 令和元年都市環境委員会 付託案件審査 本文 2019-12-09

大野城市水道事業給水条例の一部を改正する条例の制定につきましては、水道法の一部改正により、指定給水装置工事事業者の指定について更新制が導入されたことから、その更新にかかる手数料について規定を設けるほか、関係規定の整備を行うものでございます。  次に、2ページをお開きください。  

遠賀町議会 2019-12-05 令和 元年第 7回定例会−12月05日-01号

主な変更内容につきましては、次年度以降予定しておりました地覆工及び伸縮装置工を追加施工し、事業の進捗を図るものでございます。  ご審議のほど、よろしくお願い致します。 ○議長(仲野新三郎) 以上で、提案理由の説明は終了致しました。 △日程第6  議案第69号「遠賀町特別職職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について」を議題と致します。  

直方市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第4日12月 4日)

土木課長(田辺裕司)  排水門につきましては、13カ所の各ポンプ場に設置してあり、一定水位に達し次第、警報装置により操作人に連絡が入り待機します。かつ、市からも操作人に連絡を行い、待機の確認を行っております。  操作につきましては、河川からの逆流が始まる前に閉門し、ポンプの稼働を行っております。  樋門・樋管につきましては、国や県から委託されている施設で47カ所あります。

宮若市議会 2019-12-02 令和元年第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年12月02日

いずれも65歳以上の高齢者を対象に、1つは、安全運転をサポートする機能が搭載された新車を購入した場合に、購入費用の一部を助成するものと、もう一つは、既存の車にそういった安全運転をサポートするための装置を取りつける際に、市がその費用の一部を助成するものの2つの事業を予定しております。  

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

そして負圧除じん装置を設置し隔離された作業場内部の空間を負圧に保ち、内部の汚染された空気を外に漏らさないようにいたします。そして、作業員が隔離された作業場所に入退場する場所にセキュリティーゾーンを設置いたします。  準備が整いましたら、労働基準監督署保健所の立入検査を受けて合格してから作業に取りかかるという手順になっております。  

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-09-19

ドライブレコーダーとは、車両に大きな衝撃が加わった前後数十秒の時刻、位置、映像、加速度、ウィンカー操作、ブレーキ操作などを記録する車載カメラ装置のことです。運転している全ての時間の映像を記録するのではなく、荒い運転をしてしまい、ひやっとはっとするような、いわゆる「ヒヤリハット」を経験した場面や事故が発生した前後数十秒の映像を記録することができます。  

大野城市議会 2019-09-19 令和元年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-09-19

いずれの場合におきましても、発火直後に自動消火装置が検知しまして速やかに消火をした旨、組合から報告を受けているところでございます。以上です。 221: ◯議長(山上高昭) 平井議員。 222: ◯13番(平井信太郎) 今の回答では、1年に1回、毎年、クリーン・エネ・パーク南部で火災事故が発生しております。これは非常に多いと思います。  

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

そのことのために、私も、先ほどメカトロの話出ましたけれども、メカトロそのものは、私が課長時代に構想として、私がつくった構想でございまして、あれを拠点都市の中で位置づけて、何とか当時インターチェンジという話も含めてどうやってポテンシャルを具現化するかということでつくった構想でもございましたので、ぜひそういうものは私ども域内に投資を呼び込むということも含めてなんですが、市民所得を上げるためにそういった装置

大野城市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2019-09-18

そこで、注目されているのが、既存の自動車でも利用できるアクセルとブレーキの踏み間違いを防止する装置です。東京都では、自動車の後づけ安全装置、いわゆる踏み間違い防止装置の設置に補助金を設けています。令和元年7月31日より受け付けが始まっているとのことです。補助金の額は、当該費用の9割、限度額は1台当たり10万円です。  本市でも同様の補助事業を設ける等の予定はないのでしょうか。

大野城市議会 2019-09-18 令和元年第5回定例会(第3日) 名簿 2019-09-18

大野城市内での高齢者とそれ以外 │ │         │ 後付け安全装置設置支 │  の方の自動車運転事故の発生件数は、それぞれ何 │ │         │ 援について      │  件か                     │ │         │            │(2) 本市で運転免許証を自主的に返納した高齢者の人 │ │         │            │  数と