608件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-05-17 令和元年 5月臨時会 (第2日 5月17日)

この議案は、社会福祉法人直方市社会福祉協議会が所有する直方市総合福祉センターの老朽化に伴い移転先の提供を条件にこの土地及び建物の贈与を受けようとするもので、直方市総合福祉センターは、本館が昭和47年建築、新館が昭和52年建築であり、旧耐震基準のために耐震診断と耐震補強の必要を指摘されており、また屋上防水等の修繕費がかさみ維持管理ができない状況であること、さらに本館1館トイレは、天井部分の崩落のため使用

行橋市議会 2019-03-26 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月26日−05号

次に、都市政策課では、地域公共交通計画策定委託料や平成筑豊鉄道、路線バスにかかる負担金及び補助金、図書館等複合施設等購入費、行橋停車場線に係る県営事業負担金、長井浜公園整備費やJR行橋駅高架橋耐震補強事業にかかる負担金が計上されております。  次に、建築政策課では、耐震診断費補助金や耐震改修工事費補助金、ブロック塀等撤去費補助金等の耐震化促進事業にかかる経費が計上されております。

北九州市議会 2019-03-08 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月08日−05号

2点目の入り口から天守閣への移動につきましては、当面は現状の椅子式昇降機での対応となりますが、今後予定しております続きやぐらの耐震補強の計画策定の中で、更なる改善に向けて検討いたします。  今後も、高齢者や障害のある方など利用者の声を幅広く聞きながら、来場者に更に快適な空間を提供できるように努力を続けます。  残余の質問は、教育長、関係局長からお答えさせていただきます。

行橋市議会 2019-03-05 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月05日−01号

土木費では、図書館等複合施設整備事業、長井浜公園整備事業、行橋停車場線拡幅事業、都市公園長寿命化事業、JR行橋駅高架橋耐震補強事業、公営住宅の維持管理に係る経費などを計上しております。  消防費では、消防車両等配備事業、消防団車両等配備事業、防火水槽等整備事業などの経費を計上しております。  

久留米市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第6日12月17日)

久留米市市民活動サポートセンターの指定管理者の指定につい             て 第11 第114号議案 交通事故による和解契約締結について 第12 第115号議案 久留米ふれあい農業公園の指定管理者の指定について 第13 第117号議案 訴えの提起について 第14 第118号議案 市道路線の廃止について 第15 第119号議案 市道路線の認定について 第16 第120号議案 長門石橋取付高架橋耐震補強

久留米市議会 2018-12-10 平成30年第4回定例会(第5日12月10日)

            て 第14 第114号議案 交通事故による和解契約締結について 第15 第115号議案 久留米ふれあい農業公園の指定管理者の指定について 第16 第116号議案 久留米市田主丸ふるさと会館の指定管理者の指定について 第17 第117号議案 訴えの提起について 第18 第118号議案 市道路線の廃止について 第19 第119号議案 市道路線の認定について 第20 第120号議案 長門石橋取付高架橋耐震補強

久留米市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会(第1日12月 3日)

について 第31 第114号議案 交通事故による和解契約締結について 第32 第115号議案 久留米ふれあい農業公園の指定管理者の指定について 第33 第116号議案 久留米市田主丸ふるさと会館の指定管理者の指定について 第34 第117号議案 訴えの提起について 第35 第118号議案 市道路線の廃止について 第36 第119号議案 市道路線の認定について 第37 第120号議案 長門石橋取付高架橋耐震補強

北九州市議会 2018-10-04 平成30年10月 4日 総務財政委員会-10月04日−01号

旧八幡市民会館の建物を埋蔵文化財センターとして活用するためには、耐震補強を含め約17億円の改修工事が必要となります。その一方で、約4.6億円と試算されておりますが、埋蔵文化財センターの大規模改修・補修費用が不要になります。また、埋蔵文化財センターの跡地売却収入、それと固定資産税収入が見込まれます。

