7880件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-25 令和元年 9月定例会 (第6日 9月25日)

当然、市内事業者への発注ということが義務づけられておりますので、まさに循環型地域経済のお手本のような事業だろうと思いますし、まだまだ予算を使い切っても申請がある状況もあるというふうにお聞きしております。  これも以前から言い続けておりますが、先ほど答弁でもトイレ改修含む下水の工事が36%を占めております。下水のつなぎ込みへの促進という点からも非常に重要な事業だろうと私考えております。  

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

いわゆる私たち、私も会社を経営しておりましたが、この会社に仕入れの能力経済力がないということがこれでわかるわけです。お金がなくて自転車操業であったのではないかと推測できるんですが、常識的には、私としてはこういったことは考えられません。仕入れる金がないから先に前払いをしてくれ、こういったことは非常に契約上も問題があるのではないかと思います。  

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

どうしてそのように感じるのかなと自分自身考えましたところ、これは所信表明でも市長がおっしゃっていらっしゃったと思いますが、まず、産業を発展させることによって経済の好循環を生んだりと、それから雇用を生んだりというような好循環を生み出し、その好循環がまちを活性化させて、最終的にいろんな仕事やものや人が直方に入ってくることによって直方が全体的に浮揚していくというふうなベクトルが、市長の政策の方向性、ベクトル

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

安倍政権は1億総活躍社会の実現に向けて、希望を生み出す強い経済成長戦略を含む従来の3本の矢を強化、夢をつむぐ子育て支援、安心につながる社会保障、生涯現役社会の構築からなる新3本の矢を一体的に推進し、成長と分配の好循環を強固なものにしようとしております。  さて、直方市に目を転ずれば、大塚新市長誕生2回目の本会議を迎え、市長は投資のないところに成長はないと政治信条を述べられております。

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

第3条、一般原則では、法改正に合わせて特定教育保育施設等は、子どもの保護者経済的負担の軽減について適切に配慮することを目指すことを追加するものでございます。  第5条から第11条では、「支給認定」から「教育保育給付認定」の用語の変更でございます。  33ページをお願いいたします。  

直方市議会 2019-07-11 令和元年 6月定例会 (第6日 7月11日)

平成27年10月1日に消費税率が8%になって以降、経済や生活に与える影響が懸念されたため二度にわたって増税が先送りされていましたが、社会保障の安定財源の確保等を図る税制の抜本的な改革を行うための消費税法等の一部を改正する等の法律に基づき、本年10月1日より10%に引き上げが予定されていることに伴い改正するものであることから、原案のとおり可決すべきものと決定したのであります。  

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

それで、今の経済状況でやっぱり市民負担はなるだけ抑えていただきたいというところがあるわけですが、過去には、今、課長が答弁ありましたように、非常に細かい使用料等は増税に至っても、端数の関係で10円未満とか、そういったことで事実上端数処理をして据え置きといったような措置も過去にはとられたようにも聞いております。基本的には、できれば今回もそういう措置がとれなかったのかなあと。

筑紫野市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第5日) 名簿 2019-07-04

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(13名)    市長 ………………… 藤田 陽三君   副市長 ……………… 藤木 正文君    教育長 ……………… 上野二三夫君   企画政策部長 ……… 宗貞 繁昭君    総務部長 …………… 桑野 晋一君   市民生活部長 ……… 八尋  剛君    健康福祉部長 ……… 楢木 孝一君   建設部長 …………… 森下 義明君    環境経済部長

筑紫野市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第5日) 本文 2019-07-04

最後に、環境経済部門では、ごみ減量対策事業に関して、レジ袋削減の啓発など、ごみ減量対策にどのように取り組むのかとの質疑があり、市内の大量排出事業所に対してごみ減量に向けた計画書の提出を指導したり、マイバッグの持参率を上げるため、市、ごみ減量推進連絡協議会、事業者の3者間で協定締結するなどしており、それらを継続することで、ごみ減量に向けた意識の向上に努めていくとの答弁がありました。  

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

家庭経済状況によって提供される保育内容に差が生じたり、大人同士の関係でのゆがみが子供の生活に影響を及ぼす、こういったことが絶対にあってはなりません。こうした点からも、きめ細かな説明会等実施していただくとともに、保護者や現場の混乱を少しでも解消できる手だてを細やかにとっていただきたい。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

なお、観光消費額も同様の状況であるために、観光客数の増加が実現すれば、地域経済に広く波及し、地域における生産品の需要増や雇用の創出にもつながると考えております。  また、本年5月6日の西日本新聞の記事において、太宰府観光推進基本計画策定協議会の大江会長が、次のように述べておられました。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 名簿 2019-07-01

地方自治法第121条により説明のため出席した者の職氏名(23名)    市長 ………………… 藤田 陽三君   副市長 ……………… 藤木 正文君    教育長 ……………… 上野二三夫君   企画政策部長 ……… 宗貞 繁昭君    総務部長 …………… 桑野 晋一君   市民生活部長 ……… 八尋  剛君    健康福祉部長 ……… 楢木 孝一君   建設部長 …………… 森下 義明君    環境経済部長

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

普通、これ、資本主義経済の中では、投資して人や物を動かして、そして、さらに大きなものとして戻ってくるというのが投資ですので、と思います、通常の一般的な意味では。ですから、投資をしないところに成長はないと。まさに本当にそのとおりだなというふうに思って、おっというふうに思いました。  そこでなんですが、この投資、投資といってもいろんな分野に投資をしていかなければならないというふうに思います。

田川市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第3日 6月28日)

(「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(北山 隆之 君) 建設経済部長。 ○建設経済部長(原 衆一 君)  外部組織の田川伊田駅舎施設運営権者選定評価委員会でございます。以上でございます。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(北山 隆之 君) 小林議員。 ○議員(小林 義憲 君)  何人入っていると。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(北山 隆之 君) 建設経済部長

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

ここを一定強化しながら域内での経済循環をしっかりしたものとすることが肝要であると考えています。  次に、AIやさまざまな「モノ」がインターネットにつながるIoTなどのIT先進技術を既存産業界に取り組むことを積極的に支援すると同時に、これら先進技術を担う企業誘致を積極的に展開していきます。こうした産業こそ若い世代が担う産業であり、所得の高い産業群でもあるからです。

春日市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第4日) 本文 2019-06-25

待機児童は一般に国の社会情勢や経済活動などにも影響されますが、加えて春日市子育て支援や教育面などで住みやすいまちだと、不動産インターネット情報などで高評価をいただいていることもあり、子どものいる世帯の転入が他の自治体に比べ多くなっております。市長の答弁にもありましたように、保育の受け皿を平成11年度から2倍以上拡大しておりますが、待機児童の解消には至っておりません。