37件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

北九州市議会 2018-02-28 平成30年 2月 定例会(第1回)-02月28日−02号

北九州市文化振興計画に、本市では日常においても稽古事や趣味などを通して文化芸術活動が盛んに行われているという記述がありましたが、私の周りでも日舞とか琴とか茶道とか華道とかさまざまな稽古事を通し、あるいはその趣味を通して、また、地域に根差している祭り事、秋祭りとか春祭りとか市民センターまつりとか、さまざまなところで、あるいは発表会があったりとか披露会があったりとかされております。

北九州市議会 2017-09-08 平成29年 9月 定例会(第3回)-09月08日−02号

昨年のG7北九州エネルギー大臣会合では、歓迎レセプション等での地元食材を使った料理の提供、小倉織によります会場装飾、戸畑祇園大山笠や茶道の伝統文化紹介など、北九州らしさにあふれるおもてなしで各国代表団を歓迎したところでございます。これらの本市の特色を生かしたおもてなしに関しましては、大臣会合終了後の記者会見など、公式の場で各国から高い評価をいただきました。  

久留米市議会 2017-06-13 平成29年第2回定例会(第3日 6月13日)

和食、和装、和裁、華道、茶道武道能楽、民謡、舞踊、民芸等々、教育に落とし込むことができる誇らしい日本の伝統文化はたくさんあります。子供たちには多種多様な機会に出会ってもらいたいと考えております。  教育の場は学校家庭だけではありません。足腰の強いバランス感覚にすぐれた人材育成に必要なもう一つの要素は地域社会です。子供たちに、もっと地域の大人たちと触れ合い、学ぶ経験をさせていただきたい。

筑紫野市議会 2017-03-21 平成29年第1回定例会(第4日) 本文 2017-03-21

クラブ活動、部活動の支援としては、調理手芸クラブ、華道・茶道クラブ支援、野球部・放送部の指導補助通訳等があります。  地域住民が、学校支援ボランティアとして活躍できるような体制の整備は、筑紫野市においては、できているのでしょうか。お伺いいたします。 4: ◯議長(赤司 泰一君) 教育部長。 5: ◯教育部長(熊手 寛明君)〔登壇〕 皆さん、おはようございます。

北九州市議会 2016-09-22 平成28年度 決算特別委員会-09月22日−01号

これらの国際会議におきましては、レセプション等での地元食材を使った料理の提供や小倉織による会場の装飾、茶道の伝統文化紹介など、北九州らしさにあふれるおもてなしで歓迎したところ、参加者から好評をいただきました。また、その他の会議においても、小倉城天守閣5階の展望スペースやアインシュタイン博士が宿泊した迎賓館、旧門司三井倶楽部を活用したレセプションなどを開催したところであります。

春日市議会 2016-03-16 平成28年第1回定例会(第5日) 本文 2016-03-16

また、講師を招聘しての博多人形絵つけ体験、陶芸体験、和菓子づくり体験を行っている学校や、クラブ活動としてゲストティーチャーの指導のもと、和太鼓、茶道、華道、なぎなた、詩吟を行っている学校もあります。中学校では、各学校の取り組みはさまざまで、和太鼓、琴、三味線体験、プロの声楽家からの歌唱指導九州交響楽団の演奏の鑑賞、博多にわか体験等を行っています。  

北九州市議会 2016-03-07 平成28年 2月 定例会(第1回)-03月07日−05号

具体的には、放課後児童クラブ等活動支援事業といたしまして、昨年度は卓球茶道などの専門家を延べ300回クラブに派遣いたしまして、子供たちへの指導を行ったところでございます。また、指導員の皆さんの資質向上を図るために実施をしております研修の中で、運動遊びなどをテーマにしたものを昨年度は総合体育館などにおきまして4回実施いたしまして、延べ278人の皆さんに参加いただいたところでございます。

福岡市議会 2016-03-04 平成28年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2016-03-04

また、博多祇園山笠や博多松囃子などの祭り、博多織、博多人形、茶道、華道、日舞といったさまざまな伝統文化も、福岡という都市の個性を際立たせる貴重なものです。  このように、福岡市内の文化財を初め、地域で受け継がれてきた伝統文化について、情報発信を積極的に行うとともに、観光資源としての活用も視野に入れた文化振興に取り組んでいく必要があると思いますが、御所見をお伺いします。  

福津市議会 2015-03-11 平成 27年 3月定例会(第2回)-03月11日−04号

教育長(金子孝信) これは総括質疑のほうで、市長の意気込みもお話されたところでございまして、やはり長い歴史の中で人々に受け継がれてきました、いろんな民族芸能や工芸技術、あるいは音楽、美容、茶道、華道、年中行事、郷土食、非常に広範囲にわたっております。やはり、人材育成っていう点は、それぞれの団体が悩みでございます。

北九州市議会 2013-03-08 平成25年 2月 定例会(第1回)-03月08日−06号

そして、勉強だけでなく、英語教室や空手教室将棋茶道、華道、折り紙からドッジボール、私の提案する寺子屋は、教員免許を持たない者が学校内で指導に当たるというものであります。そして、放課後活動でありますので、興味を同じくする学年、年齢の違う生徒が交流する場であり、かつて空き地などにいた少年たちの正しい姿なのであります。  

北九州市議会 2012-09-18 平成24年 9月 定例会(第4回)-09月18日−05号

1つには、部活動振興のための外部講師、また、授業課外活動など補助を行う学生ボランティアの登用、また、安全対策教育活動支援、学校図書館環境整備などを行うスクールヘルパーの活用、茶道や華道、陶芸など伝統文化の体験活動やキャリア教育などでのゲストティーチャーとしての地域人材の活用、また、経済界と連携した北九州企業人による小学校応援団の支援、こういった学校教育のさまざまな場面で外部人材を活用する取り

  • 1
  • 2