19件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

糸島市議会 2018-09-12 平成30年 第4回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-09-12

この件には、虚偽有印公文書作成だけではなくて、私は前市長がそういう理不尽な命令を職員にしたのであれば、背任疑いもあると考えています。これはきちっと役所として、あるいは私たち議員公務員として、刑事訴訟法第239条に基づき告発をして、私は前市長にきちんと責任をとらせるべきだと考えています。

糸島市議会 2018-06-12 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第3日) 議事日程・名簿 2018-06-12

(4)議会での虚偽答弁虚偽説明虚偽公文書及び、「存在しない法人」の業者             選定について          (5)公務員犯罪虚偽公文書作成等罪背任について          2.保育所移管先選定法令順守について          (1)行政が移管した保育所移管先、無償譲渡した保育所財産資産価値、及び             無償譲渡した理由について          

糸島市議会 2017-03-14 平成29年 第1回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2017-03-14

そして私は、今回、市長が契約を結ぼうとされていますが、公務員が間違った事務で市に損害を与えるようなことになったら、私は背任のおそれもあると思うから一生懸命ここで話をしているんですよね。この1期分で済ませたということ自体が非常に問題だというふうに思っているわけです。そして、それを先ほどの答弁からいうと、部長決裁ではなくて市長決裁で行ったということがわかりました。  

福岡市議会 2007-02-15 平成19年第1回定例会(第1日)  資料 開催日:2007-02-15

(イ) 市の告発内容について  博多港開発(株)の志岐社長大庭常務は、西田市議ないし海浜公園振興(株)、(株)時習館、(株)イゴス利益を図る目的をもって、博多港開発(株)に損害を与えることを認識しながら、具体的な利用計画業務必要性のないケヤキ庭石を購入し、博多港開発(株)に合計7億7,385万円相当損害を与えたことは商法第486条の特別背任に該当するため、捜査の上厳重に処罰されたいとの

福岡市議会 2007-02-15 平成19年第1回定例会(第1日)  本文 開催日:2007-02-15

次に、市の告発内容については、博多港開発株式会社志岐社長大庭常務は、西田市議ないし海浜公園振興株式会社株式会社時習館株式会社イゴス利益を図る目的をもって、博多港開発株式会社損害を与えることを認識しながら、具体的な利用計画業務必要性のないケヤキ庭石を購入し、博多港開発株式会社合計7億7,385万円相当損害を与えたことは、商法第486条の特別背任に該当するため、捜査の上、厳重

福岡市議会 2007-01-29 平成19年公共工事不正再発防止調査特別委員会 開催日:2007-01-29

その後、特別委員会西田藤二元市議志岐元助役、元博多港開発(株)社長など、参考人招致証人喚問を行い、当時の市議会議員全員が偽証罪などで、また福岡市長が特別背任などで西田市議志岐社長らを福岡県警告発したものであるが、当時の市議会議員及び福岡市長が行った告発内容はどのようなものか。

福岡市議会 2005-12-12 平成17年第6回定例会(第3日)  本文 開催日:2005-12-12

それから、ケヤキ庭石事件につきましては、本市において平成15年4月に福岡県警本部長あて告発を行い、昨年7月から8月にかけて告発した3件の特別背任すべてについて起訴がなされ、現在も公判が継続しているところでございます。今後とも公判を注意、注視しながら推移を見守ってまいりたいというふうに考えております。  

福岡市議会 2005-09-21 平成17年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2005-09-21

40 ◯総務企画局長(鹿野 至) 市職員OBが市の第三セクターに天下りしたというようなケースについてのおただしでございますけれども、本市を退職して後に市の第三セクターに採用されたなどの場合につきましては、原則として地方公務員法公務員倫理条例などの適用がないため、背任などに該当するような場合を除いて、法律上、禁止されているわけではございません。

福岡市議会 2004-12-27 平成16年公共工事不正再発防止調査特別委員会 開催日:2004-12-27

今回のケヤキ庭石購入事件も不必要なものを買い、しかもここで転売利益を得て特別背任で問題になっている。アイランドシティ整備事業においては、博多港開発(株)は開発面積の3%の公園整備の義務があるが、この公園整備の中に植栽工事の設計を取締役会に諮り通過させれば何ら問題もない。また、当然、西田氏関連の企業も表に出てこないで4億円余の転売利益が得られるシステムになっていたものである。

福岡市議会 2004-09-09 平成16年第4回定例会(第2日)  本文 開催日:2004-09-09

人工島事業をめぐるケヤキ庭石事件は、昨年3月全市会議員告発などを受けた福岡県警強制捜査に着手し、ことし6月25日、ケヤキ300本の取引を手始めに、7月のケヤキ100本、8月に庭石1万トンのそれぞれの取引に関連して、博多港開発志岐眞一社長大庭樹常務西田藤二元市会議員及び海浜公園振興イゴス時習館の各役員、そして博多港開発現役役員など11名を特別背任容疑で逮捕し、さらに、福岡地検

福岡市議会 2003-02-27 平成15年条例予算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2003-02-27

21 [質疑・意見]  辞任扱いで1,900万円の退職金が支払われようとしているが、特別背任ということであればそうはいかないはずであり、この退職金は認められない。市民感覚からも考えられないことである。信じられない経営感覚の持主であり、福岡市においておくと損害を与えることになる。

福岡市議会 2003-02-24 平成15年公共工事不正再発防止及びケヤキ・庭石購入等調査特別委員会 開催日:2003-02-24

志岐さん、特別背任が怖いから認めないんじゃないですか。あなたの育てた西田さんは──いや、金をつくってやった西田さんは、市会議員のときから地域の期待を背負っておりました。頭が切れる、庶民性もある、弁も立つ、時々突拍子もないことを言いますけれども、それも愛きょう。でもこの問題であの人はつぶれますよ。今までの問題と質が違うんです、この件は。今までいろんな事件がありました。

福岡市議会 2003-02-13 平成15年公共工事不正再発防止及びケヤキ・庭石購入等調査特別委員会 開催日:2003-02-13

267 △ 商法の特別背任とは、取締役監査役などが、自己もしくは第三者の利益を図るかまたは会社損害となることを知りながら、その任務に背き、会社財産上の損害を与えたときに成立する犯罪である。要件が3つあり、図利または加害の目的任務に違背したこと、会社財産上の損害を与えたときの3つの要件で成立する犯罪である。

  • 1