10件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

福岡市議会 2004-10-22 平成16年決算特別委員会 本文 開催日:2004-10-22

△ 建設系については、資料を持ち合わせていないが、産業廃棄物の不法投棄については、特に香川県の豊島や岐阜県岐阜市などで大量に不法投棄が発見されたり、本市においても昨年、硫酸ピッチが放置されたりしており、大きな社会問題になっていると認識している。 ◯ 建設系の廃棄物が大体70%弱である。だから、70のうち40%ぐらいは建設汚泥であり、これをきちんと対応しないと産業廃棄物処理がうまくいかない。

福岡市議会 2004-03-09 平成16年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2004-03-09

昨年7月、西区元岡において硫酸ピッチが不法投棄され、マスコミでも大きく報道されましたが、硫酸ピッチの放置は、土壌や農業用水に悪影響を与えるおそれがあるなど、市民の生活に安全確保という面で重大な問題であるばかりでなく、その処理についても多大な経費が必要であり、今回の件は行政代執行という形でその処理に多額の税金が投入されました。

福岡市議会 2003-12-11 平成15年第6回定例会(第3日)  本文 開催日:2003-12-11

また、不法投棄の中でも、特に軽油を密造する際に発生する有害な物質である硫酸ピッチの不法投棄が全国的な問題となっております。もともと硫酸ピッチは、これが漏出すると高濃度の亜硫酸ガスなどが発生することから、これを不法投棄されたり、十分な管理がされないまま放置されれば、高濃度の亜硫酸ガスが漏出する危険性が高く、周辺の生活環境に重大な支障を生じ、住民にとっても大変危険であります。

直方市議会 2003-12-05 平成15年12月定例会 (第4日12月 5日)

県の分析結果では、このドラム缶の中身は硫酸ピッチらしいとのことで、強い酸性の物質で、触れたり目の中に入ると危険性の高い産業廃棄物とのことでした。この件については、福岡市でも同じ業者が4月ごろより硫酸ピッチ入りのドラム缶を放置し、10月中旬に福岡市行政代執行を行ったとの新聞報道があったところであります。

直方市議会 2003-12-03 平成15年12月定例会 (第2日12月 3日)

例えば今回、直方市において大きな問題であります、永満寺山中に放置されています硫酸ピッチの問題にいたしましても、担当であると思われます環境整備室にお尋ねいたしますと、「うちでは全然わかりません、全くわかりません」とのことでした。このような対応で、市民の皆さんが納得される対応と思っておられるのでしょうか。このような対応が市民にやさしい行政だと言えるのでしょうか。

  • 1