運営者 Bitlet 姉妹サービス
116件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号 52.空家等対策推進事業については、空き家が所有者の財産であることから、行政執行を無条件に許すと財産権を侵害することにもなるため、慎重に進めていくことが大事だが、最終的には代執行も視野に入れて取り組まれたい。 もっと読む
2018-03-22 岡垣町議会 平成 30年 3月定例会(第1回)-03月22日−05号 本議案は、住居等及び空き地の所有者の責務として、第4条で地域住民の生活環境に悪影響を及ぼさないよう、自らの責任において住居等又は空き地が管理不全な状態にならないようにするための適正な管理に努めなければならないとし、個人が所有する住居等、空き地が管理不全という定義を設け、立入調査、住居等又は所有者等に対する情報の利用等、助言指導、措置勧告、措置命令、行政執行、緊急安全措置等の強硬措置について条例化しようとするものであります もっと読む
2018-03-14 春日市議会 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 2018-03-14 特措法では、助言、指導、勧告、命令、代執行とありますが、市として行政指導に関することは比較的実施しやすいのでしょうが、行政処分となると、特に行政執行の実施は慎重にならざるを得ないと思います。市は特措法の運用で、命令、代執行まで考えてあるのでしょうか、お尋ねします。  2点目。不動産登記が変更されず、所有者が特定できない空き家──将来の発生も含めてですが──もあるのではないかと思います。 もっと読む
2018-03-08 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第4日 3月 8日) こういったことに関して、まず、できるとこからやっていくと、こういったアプローチでありまして、平成27年5月に、空き家等対策の推進に関する措置法が施行されておりますが、この法律では、所有者不明等の場合における調査時間の短縮につながる固定資産税情報の内部利用が可能となるとともに、除去等の行政執行を行う場合の要件につきまして、明確に規定されているところでございます。   もっと読む
2018-03-02 直方市議会 平成30年 3月定例会 (第5日 3月 2日) この法律のポイントは、老朽危険家屋は市町村が指定し、その所有者に対して、除去、修繕、立ち木等の伐採等の措置を助言、指導、勧告、命令し、それでも解決しなかったときは、行政執行法に基づき、市町村が特定空き家の除去などを行えるようにした点です。特定空き家の判定については、既に国がガイドラインを策定しており、市町村はそれを参考にして市町村ごとに判定の基準を策定しています。   もっと読む
2018-03-01 岡垣町議会 平成 30年 3月定例会(第1回)-03月01日−01号 必要な改善措置がなされない場合、さらに第10条の措置命令、第11条の行政執行と続きます。そして、行政執行法に基づく行政執行の規定を置くことで、行政執行を最後のよりどころに、助言・指導、勧告、命令により問題の解決が図られることが望ましいことでございますが、最後は行政執行し費用を徴収する意思を明確に示すことが、助言・指導、勧告、命令の実効性を高めるものと考えております。   もっと読む
2018-02-21 春日市議会 平成30年地域建設委員会 本文 2018-02-21 59: ◯地域生活部長(染原利幸君) 特定空き家に仮に指定されたとしても、まず段階としては、指導、助言、ここから入りますので、それで改善なされない場合には次の勧告というふうな段階を踏んでいって、最終的に改善されないということになれば行政執行というふうなことでございますので、そこは一定の段階を踏んでまいります。 60: ◯委員(中原智昭君) わかりました。 もっと読む
2017-11-30 古賀市議会 2017-11-30 平成29年第4回定例会(第1日) 本文 委員から、特定空家等の指定について、最悪の場合は行政執行と思うが、その事例について進捗はとの問いに、勧告する準備をしていたが、所有者が建物を取り壊し、更地にするということなので、勧告を見送っているとのこと。改正住宅セーフティネット法について、古賀市には影響ないかとの問いに、市町村は任意であるため、市独自の計画はないが、それにかわる措置として旧雇用促進住宅の空き部屋を勧めているとのこと。 もっと読む
2017-11-30 福津市議会 平成 29年12月定例会(第5回)-11月30日−02号 それで、最終的に命令にも従われない場合につきまして行政執行というような手続きがとられるようになっていますけど、現在まだ次の特定空き家というのはまだ指定をしておらない状況でございます。  以上でございます。 ○議長(椛村公彦) 硴野議員。 ◆16番(硴野九州男) 一番くせ者は所有者不明空き家地についてでありますけれども、全国的に不明の空き地、あるいは空き家が急増しているということを聞いております。 もっと読む
