8684件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

川崎町議会 2019-12-12 令和元年度第7回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年12月12日

◯書記(石戸 泰介君) 休会中の委員会所管事務及び付託事件調査、令和元年12月12日、1、常任委員会委員会名、総務常任委員会、調査事項、1.職員定数と適数配置に関する調査、2.防災対策に関する調査、3.委員会が所管する施設の現地調査、(現地調査を含む)、委員会名、民生文教常任委員会、調査事項、1.統合中学校に関する調査、2.民生文教常任委員会の所管する事務調査について、(現地調査を含む)、委員会

川崎町議会 2019-12-11 令和元年度第7回定例会(第3日) 名簿 開催日:2019年12月11日

       16番 櫻井 英夫君       ──────────────────────────────                  欠席議員(なし)       ──────────────────────────────                  欠  員(なし)       ──────────────────────────────                 事務局出席職員職氏名

川崎町議会 2019-12-06 令和元年度第7回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月06日

まず、議案第21号川崎会計年度任用職員給与及び費用弁償に関する条例の制定についてであります。本議案は、地方公務員法及び地方自治法の一部改正という改正を受けて、現在、役場に勤務している臨時、嘱託という職員の名称が、今後は会計年度任用職員として定義されるとともに、明確化、給与体系を定める必要が生じたため、条例を制定するものであります。  

田川市議会 2019-10-04 令和元年第4回定例会(第5日10月 4日)

村 上 卓 哉       16番   高 瀬 冨士夫    7番   今 村 寿 人       17番   加 藤 秀 彦    8番   佐々木   博       18番   小 林 義 憲    9番   吉 岡 恭 利       19番   陸 田 孝 則   10番   白 石 天 一       20番   石 松 和 幸 地方自治法第121条により出席した者    事務局出席職員氏名

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

         13番       紫 村 博 之          14番       宮 園 祐美子          15番       渡 辺 克 也          16番       矢 野 富士雄          17番       村 田 明 子          18番       松 田   曻          19番       中 西 省 三 1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名

筑紫野市議会 2019-09-25 令和元年第4回定例会(第4日) 名簿 2019-09-25

平成30年度筑紫野市平等寺山財産特別会計歳入歳出決算の認定              について   日程第11 認定第11号 平成30年度筑紫野市水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定に              ついて   日程第12 認定第12号 平成30年度筑紫野市下水道事業会計剰余金の処分及び決算の認定              について   日程第13 議案第36号 筑紫野市会計年度任用職員

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

         13番       紫 村 博 之          14番       宮 園 祐美子          15番       渡 辺 克 也          16番       矢 野 富士雄          17番       村 田 明 子          18番       松 田   曻          19番       中 西 省 三 1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名

田川市議会 2019-09-20 令和元年第4回定例会(第4日 9月20日)

この2議案は、地方公務員法及び地方自治法の一部を改正する法律が令和2年4月1日に施行され、会計年度任用職員制度が導入されることに伴い、条例を制定しようとするものであります。  条例の内容といたしましては、まず、議案第50号では、会計年度任用職員給与の種類、給料の額、給与の支給方法、費用弁償及び旅費の支給等に関する事項を定めるものであります。  

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

         13番       紫 村 博 之          14番       宮 園 祐美子          15番       渡 辺 克 也          16番       矢 野 富士雄          17番       村 田 明 子          18番       松 田   曻          19番       中 西 省 三 1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 本文 2019-09-19

このため、職員は、政策形成能力政策法務能力を高めなければなりません。  また、自治体は、このための研修や自己啓発機会の充実、さらには政策形成への職員参加を進めるための制度をつくらなければならないと考えます。このことが個々の職員のやりがいや職場の風通しのよさを育んでいくのではないでしょうか。

筑紫野市議会 2019-09-19 令和元年第4回定例会(第3日) 名簿 2019-09-19

│  │      │  に分析しているか                      │ │  │      │ (2)期日前投票所を、公共施設商業施設等に設置することを検討し │ │  │      │  てはどうか                         │ │  │      │ (3)主権教育を特に高校生対象に実施してはどうか        │ │  │      │2.本市職員

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

         13番       紫 村 博 之          14番       宮 園 祐美子          15番       渡 辺 克 也          16番       矢 野 富士雄          17番       村 田 明 子          18番       松 田   曻          19番       中 西 省 三 1.職務のため議場に出席した事務局職員職氏名

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

なお、国県の力をかりるためには、市職員が常に高いアンテナを張って、国県との職員との常日ごろからの情報交換を行うことが大切だと考えております。以上です。 ○4番(森本裕次)  国県との共同、これも必要でしょうが、民間投資に行政が参画することも財源を有効に活用する方法ではないでしょうか。民間が行っている開発等に市が支援することにより、より効果的な事業成果が生まれることと思っております。

川崎町議会 2019-09-17 令和元年度第5回定例会(第4日) 名簿 開催日:2019年09月17日

       16番 櫻井 英夫君       ──────────────────────────────                  欠席議員(なし)       ──────────────────────────────                  欠  員(なし)       ──────────────────────────────                 事務局出席職員職氏名

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

会計年度任用職員は、パートタイム会計年度任用職員とフルタイム会計年度任用職員に大別されます。パートタイムは、1週間当たりの勤務時間が常勤職員よりも短い者であり、フルタイムは1週間当たりの勤務時間が常勤職員と同一の者を指します。また、一般職職員という用語は直方市職員給与に関する条例の適用を受ける職員を指します。  第3条は、給与の種類でございます。

川崎町議会 2019-09-13 令和元年度第5回定例会(第3日) 名簿 開催日:2019年09月13日

       16番 櫻井 英夫君       ──────────────────────────────                  欠席議員(なし)       ──────────────────────────────                  欠  員(なし)       ──────────────────────────────                 事務局出席職員職氏名

宗像市議会 2019-09-06 宗像市:令和元年第3回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月06日

議会総務委員会のほうに上程される議案の中に会計年度任用職員もございますけども、会計年度任用職員の中には専門職非常勤の方たちとか、そういうのもかかわってきますので、ぜひ専門職確保策については、庁内で総務人事等でしっかり検討していただければと要望させていただきます。