1406件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

そして負圧除じん装置を設置し隔離された作業場内部の空間を負圧に保ち、内部の汚染された空気を外に漏らさないようにいたします。そして、作業員が隔離された作業場所に入退場する場所にセキュリティーゾーンを設置いたします。  準備が整いましたら、労働基準監督署保健所の立入検査を受けて合格してから作業に取りかかるという手順になっております。  

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

そのことのために、私も、先ほどメカトロの話出ましたけれども、メカトロそのものは、私が課長時代に構想として、私がつくった構想でございまして、あれを拠点都市の中で位置づけて、何とか当時インターチェンジという話も含めてどうやってポテンシャルを具現化するかということでつくった構想でもございましたので、ぜひそういうものは私ども域内に投資を呼び込むということも含めてなんですが、市民所得を上げるためにそういった装置

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

政府は、高齢者限定の免許制度や、安全防止装置装着車のみ運転条件を検討しているようですが、法改正や運用などは相当期間必要になるでしょう。  他方、高齢者ドライバーの多くが、毎日の生活に必要不可欠で免許証を返納しようと考えても実行できないと答えています。  私は自主返納が着実な高齢者ドライバーの事故減少につながると考えます。見解を伺います。  

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

それからペダル踏み間違い時加速抑制装置、これについては、いろいろなところからそういう仕組みが出されておりますが、今現在、性能認定がされてないということがありまして、機能等がばらばらであるようです。そのため、この性能認定制度の導入についても、本年度中に国のほうが基準として定めようとしております。

行橋市議会 2019-06-20 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月20日−05号

続きまして、当委員会所管部分の主な歳出補正予算の内容でございますが、はじめに、総務防災危機管理室では、元永で発生した災害現場において設置した6箇所のセンサーが地すべりを感知した場合、付近の住民の方に対し即座にメール配信を行う、地すべり警報配信装置設置にかかる経費が増額補正されております。  

大野城市議会 2019-06-18 令和元年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-06-18

それから、聴覚障がいをお持ちの方に対しまして玄関のインターホンの音とか電話ベル、そういったものを光や振動で伝える聴覚障がい用屋内信号装置などとなっております。これが主なものでございます。  平成30年度の給付実績でございます。自立生活支援用具全体、17件となっております。  

福岡市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第2日)  本文 開催日:2019-06-14

政令市の中でも神戸市は本年度から2カ年計画で全中学校に部分空調、スポットで冷気を送る装置を設置予定、大阪市では各区の中学校の1校に令和2年までに設置予定、横浜市も本年度に設置可能性を検討する調査を実施予定、そしてさいたま市では2019年度補正予算として指定避難所の市立高校体育館4校への空調設置に向けた設計費用を追加したと伺っております。

久留米市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第4日 6月14日)

追突防止装置や各種安全装置を標準装備する車もふえてきているという状況にございます。  また、一方で、買い物などは、eコマースや生協の宅配など、地域により充実しつつございます。高齢者が車を運転をしなくても生活できる環境整備も重要な観点であろうというふうにも認識をいたしております。  

筑紫野市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-06-13

2018年度以降の学校におけるICT環境整備方針で目標とされている水準として、学習者コンピューター、指導者用コンピューター、大型提示装置・実物投影機、超高速インターネット及び無線LAN、統合型校務支援システム、ICT支援員などがそれぞれ明記されております。  目標水準に対して、項目2、学校におけるICT環境整備の進捗状況と今後の取り組みを伺います。  

遠賀町議会 2019-06-11 令和 元年第 4回定例会−06月11日-03号

それは莫大な、高い自動殺菌装置とかついている、また一番いいのは病院なんかで置いているサーバーというんですか、今、お水はあれが一番安全なんですけど、すごい費用もかかりますし、今また問題はないのかというところで、要望あたりも再度調査すると、ほとんど保護者、生徒からは今のままで十分と。

筑紫野市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 2019-03-22

次に、免震装置について、執行部から、新庁舎にはKYB株式会社及び子会社のカヤバシステムマシナリー株式会社製のオイルダンパーが使用されているが、引き続き性能を検証しているところである。本市が要求している基準に合わない製品であった場合、施工者である共同企業体やメーカーが誠意を持って対応すると確約しているものの、行政としても責任を持ってこの問題を解決していくとの報告がありました。  

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-03-14

3)の質問なんですけれども、踏切警報時間制御装置、通説では「賢い踏切」にするための装置ということなんですけれども、これを導入するという検討を前回の質問のときには言ってあったんですけれども、これはどういうふうになったんでしょうか。 20: ◯議長(白石重成) 建設環境部長。

大野城市議会 2019-03-14 平成31年第2回定例会(第4日) 名簿 2019-03-14

               │ │         │ 捗状況について    │  1)宝珠踏切の安全対策はどうなったか      │ │         │            │  2)朝・夕の通学時間帯の交通安全対策は何をした │ │         │            │   か                     │ │         │            │  3)踏切警報時間制御装置

行橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号

行橋市危機管理室がそういうことをすることによって、今はその一段上の、よく踏切に使われております、私たちは障検と言うんですけども、障害物検知装置。これはですね、大きな踏切は、もうほぼ付いています。列車に触らない位置にポールを立てて、それから発光する。そうしたら反対側はガラスになって角度が付いて、次のガラスにいく。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

また、高齢者にとってより身近なICT機器である携帯電話デジタル家電、福祉介護機器である緊急通報装置や各種の安否確認システムなどにつきましても、利活用支援の枠組みに積極的に組み込んでいく必要があるとされております。  こうした国の方向性を踏まえ、本市は、地域のニーズを踏まえたカスタマイズや導入に向けた実証の支援が重要と考えております。