2017-09-27 小郡市議会 平成29年 9月定例会-09月27日−05号 空き地の雑草については、繁茂し、放置されていることが火災、交通事故、犯罪、害虫などの発生の原因となり、またごみの不法投棄を誘引するおそれがあることから、市は、小郡市空き地等の適正な管理に関する条例に基づき、空き地の所有者などに対して、雑草などの除去について助言、指導、勧告、措置命令、行政執行を行っています。   もっと読む
2017-06-08 古賀市議会 2017-06-08 平成29年第2回定例会(第1日) 本文 特定空家指定の2件について、今後の対応はとの問いに、4月10日付で特定空家等の指定の通知を行っており、3カ月以上経過した後に特別措置法による勧告を行い、勧告に従わない場合、ある程度月数を置いて命令、最悪の場合は行政執行に至る予定とのこと。   もっと読む
2017-03-27 大牟田市議会 平成29年  3月 定例会(第493号)-03月27日−07号 30.産業廃棄物の不法投棄対策について  産業廃棄物の不法投棄対策については、玉川校区の廃棄物処理施設が、閉鎖後もそのままになっており、衛生上・防犯上等で地元住民が長年困っていることから、早期に行政執行を検討されたい。 もっと読む
2017-03-24 福津市議会 平成 29年 3月定例会(第2回)-03月24日−04号 意思判断能力がない人への行政処分は無効のため、行政執行はできません。このため、空き家の倒壊の危険が急迫している場合は、所有者の義務を前提とせずに、市が直接、望ましい状態を実現することができる即時執行の規定を本市の条例に定めるため、本定例会に上程しております。  次に、空き家の有効活用については、所有者の意思が最優先です。 もっと読む
2017-03-16 小郡市議会 平成29年 3月定例会-03月16日−03号 この法律においては、放置された空き家等が倒壊などのおそれがある場合は、所有者に対する除却、修繕等の措置の助言又は指導、勧告、命令や行政執行による強制撤去が可能との規定も盛り込まれており、法的な根拠に基づいた措置を進めることができるようになっているところでございます。   もっと読む
2016-12-16 大牟田市議会 平成28年 12月 定例会(第492号)-12月16日−03号 この特別措置法では、倒壊が著しく、保安上危険となるおそれのある建物などが特定空家と認められれば、行政が立ち入り検査や指導、助言、勧告、命令や行政執行ができることなどが盛り込まれています。  そこで、本議会に提案された空き地及び空家等の適正管理に関する条例案は、空家等対策の推進に関する特別措置法の内容に基づいて制定されてあると思いますが、本市の特徴的な内容についてお尋ねをいたします。 もっと読む
2016-09-12 行橋市議会 平成28年 9月 定例会(第3回)-09月12日−02号 この勧告に従わない場合は、最終的な行政執行という手続きを踏むようなかたちになります。以上です。 ○議長(諫山直君)  村岡議員。 ◆7番(村岡賢保君)  その中に、今までにはなかった、いま言われたように、助言だとかあるいは指導、そしてさらに踏み込んで命令、もう一つ踏み込めば代執行などが法の中では規定されているわけですが、これは前提として市の条例制定が前提となるんじゃないでしょうか。 もっと読む
2016-06-15 大牟田市議会 平成28年  6月 定例会(第490号)-06月15日−02号 この特別措置法では、倒壊が著しく、保安上危険となるおそれのある建物などが特定空き家と認められれば、行政が立入検査や指導、勧告、命令や、要件が明確化された行政執行ができることなどが盛り込まれています。   もっと読む
2016-03-28 古賀市議会 2016-03-28 平成28年第1回定例会(第5日) 本文 4、特定空き家に対し助言、指導、勧告、命令、行政執行に至るまでの過程においても、協議会の意見を参考に進めていく。  5、空家等対策計画の策定の時期は、現在、福岡県で計画のひな形を策定してる段階で、それを参考に協議会の協議を終え、平成28年度中には策定したい。  6、協議会の委員として、宅地建物取引業者の方たちに入っていただくように考えている。   もっと読む
2015-12-08 田川市議会 平成27年第6回定例会(第3日12月 8日) この特措法の中に、やはり行政執行法によって代執行をすべきというふうな規定になってますので、やはりこの法律で、代執行で解体するにしても、行政執行法のほうに進んでいって、そこで判断するしかないという形になりますので、条例よりは一歩踏み込んだ形で特定空き家等の判断とかができるようにはなると思いますけど、この特措法ができたからといって、一足飛びに解体ができるというふうな形にはなってないというのが法の構成 もっと読む
2015-12-08 田川市議会 平成27年第6回定例会(第3日12月 8日) この特措法の中に、やはり行政執行法によって代執行をすべきというふうな規定になってますので、やはりこの法律で、代執行で解体するにしても、行政執行法のほうに進んでいって、そこで判断するしかないという形になりますので、条例よりは一歩踏み込んだ形で特定空き家等の判断とかができるようにはなると思いますけど、この特措法ができたからといって、一足飛びに解体ができるというふうな形にはなってないというのが法の構成 もっと読む