38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

宗像市議会 2018-02-27 宗像市:平成30年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2018年02月27日

それで、先進自治体の一つである千葉県の習志野市の事例を紹介したいわけですが、これは小冊子の中の1ページをコピーしただけなものですから、よくわかりません。こちらの縦軸のほうには各施設の名前が入っていまして、横軸のほうに人件費、また減価償却費、事業費、それで構成グラフがあって、総コスト、そして市民一人当たりのコスト、1日当たりのコストと記載されているんです。

直方市議会 2017-06-21 平成29年 6月定例会 (第3日 6月21日)

千葉県習志野市の実籾工場まで検査に行きました。やっぱり、さすがに一流の企業だけあって対応もすごい、私のような素人にもわかりやすく説明してくれるし、何よりも一番は、自分の自社製品にすごい自信と誇りを持っておられましたね。うちのポンプは、よそのメーカーに比べてかなりすぐれているということを何度も私に教えてくれましたし、そう簡単に崩れるもんじゃないということを何度も私に言い聞かせてもらいました。  

大牟田市議会 2017-06-16 平成29年  6月 定例会(第495号)-06月16日−02号

◆1番(古庄和秀)   ただ、数年前、差別解消法施行直前に佐賀市と習志野市において、不適切な採用時・採用後の扱いがあっておりますので、そういったのも調査・研究され、そういうことのないように御要望を申し上げます。  小さな2、障害者就労支援事業所の実態と工賃アップに向けた取り組み。  昨年度の決算では、障害福祉サービスが2億6,600万円伸びています。

春日市議会 2017-06-16 平成29年市民厚生委員会 本文 2017-06-16

報告につきましては、千葉県習志野市「発達障がい支援の取り組みについて」であります。資料のほうは、皆さんのお手元に回ってますね。よろしいですかね。  それでは。視察先は千葉県習志野市、視察日は平成29年5月12日、調査項目は、今、申し上げましたとおりであります。  

春日市議会 2017-06-16 平成29年市民厚生委員会 名簿 2017-06-16

須玖保育所長補佐  青 木 理 恵     須玖保育所長補佐      今 林 由美子 ○ 出席事務局職員(1名)    主    査  吉 田 美由紀 ○ 議     題    1 所管事務調査(健康推進部)     (1)保健補導員制度について(長野県須坂市)     (2)認知症検診事業について(埼玉県草加市)    3 所管事務調査(福祉支援部)     発達障がい支援の取り組みについて(千葉県習志野

春日市議会 2017-06-15 平成29年市民厚生委員会 本文 2017-06-15

健康推進部は午前10時から、埼玉県草加市、認知症検診事業について、引き続き、長野県須坂市、保健補導員制度について、午後1時からは福祉支援部を予定しておりまして、千葉県習志野市、発達障がい者支援の取り組みについて、3項目を行いたいと思っております。  これをもちまして、本日の市民厚生委員会を散会いたします。どうもお疲れさまでした。                

春日市議会 2017-03-23 平成29年市民厚生委員会 本文 2017-03-23

54: ◯副委員長(近藤幸恵君) 閉会中の調査事項と同じになるんですが、発達障がい者支援の取り組みということで、幅広く支援してありまして、就労支援もきっちりなさってあることですから、ぜひお伺いしたいということで、千葉県の習志野市にお伺いしたいかなと思っております。それが1件でございます。  

志免町議会 2017-03-08 平成29年第2回 3月定例会-03月08日−04号

これは、1968年に習志野で始まって、私もびっくりしたんですけど、中核都市と言われる69自治体、全国にアンケートしたところ、その4割、そして2割、6割が、これ、実施もしくは検討なんです。4割も実施してんですよ。北海道なんかというのは、もう3割以上のところが実施してる。全国的にも非常に実施してると。いろんな、何らかの形で。これは、町内会が必要とするからするんじゃないんですよ、これは。

田川市議会 2016-12-08 平成28年第5回定例会(第2日12月 8日)

それが千葉県の習志野市でございます。  先月、厚生委員会としてこの習志野方式と言われる発達障害の取り組みを視察をさせていただきました。習志野市では既に昭和30年代には複式簿記、発生主義によるバランスシートを作成しており、それを実現したのは当時の白鳥市長という方でございます。習志野市の初代市長で、もともとは建築学が専門で、工学系の人で卓越した行政手腕の方だったそうでございます。