北九州市議会 2018-10-03 平成30年10月 3日 建設建築委員会-10月03日−01号

耐震改修の対象となる住戸数でございますが、こちらにつきましては、対象となる団地の耐震補強が済んだ住棟の戸数でございますが、7,780戸。まだ耐震性能が劣る住戸数が2,826戸ということになっております。ことし4月1日段階での耐震化率は91%となっております。以上でございます。 ○委員長(浜口恒博君) 石田委員。 ◆委員(石田康高君) 戸数ではなくて棟数があるでしょう。

北九州市議会 2018-09-18 平成30年 9月 定例会(第3回)-09月18日−04号

実際に平成28年度の状況を記しました公共施設白書、これには埋蔵文化財センターのことは耐震診断も済み、耐震補強の必要はないと記載されております。ところが、突然この発表であります。  そして、この埋蔵文化財センターの関係者からは、さっきの答弁は八幡市民会館利用者の方でありましたけども、埋文センターの関係者からは今回の移転案について意見を聞かれたんでしょうか。お願いします。

大野城市議会 2018-09-14 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-14

改修事業は、総合公園多目的グラウンド改修工事、総合体育館防水改修工事、総合体育館非構造部材耐震補強工事の3つを行っております。また、総合体育館備品購入事業では、総合体育館のトレーニング室に設置しておりますコードレスバイク4台、ステアクライマー1台を更新しております。説明は以上です。 341: ◯委員長(田中健一) ただいま説明がございました。この件についての質疑を受けます。

大野城市議会 2018-09-13 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-13

小事業別の内容につきまして、庁舎維持管理事務事業では、庁舎の光熱水費、清掃・警備委託、保守点検等の維持管理のほかに、市庁舎防災対策整備事業では、最終年度となる耐震補強の4期として本館の東側の補強工事、シビックゾーン整備事業では、第1次整備計画の設計の着手などを実施しております。決算額は、2億3,423万2,000円です。  

古賀市議会 2018-09-06 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第3日) 本文

家具や電化製品の耐震補強をする。防災用品の準備と保管場所の点検。自宅からの避難所への経路の確認などが欠かせないとあります。防災は自助・共助・公助が大切だと言われます。その上で、自助と共助の間を埋める「近助」の重要性を防災システム研究所の山村武彦所長は訴えておられますとありました。  

大野城市議会 2018-09-03 平成30年第3回定例会(第1日) 提案理由説明 本文 2018-09-03

建設改良事業につきましては、水道水の安定供給や漏水防止のための排水管改良工事のほか、耐震化事業として瓦田浄水場の耐震補強、災害対策として加圧機能を持った給水車の整備が行われました。加えて、施設整備面においては、水道施設再編計画及び更新計画に基づく施設整備が長期的に行われる予定となっております。  

久留米市議会 2018-06-12 平成30年第2回定例会(第3日 6月12日)

それだけしっかりとした市議会の提言があり、そして、施設の老朽化、41年たっています、耐震補強がしっかりしていないと。そもそも、あり方に関しては、国の施設であったのが、国はもうこの施設は面倒見きれないと、実際のこの運用施設が整理対象になっていますから、市に来ていますから、ここで一つ大きいステージは変わってきたと思います。  

宮若市議会 2018-06-11 平成30年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年06月11日

これを利用すれば子育て世帯、それから空き家に入居するためのリフォーム、耐震補強の費用も支援対象とするとの制度があります。なぜ、これ、活用しないのかというのが1点。  それから、10ページの中ほどに、有害鳥獣対策についてほかの議員もたくさん質問されました。これ、宮若市は、ご存じのとおり三方を山に囲まれており、大きな山につながっております。

久留米市議会 2018-03-26 平成30年第1回定例会(第7日 3月26日)

 交通事故による損害賠償の専決処分について 第24 第 6号議案 平成29年度久留米市一般会計補正予算(第4号) 第25 第 7号議案 平成29年度久留米市介護保険事業特別会計補正予算(第2号) 第26 第 8号議案 平成29年度久留米市下水道事業会計補正予算(第1号) 第27 第23号議案 包括外部監査契約の締結について 第28 第24号議案 訴訟上の和解について 第29 第26号議案 長門石橋耐震補強