8201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-09-20 令和元年 9月定例会 (第5日 9月20日)

推計値につきましては、国立社会保障人口問題研究所が公表しております推計値を引用しておりますが、2040年には4万2,784人まで減少することが見込まれておりました。しかし、同研究所の最新2018年の推計によりますと、2040年には4万8,388人となっており、人口ビジョン策定時と比較しまして約5,600人ほど上方修正となっております。  

直方市議会 2019-09-19 令和元年 9月定例会 (第4日 9月19日)

そのほかには、イオンモール直方が開業する前後や中心市街地活性化施策で2011年に直方駅が新駅舎になる前後におきましては、周辺にマンションが立ち並んだことも大きな要因で、こういうところの施策から買い物環境の向上や働く場の提供、中心市街地の活性化などによりまちの魅力が向上したことによる社会増減の改善が人口に大きく寄与するということが今までの施策で読み取れております。  

直方市議会 2019-09-17 令和元年 9月定例会 (第2日 9月17日)

デフレ、少子高齢化社会の加速、厳しい言葉が今日の日本渦巻いております。バブルが崩壊した91年以降、デフレから一、二%という低成長でもがいております。経営者の方々からは、一生懸命に経営しても下りエスカレーターを駆け上がってやっと現状維持しているような状態ということをよく耳にします。

宗像市議会 2019-09-05 宗像市:令和元年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年09月05日

近年の社会状況は、人口減少とそれに伴う経済産業活動の縮小により税収の減少や、高齢化の進行から社会保障費の増加が見込まれることにより、地方財政はますます厳しさを増していくことが予想されます。このような中、公的不動産有効活用や、高度経済成長期建設された公共施設などの老朽化問題への対応が喫緊の課題となっています。  

宗像市議会 2019-09-02 宗像市:令和元年第3回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年09月02日

今後、福祉医療介護といった社会保障関係経費や公共施設の更新費用などが増加することが見込まれ、財政状況は厳しくなると思われます。このような状況の中で、財政見通しを的確に把握しながら、限りある経営資源有効に活用し効率的な行政の執行確保に尽力するとともに、市民福祉の増進と地方自治の本旨の実現に努められることを切に望むものであります。  次に、平成30年度宗像市下水道事業会計決算でございます。  

川崎町議会 2019-07-22 令和元年度第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2019年07月22日

さらに社会教育では、まず子どものほうでは、子ども議会川崎町の子ども議会は、明日で22回目になりますが、その中で「子ども宣言」を採択いたしました。各学校で、子どもとしてのあるべき姿を追求しています。  子ども議会で提案された個々の課題も町政に反映されました。特に議会の皆さんの御協力で、子どもの森公園は子ども議会での提案に対して応えたもので、今後の活発な活動を期待しております。  

川崎町議会 2019-07-22 令和元年度第4回定例会(第1日) 名簿 開催日:2019年07月22日

………………… 四郎丸史代君  会計管理者 ……………… 中村 三穂君 福祉課長 ………………… 梅田 浩一君  高齢者福祉課長 ………… 渡邊 耕二君 住民課長 ………………… 舩路 隆男君  住民課課長 ……………… 小堤  修君 健康づくり課長 ………… 十時美恵子君  人権推進課長隣保館長… 野村 幸司君 教務課長 ………………… 田村源次郎君  教務課長 ……………… 中村 竜輔君 社会教育課長

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

土木課長(田辺裕司)  8款2項6目の道路新設改良費、委託料ですが、設計業務委託料で、昨年、西日本豪雨に伴い、社会資本整備総合交付金に盛り込まれました道路冠水対策事業を4路線計画しております。  1路線目は山部23号線で、雨水管渠推進工270メーター、開削工40メーターで、設計委託と地質調査業務委託を計画しております。

筑紫野市議会 2019-07-04 令和元年第3回定例会(第5日) 本文 2019-07-04

また、納税の意思はあるが生活が困窮している方に対しては、生活実態に応じて相談しながら納付ができるような対応が重要であると考えるが、どのように認識しているのかとの質疑に対しては、ファイナンシャルプランナーや収納相談員を活用し、納付が困難な方の相談に応じ、あわせて保護課や社会福祉議会などを案内し、収納事務を促進していくとの答弁がありました。  

直方市議会 2019-07-03 令和元年 6月定例会 (第4日 7月 3日)

そのため、フレイル状態を調べるために、東京大学高齢社会総合研究機構で開発されたフレイルチェックを活用し、フレイル予防に取り組んでいる自治体もございます。  また、フレイルは身体的な虚弱のみならず、精神的、社会的な要因も複雑に絡んでおり、その予防として、「栄養」、「運動」、「社会参加」の三つの要素が重要であると言われております。

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

こうした中で、持続可能で安定した社会保障制度の確立が急務となっています。財源に限りがあるといってサービスの見直しや負担増へすぐにかじを切るのではなく、その前に市民一人一人が健康になることにより、充実した人生を送ることができ、結果として社会全体の医療費介護費の削減につながらないかといろいろ試行錯誤していくべきだと思います。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 本文 2019-07-01

なお、文部科学省では、無理に登校を進めるのではなく、児童生徒がみずからの進路を主体的に捉えて、社会的に自立することを目指し、それを推進しております。しかし、社会的自立を目指す中で、学業のおくれによる進路格差が懸念されると思っております。それは、私が通信制の高校に通っていたとき、小中学校不登校に陥った生徒たちがいました。

筑紫野市議会 2019-07-01 令和元年第3回定例会(第4日) 名簿 2019-07-01

│ (1)特別職非常勤職員及び臨時的任用職員の要件の厳格化に向けた進 │ │  │      │  捗状況を伺う                        │ │  │      │ (2)会計年度任用職員職員団体との協議等、制度整備の進捗状況を │ │  │      │  伺う                            │ │  │      │ (3)新任期と前任期の間に、社会保障

直方市議会 2019-07-01 令和元年 6月定例会 (第2日 7月 1日)

特別支援学級に入級している児童生徒の障がいの状態に合わせて学習内容を設定したり、困難さを克服するためのトレーニングを設定したりして、自立と社会参加へ向けた支援を行っております。  また、個別の児童生徒の学習を支援するために特別支援教育支援員を配置いたしております。特別支援学級は、学級定員が8名でございます。

田川市議会 2019-06-28 令和元年第3回定例会(第3日 6月28日)

今後は保護者の期待も日増しに増しておりますし、生徒会サミット等でも子供たちの立派な学校をつくってほしいという願いが強いですので、子供たちの学力、個性、社会性が本当に伸びる新中学校をつくっていくことに、教育委員会、市長部局と一緒になって進めていくように考えております。以上です。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(北山 隆之 君) 柿田議員