211件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-12-02 令和元年12月定例会 (第2日12月 2日)

今後、さらに高齢化希薄化に伴う自治会組織の低下が懸念されており、防犯灯設置数は増加するということであれば、また自治会負担世帯が減少した場合については、自治会加入世帯負担がふえることが考えられます。  また、自治会加入者と未加入者との不公平感も問題視されているところでございます。

直方市議会 2019-09-18 令和元年 9月定例会 (第3日 9月18日)

自主防災組織組織につきましては、世帯ベースで49.9%、自治会組織数ベースで58.5%となっております。以上でございます。 ○13番(紫村博之)  茨城県の水戸市では、地域住民による自主防災組織市内地区で設置し、その全地区地区防災計画を策定しています。計画づくりに当たっては、市職員と二人三脚で取り組んだそうです。共助による防災力向上の分野でリーダーシップが発揮されているのが防災士です。

福津市議会 2019-09-02 09月02日-01号

自主防災組織組織は、平成31年3月末時点で84.3%であり、未届け地区福間地区で1地区上西郷地区で5地区津屋崎地区で15地区となっている。 しかしながら、過去に届け出た地域防災組織は、ほとんどが郷づくり推進協議会単位であり、自治会単位による自主防災組織が設立されていないため、自主防災意識も十分ではない。

みやこ町議会 2019-03-14 03月14日-04号

あと自主防災組織が、組織をいただきました。この連携のあり方を今後、今、組織が31.35%ということですけど、この組織をどう上げていくのかがまず1点ですね。 それから、やはりその中でも備蓄倉庫とか、そういう準備のあり方、そういうのをどういうふうに検討されているか、お伺いをいたします。 ○副議長柿野義直君) 山見総務課長。 ◎総務課長山見紀幸君) ただいまの御質問にお答えします。 

直方市議会 2019-02-25 平成31年 3月定例会 (第2日 2月25日)

昨年、平成30年4月現在の防災組織では、直方市では49.68%、全国平均は82.7%と答弁がありました。公助が行き届かない段階で防災組織が大きく効果を発揮している報道も目にいたします。その地域防災組織づくりは大変重要な取り組みと思いますが、実は、ある地域自治区長さんとお話しすることがありました。この自治区の公民館指定避難所になっているんですね。直方市の47の指定避難所一つであります。

行橋市議会 2018-12-10 12月10日-02号

現在、自主防災組織組織は、66.6%。要支援者台帳登録数は、50.3%。これは非同意者を除いたところの数字でございます。実際、目標指標70%としてございますので、この目標に向けて努力をしているところでございます。もう一つ、先ほどの地域防災力向上としましては、平成29年に行橋、それから内閣府主催による地震・津波の防災訓練も行ってございます。

福岡市議会 2018-10-11 平成30年決算特別委員会第1分科会 質疑・意見 開催日:2018-10-11

町内会仕事が余りにも多過ぎるため、誰も役員を引き受けようとせず、組織も減少してきている。防災防犯、助け合いについて、必ずしも町内会が担わなくてもよい仕事がある。町内会にしかできないことはコミュニティ意識を育むことと考えており、これは行政の基盤となるものである。

直方市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会 (第4日 9月21日)

平成30年の4月1日現在の組織につきましては49.68%となっております。全国平均については82.7%、これに比べますとかなり低い状況でございます。以上です。 ○12番(阪根泰臣)  全国平均、これも自治会に入ってない方が多いのに、一つの目安にしかならないかもしれませんけどね。ただ、やはりこのエリアというか、そういうエリアの見分けはできるのかなあと思うんですよね。  

大野城市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2018-09-21

本市自主防災組織はどうあるべきか、また組織現状について伺いたいです。 557: ◯議長白石重成) 危機管理部長。 558: ◯危機管理部長伊藤廣高) お答えいたします。現在、自主防災組織市内27区全てでつくっていただいており、昨年度は、27区中24区で避難訓練等防災活動を行っていただいております。  

大野城市議会 2018-09-21 平成30年第3回定例会(第4日) 名簿 2018-09-21

本市自主防災組織はどうあ │ │         │            │   るべきか、また組織現状について、伺いた │ │         │            │   い                     │ ├─────────┼────────────┼─────────────────────────┤ │ 清 水 純 子 │1.支援を必要としている │(1) 「地域子供

宗像市議会 2018-06-21 宗像市:平成30年第2回定例会(第4日) 本文 開催日:2018年06月21日

私は、この自主防災組織がよくないとか、そういう話をしているんじゃなくて、組織100%を標榜するんであれば、その実質をしっかりと担保するためには、地域に任せるだけじゃなくて、市がしっかりとリードをとりますかと、そういう話について少し御答弁いただければと思いますけれども。

福津市議会 2018-03-07 03月07日-03号

高齢化が進んでいく将来におきまして、今まで以上に近助、共助重要性が増すことは間違いなく、今後も自主防災組織組織向上訓練などに積極的に地域と一緒に取り組む所存でございます。 それでは、6番目に参ります。民間活力の導入について。これも既にお答えしているとこと重複するとこございますが、お答えいたします。 

行橋市議会 2018-03-06 03月06日-03号

ですから具体的に言えば、うちの子どもの学校では日教組はどれくらいだよという話で、また組織も出ていますから、ここの行橋京築地区は特に日教組の比率が高いということが有名とか顕著でございますので、PTAの情報公開という部分で、要望があるのは、私は、これは事実、実態だと思いますけれども、そういうことは公開できるでしょうかと。