184件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

遠賀町議会 2020-03-05 令和 2年第 2回定例会−03月05日-03号

健康的な生活水準を維持するためには、たとえ過疎地帯であっても病院は必須であり、田舎の小病院がなくなったら生活基盤が崩壊し、そこには住めなくなってしまいます。病院を取り巻く喫緊の課題は、小規模病院の数を減らして無医村を増やすのではなくて、むしろ過疎地に住んでいても医療の恩恵を受けることができるように、田舎の小さな病院を大切に育てることではないでしょうか。

糸島市議会 2019-12-11 令和元年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2019-12-11

住んでいる私たちにとりましては当たり前に思っている田舎の風景、古い建物とか、都会から訪れる方にとりましてレトロな思いをしたりする癒やしの空間であったり、また、今は糸島ブームと言われていますけれども、古民家をリノベーションしたり、そのような場所でカフェやさまざまなお店などを始めたいと思われる方も大変多いと聞いております。そのような側面からの利活用なども研究をしていただきたいと思います。

久留米市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第2日12月 6日)

ニューヨークとかロンドンだけではなくて、アメリカの例えば田舎町、どうも日本と風景が違うんです。よく見たら、やはり電柱がないと、無電柱化というのはやっぱり非常に景観もすばらしいんじゃないかと。それから20年以上たちますが、日本で無電柱化の動きもございます。実際に、無電柱化している都市としては、恐らく京都なんかはそうじゃないかと思います。非常に景色がいいんですね。

宮若市議会 2019-09-12 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年09月12日

田舎には戻ってこないというふうな結果がどんどん生まれてくるでしょう。そうしたときに、ますます増える空き家が出てくることだというふうに思います。  宮若市の将来を考えたときに、環境保全の観点から、この空き地、倒壊空き家について、行政の考え方を伺いたいというふうに思います。よろしくお願いいたします。

田川市議会 2019-09-05 令和元年第4回定例会(第2日 9月 5日)

での質の高いプログラミン教育の実施、これについては指導体制の確保、社会との連携、協働が必要不可欠であり、隔たりなく可能となるような官民連携したコンソーシアムと、外部からの学校サポートをしやすくするような体制、そしてノート型パソコン、コンピューター、タブレットの配付、無線LAN環境安全性の確保されたネットワークの構築と、これらのインフラ整備については、予算措置を着実に進めなければ、都市部、私どもの田舎地域

宗像市議会 2019-09-03 宗像市:令和元年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年09月03日

このように、ここは昔、陸の孤島と言われていまして、大隅半島には誰も来ないと、昔はそういった感じだったんですけれども、今では産官学連携によりまして一大生産地帯になっているんですよ、こういう田舎がですね。それで、やはり本市におきましても、非常にいろんな県とか国の支援をいただきまして、稚魚の放流、藻場の再生等も行っていまして、また、地島においては桟橋もきれいになったし、離島体験交流施設もできました。

直方市議会 2019-06-28 令和元年 6月定例会 (第1日 6月28日)

福岡市北九州市という両政令市の間にあり、高速道路鉄道等へのアクセスのよさから、空港新幹線へのアクセスにも恵まれ、都会ではないが田舎ということでもない、ほどよい位置関係にあると思います。この立地環境を生かしたまちづくりが求められます。  そうした中、唯一公共交通の結節点から離れ、連携機能が欠如しているのが筑豊電鉄だと思っています。

古賀市議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

実際、私の父も田舎暮らしのため、運転免許はまだ返納していません。自主返納を勧めているのですが、今度まではとまだ返納していないので、とても心配しますし、心苦しく思います。  私は今、夫の両親と同居していますが、これから向き合っていかなければならない高齢者福祉介護は、他人事ではなく自分事です。高齢者を取り巻く社会環境に対する皆さんの注目度はますます高まっていくのではないかと思います。  

宗像市議会 2019-06-05 宗像市:令和元年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年06月05日

これは市民環境への感覚、環境への理解ですね、これも非常にすばらしいもので、毎回感動を覚えるんですけども、まあ、久原は田舎だからそんななのかなとちょっと思ったりもします。ほかの地区も含めて、市民自然環境に対する感覚は、環境セクションとしてはどのように感じるかお答えください。

宗像市議会 2019-02-27 宗像市:平成31年第1回定例会(第3日) 本文 開催日:2019年02月27日

そんなに宗像市は田舎ですかね。給料が、近隣の自治体と変わるとは私は思っておりませんが、そういうことで、20%から0%の間で8区分に設定していると。その8区分の中の一番下の補助金が少ないのが宗像市なんですよ。これは、このまま放置しておいてはいけないと思うんですよ。ずっと、手つかずの状態が続いております。  地域区分について、試算した資料があります。

春日市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第4日) 本文 2018-12-13

これはちょっと田舎温泉地にですね、私が行ったときに、この椅子の昇降式の機械がありました。階段の横に手すりに沿ってですね、つけていると、やっぱり狭くなります。なりますが、これに乗せるまでに、また人的体力ちゅうか、人が要ります。またおろすときにも人が要りますので、これはやっぱり公民館にはなじまないと思います。これは一人だけの運搬ですから。

糸島市議会 2018-09-18 平成30年 決算審査特別委員会(第3日) 本文 2018-09-18

そして、お年寄りを田舎に残して働いていらっしゃる方は、極端に言えば、日々の様子を知りたい、電話でもあるんだけれども、そういうのでこれが脚光を浴びているんじゃないかと。お墓は、彼岸とか、お盆だとかでいいんです。それよりもっと身近に、毎日でも毎月でも様子を知りたいというので差が出ているんじゃないでしょうか。一般質問じゃありませんので、これで終わります。  

宗像市議会 2018-06-22 宗像市:平成30年第2回定例会(第5日) 本文 開催日:2018年06月22日

田舎暮らしの本」っていうのがあるらしいんですよ。それで、「住みたい田舎ベストランキング」で全国で総合2位なんですよ、この市が。初回から6年連続ベスト3に入っています。なぜこの豊後高田が子育て世代に人気があるのか。ことしの4月からは、高校生までの医療費の無料化が実現します。それから、幼稚園から小中学校の給食の無料化が実現されることが決まりました。  市レベルでは全国初なんですよ。

糸島市議会 2018-06-12 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2018-06-12

そのような中で、取り組みの進め方としては、商品とその商品に関する情報、例えばですけれども、太モズクであれば、糸島が福岡で初めて安定養殖に成功しましたとか、天然マダイであれば、漁獲量6年連続糸島市が日本一であるとか、移住関係であれば、子育て世代が住みたい田舎ナンバーワンである、そのような情報も一緒に売り込んでいく。それともう一つは、ターゲットに適した媒体で宣伝をしていく。