4543件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-10-04 令和元年 9月定例会 (第8日10月 4日)

これに対して当局より、会計年度任用職員の採用は、試験ではなく面接などによるが、会計年度任用職員は1会計年度ごとに客観的な能力実証に基づいて採用するものであることから、現在勤務している臨時職員や非常勤職員も含め、新たに面接などによって採用することとなる。また、その募集については、詳細が決まり次第、現在勤務している臨時職員や非常勤職員に説明し、年明けにも公募したいとの答弁に接したのであります。  

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

いわゆる私たち、私も会社を経営しておりましたが、この会社に仕入れの能力経済力がないということがこれでわかるわけです。お金がなくて自転車操業であったのではないかと推測できるんですが、常識的には、私としてはこういったことは考えられません。仕入れる金がないから先に前払いをしてくれ、こういったことは非常に契約上も問題があるのではないかと思います。  

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

保育所幼稚園などで身につける知識能力についての効果訴えていきますとともに、教諭保育士指導力の向上を図り、また小中学校との連携を強化するなど幼児教育を強化する仕組みづくりに努めてまいりたいと考えております。以上です。 ○5番(渡辺幸一)  はい、ありがとうございます。教育長のお気持ちは理解いたしました。確かに幼少のころから教育は重要だということは同感です。

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

適正化により成年被後見人等は消防団員になることができないとすることを見直し、当該成年被後見人等の能力の有無を個別に判断することが求められます。  当該条例改正は、成年被後見人等に係る欠格条項を単純に削除し、その他所要の規定を整備するものでございます。  それでは、新旧対照表に沿って御説明させていただきますので、21ページをお開きください。  第4条について説明いたします。  

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

○2番(三根広次)  児童生徒への安全教育には、安全に関する基礎的、基本的事項を繰り返し、思考力、判断力を高めることによって安全について適切な意思決定ができるようにする安全学習、また、近い将来当面する問題を取り上げ、実践的な能力態度、さらには望ましい習慣の形成を目指して行う安全指導があると考えます。相互の関係を図りながら、計画的、継続的に行っていただきたいと思います。  

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

○4番(森本裕次)  床下浸水約50戸、床上浸水約10戸、一定の降雨量であれば流入量がポンプの処理能力を超え排水がきかなくなると。川端川の流下能力もポンプの排水能力も近年の降雨量では不足しているようでございます。  それでは、昨年の西日本豪雨の際、川端川流域での水害対応について教えてください。

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

これらの中身については、後ほど市長さんも所信表明でいろいろと申されてますんで、その中で幾つか触れさせていただきたいというふうに思いますが、誰も直方がよそよりもよくなってほしい、潜在能力も高いわけですから、それを生かしてまちづくりをしてほしいと、これは気持ちは一緒であります。  きょうもこの会場には、恐らく30人を超す仲間の方が応援に来ていただいております。

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

年を重ねるにつれて身体機能や判断能力が低下してしまい、ハンドル操作を怠ったり、ブレーキを踏むのがおくれてしまったりする危険性が出てくるからです。ちょっとした操作ミスや判断のおくれが死亡事故につながることも少なくありません。  本市の運転免許の自主返納が福岡県警の昨年1年間のデータによりますと127件、その中でも75歳以上が約7割に当たる88件となることが明らかになっております。

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

社会的活動に参加している高齢者の6割が、その目的の一つを「生きがいを持つため」とし、また4割が「心身の健康のため」としているという調査結果もあるなど、高齢者の就労、社会参加が、生きがい、また健康づくりにつながるという認識は幅広く共有されているところではありますが、高齢者を65歳以上のものとして年齢で区切り、一律に支えが必要であるとする従来の高齢者に対する固定観念が、多様な存在である高齢者意欲能力

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 名簿 2019-06-24

  賢二│子どもたちの安全について                   │     │ │     │                               │教 育 長│ ├─────┼───────────────────────────────┼─────┤ │     │                               │市   長│ │原  克巳│小中学生の体力及び運動能力等向上

古賀市議会 2019-06-24 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第6日) 本文

職員の中には、今後の見通しについてしっかりとチェックする能力はあると、私は確信しております。  今定例会では、総合計画策定方針が明らかになり、SDGsの視点を取り入れる、経済社会環境の3側面の統合的取り組みを進める、バックキャスティング手法による事業構築という新たな方向性が打ち出されました。今後の公共投資についてもこの視点を取り入れることを、この際求めておきたいと思います。

春日市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第3日) 本文 2019-06-24

18: ◯市長(井上澄和君)〔登壇〕 原議員から、小中学生の体力及び運動能力等向上のための取り組みについての御質問でございます。  教育委員会への御質問でございますので、教育長が回答いたします。 19: ◯議長(松尾徳晴君) 山本教育長。 20: ◯教育長(山本直俊君)〔登壇〕 原議員から、小中学生の体力及び運動能力等向上のための取り組みについての御質問でございます。  

福岡市議会 2019-06-24 令和元年第3回定例会(第5日)  本文 開催日:2019-06-24

しかも、答弁では、負担能力のない子どもからも無条件に徴収することが明らかとなりました。他都市では修学旅行に来た子どもたちからは税金を取り立てないように設計されています。このことと比べても、本市のやり方は余りにも傲慢です。国連世界観光機関決議された世界観光倫理憲章の第7条には、観光する権利として、青少年、学生による観光は奨励され、円滑化が図られるべきであると定められています。

福岡市議会 2019-06-21 令和元年教育こども委員会 開催日:2019-06-21

次に、11(1)の一番下に、「子育て世代包括支援センターを担う保健福祉センターにおいては、養育者のエピソードからある程度の知的能力の判断が可能な、例えば児童相談所において児童福祉司や児童心理司の経験が5年以上の職員をスーパーバイザーとして配置することを検討されたい」とあるが、人がいなかったので発見できなかった。(2)には「退院前に養育支援計画を策定されたい」とある。結局、全部他人の責任としている。

福岡市議会 2019-06-18 令和元年第3回定例会(第4日)  本文 開催日:2019-06-18

151 ◯市民局長(下川祥二) 福岡市における運転免許証返納を促す取り組みにつきましては、高齢者御自身が加齢に伴う身体機能や判断能力の変化に気づくことで、安全運転に心がけていただけるよう、認知症予防講座と実技運転を組み合わせた高齢運転者講習を実施しており、その講習の中で運転免許証の自主返納制度紹介を行っております。