宗像市議会 2016-09-29 宗像市:平成28年第3回定例会(第6日) 本文 開催日:2016年09月29日

例えば習志野市のように、市の資産や負債の状況をまとめた財務報告書を作成し、市民との座談会を行うなど、財務情報を市民にわかりやすく知らせる工夫をしている自治体もあります。  市の財務情報について、もっと積極的に市民と共有する取り組みを検討していただきたいと思います。  

宗像市議会 2016-09-06 宗像市:平成28年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2016年09月06日

そして昨年の7月23日には、これは杉下議員と岡本議員と私が同行しまして、この地方公会計制度を平成19年度から進めています、先進自治体と呼ばれています千葉県の習志野市を視察させていただきました。そのときに、この「公会計が自治体を変える!」という本を書いた方が、宮澤さんというんですけどもここの会計管理者でして、直接いろいろとアドバイス等をお受けすることができて、大変参考になったところです。

福津市議会 2015-09-10 平成 27年 9月定例会(第4回)-09月10日−04号

習志野市でちょっと学んでまいりましたけれども、そのために人材的なものとしては、まず専門的な知識として、簿記2級以上の資格、またはこれに相当する知識が必要だろう。また次に実務的な経験者であること。つまり予算、決算事務を経験し、決算書の内容を理解できる職員であること。最後に係長として配置されることが望ましい。

宗像市議会 2015-09-03 宗像市:平成27年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2015年09月03日

また、私は、先々月ですか、習志野市に視察に行かせていただきました。習志野市が、この地方公会計制度の先鞭、いわゆる先駆的なリーダーをやっているということで行きました。  ここに「公会計が自治体を変える」という著書がありますけども、この著者は習志野市の会計管理者の宮澤さんという方、我が市では小田会計管理者と同じ職責の方が、この著書を著しているわけですけれども、いろいろと勉強させていただきました。  

北九州市議会 2015-03-04 平成27年 3月 定例会(第1回)-03月04日−03号

実際に公共施設マネジメントで先行している千葉県習志野市でも同様の手法がとられています。このプロジェクト事業が全市のお手本となるような重要な計画となることを期待して2点質問いたします。  1点目に、地域の実情や特徴などをどのように酌み取ってモデルプロジェクトに反映しようとしているのか。  

行橋市議会 2014-12-08 平成26年12月 定例会(第13回)-12月08日−02号

そして最後になりますけども、このオストメイト対応トイレと安心して外出するために、ということで、オストメイトトイレが一番初めにできたというのが、潰瘍性大腸炎のためにオストメイトになられた方、千葉県習志野市の女性の方が平成7年1月に発生した阪神大震災で、オストメイトの惨状を聞いて、私も何とかしなければならないとの思いで、オストメイトの理解と、オストメイトはトイレが必要なんですという、そういうことを訴える

糸島市議会 2014-06-16 平成26年 第3回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2014-06-16

それと、3番目は、その翌日の5月24日、土曜日に視察に行った千葉県習志野市の秋津小学校の写真です。ここですね、ベッドタウン化して非常に1,150人まで膨れ上がったんですけど、児童数が急に減少して、300人台になった二十数年前から(発言する者あり)はい、そのためにやっております。あいた教室4つを地域に開放して、約40の団体が365日、朝の9時から夜の9時まで利活用されております。

小郡市議会 2013-06-21 平成25年 6月定例会-06月21日−06号

また、千葉県の習志野市長も国の削減要求には応じないとして、減額しない場合、影響は少なからずあるのだろうが、市民サービスを担う市職員の仕事は多岐にわたり、仕事量も多い。意識や生活面を考えると、はい、そうですかとはしたくないと述べたと報道されています。そこで、交付税を一方的に削減して方針を事実上強要するような国の理不尽なやり方は地方自治を冒涜するものであって交付税の財源保障機能を否定するものです。

大野城市議会 2013-06-13 平成25年第3回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2013-06-13

290: ◯1番(松田美由紀) 待機児童のカウントというのは各自治体に任されているものですので、例えば習志野市や市川市は、休職中であっても待機児童にカウントしておりますので、ご検討をよろしくお願いいたします。  平成24年3月定例会の答弁で、本市の保育園の待機児童数は、平成25年から26年がピークであろうと言われていましたが、現時点は予想どおりでしょうか。その点をお願いいたします。

  • 1
  • 2