390件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

行橋市議会 2020-12-20 12月20日-05号

まず、総論賛成ではあるが、実施日まで一定の期間があるので、今後考慮、または是正すべき点について指摘をさせていただきます。 まず、初めにこの条例は令和3年度より適用されるにもかかわらず、一体なぜこの時期に提案してきたのか、という部分でございます。

行橋市議会 2020-12-10 12月10日-03号

総論としては、全く異論はございません。以上です。 ○議長田中建一君)  大池議員。 ◆13番(大池啓勝君)  そうしたら簡単に市長の答えをいただきましたので、豊かな生活ができるまちづくり、先ほどからいった農業とか漁業ということでありますので、産業振興部長にお尋ねいたします。どのように考えていますか。 ○議長田中建一君)  鹿島産業振興部長

みやこ町議会 2020-06-21 06月21日-04号

この大方針ですね、選択集中、これは恐らく総論賛成だけども、各論反対になりやすい方針だと思います。やはりそれぞれ皆さん立場もあるし、抱えている課題、自分担当もあるので、うちはもうしないのかとなると、やっぱりがっかりきますので、そこにはやはりそれに関係する住民の皆さんもいるでしょうから、選択集中というのは、やはりこれも難しい方針であります。 

小郡市議会 2020-06-18 06月18日-03号

◆5番(高木良郎議員) 部長としてはそういう答弁しかできないんでしょうが、基本的にはこういうことをやるときには総論賛成するんですよね。だけど、具体的になったときに各論反対になるんです。だから、それはぜひ不退転の覚悟でやっていただきたいなと思います。 それでは、次の関係ですが、いわゆる市長のマニフェストの関係でいろいろ出ましたので、先ほどの立山議員質問にもありました。

北九州市議会 2020-03-27 03月27日-05号

総論賛成各論反対、あるいは総論反対各論賛成、各議員はどのような賛否態度を示すのか、いつも大変に悩むところでありますが、今回私は、反対立場から討論をいたします。 2月25日に行われた市長予算説明は、新型コロナウイルス感染拡大危機の中、刻々と変化する状況を差し引いても、楽観的と思わざるを得ませんでした。

古賀市議会 2020-03-25 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第4日) 本文

総論的には疑問の余地はそうありませんが、私が最大気になるのは人権センター費に含まれました同和地区活動補助426万3,000円について、これのみ言及いたします。端的に言いますならば、古賀補助金等検討委員会からのこれまでの同事業への答申がそろそろ尊重されて施策に反映されてしかるべきではないかとの素朴な思いからでございます。  2011年3月に古賀補助金等検討委員会最終答申がありました。

行橋市議会 2020-03-02 03月02日-02号

昨日、最終日を迎えました、まちなかプロジェクト彫刻先生方が来られて滞在して彫刻をするという行事があるんですけれども、これに際しまして、城戸議員が最初から最後まで物理的な力を含めて大変な御尽力をいただいた、というぐあいに聞いておりますので、質問の趣旨が子育てということであるやに伺っておりますので、まさに子育てというものは、あらゆる面で市とか市民が関わっていけるんだということを、総論的に申し上げまして

春日市議会 2020-01-31 令和2年総務文教委員会 本文 2020-01-31

◯委員岩切幹嘉君) 基本的な考え方を中心にちょっとお伺いいたしますけど、まず、この上位計画に基づいて5年計画見直しということでありますが、御説明があったように、多分これはほかの自治体においてもですね、公共施設の縮減というのは、その方向性を持って今取り組んでいるところとは思いますが、これは人口減少に伴い財政も厳しくなってきているということで、どこの自治体も同じと思いますが、そういった意味では、総論

久留米市議会 2019-12-18 令和元年第6回定例会(第6日12月18日)

まさに、総論賛成各論反対部分です。  だからこそ、当時の行財政改革調査特別委員会委員10名は、自分所属会派でさまざまな調整を行い、具体的な公共施設施設名を入れることに腐心し、「久留米市勤労青少年ホーム中高年齢労働者福祉センターなど市中心部施設については、施設機能集約化を進めること」、そのような提言を市議会として導き出したわけであります。  

遠賀町議会 2019-12-11 令和 元年第 7回定例会−12月11日-03号

ですから、当然、ご存じだと思いますが、認知症サポーター養成講座というのは、認知症全般について、いわば総論を学ぶ研修でした。個々の方々に対する対応というのは行われていません。  10月のカフェのことですが、参加者の中には涙を流しながら心の中を吐露されている方がおられました。私、この様子を見ていて、こういったときにはどのように対応すべきなのか、正直はらはらしながら見ていました。

大野城市議会 2019-09-19 令和元年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-09-19

701: ◯18番(関岡俊実) この議題の中に言う南ルートの開設というのは、コミュニティバスに限らず総論として交通体系検討をこれからしていくという内容で理解をしてよろしいんですか。 702: ◯議長山上高昭) 建設環境部長。 703: ◯建設環境部長高原正宏) お答えいたします。

久留米市議会 2019-09-09 令和元年第4回定例会(第2日 9月 9日)

確かに私は総論的には賛成立場をとっていますが、そう簡単なものではなく、私なりに将来の城島地域子供たちのことを考えた上での回答でした。私は入学式で1人で入場する子供を見て、複式学級の現実を実感させられました。  複式学級とは、例えば一授業時間の中で前半が3年生の授業ならば4年生は自習の時間で、後半は逆になるという2学年の授業を同時に行うことです。

宗像市議会 2019-09-06 宗像市:令和元年第3回定例会(第5日) 本文 開催日:2019年09月06日

◯伊豆市長  それでは、私から(1)(2)の福岡教育大学が果たした役割と現状把握について、総論的に一括してお答えし、教育面については教育長よりお答えします。  現在、福岡教育大学がこの宗像市にあるのは、まさに出光佐三氏の並々ならぬ御尽力のおかげであることは、議員を初め皆様御承知のとおりでございます。

春日市議会 2019-07-29 令和元年総務文教委員会 本文 2019-07-29

すなわち、地域で子どもを育てる必要性高齢者をみんなで支えるという、そういった部分については理解がある一方、お隣近所といいますか、そういった交流については低下する意識、ここら辺はある意味総論各論になろうかと思いますけども、こういったのが調査分析から出ておるところでございます。  次のページをお開きください。  企業意識調査調査結果の一部を抜粋して御説明させていただきます。  

久留米市議会 2019-06-14 令和元年第3回定例会(第4日 6月14日)

まず、総論といたしまして、やはり交通政策は非常に重要であります。特に、これから高齢化社会につき進んでいきますから、これまで自動車を運転できた方が運転できない、もしくは運転したいんだけど危ないと、こういった状況がありますから、こういったことに対して対処していかないといけないと思います。  

宗像市議会 2019-06-05 宗像市:令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月05日

◯伊豆市長  私からは総論的にお答えし、各論については担当部長からお答えさせていただきます。  宗像市は、犯罪被害者等基本法が施行されてすぐに、宗像犯罪被害者等支援に関する条例を制定し、犯罪被害に遭われた方の支援に取り組んでまいりました。条例制定後、犯罪に遭ってけがをされた方等への障害見舞金を支給した事例も実際に発生しております。