217件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

古賀市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

中村哲さんは、アフガニスタンの貧しい人々に寄り添い、人々の生活を支えるために各地に井戸を掘り、農業用の用水路を整備し、荒れ地を緑豊かな農業に適した地につくり変えるために、農業基盤の整備やかんがい事業、貧困からの脱却のために学校建設病気やけがへの医療的な支援などに取り組まれ、現地での活動の中心的な役割を担い、精神的なよりどころとして奔走していらっしゃいました。  

久留米市議会 2019-12-10 令和元年第6回定例会(第4日12月10日)

ことしで23回目の上演を迎えたとこしま堰物語は、子供たちが、農作物の栽培における干害に苦しんだ300年前の歴史学び農業用水路のための床島堰を実際に見て学び、劇として上演をするものであります。  先人たちのおかげで、今の北野地域農業振興地域として、今なお農業が盛んであります。このようなことも含め、子供たちはとこしま堰物語を通して、多くのことを学び、卒業していきます。  

直方市議会 2019-12-04 令和元年12月定例会 (第4日12月 4日)

この支流、東校区であれば、例えば近津川とか、あるいは用水路とか、小川とか、そういうのが全くわからないんですよ。普通の、これでぽっと見たら、白、同じ白で書いてありますので、どこが道でどこが水があるとかとかいうのがわからない。立派なもんなんですけどね。それまで私何も考えてなかったんですが、この前、東日本のあれで初めてそこで気がつきまして、あっ、これはやっぱりちょっと変える必要があるんでないかと。

直方市議会 2019-09-13 令和元年 9月定例会 (第1日 9月13日)

6目災害応急対策費では、3節職員手当等におきまして、出動した職員の時間外手当などで62万7,000円を、また災害応急対策のための修繕料として、7目農業施設災害応急対策費では、用水路のしゅんせつや護岸の修繕、土砂撤去などに1,217万1,000円を、8目土木施設災害応急対策費では、路面の補修や護岸の修繕、土砂撤去、ポンプ仮設費などに943万1,000円を、また12目公園施設災害応急対策費では、11節需用費

直方市議会 2019-07-02 令和元年 6月定例会 (第3日 7月 2日)

しかし、毎年しゅんせつ清掃が必要で直営作業が困難な下排水路や用水路につきましては、4月に業者発注を行い、6月の雨季前にしゅんせつ清掃を完了することとしておるところでございます。  また、下排水路を兼ねました用水路等につきましては、同時期に地元水利組合等によりしゅんせつ清掃を行っていただいております。以上でございます。

筑紫野市議会 2019-06-13 令和元年第3回定例会(第2日) 本文 2019-06-13

老朽化した農業用水路や未整備である農業用水路の維持は、農家にとって負担が大きいものであり、また鳥獣被害は就農意欲をそぐものであります。これらは耕作放棄地の発生要因の1つであり、その対策を急ぐべきだと考えますが、今後の対策をどう考えてあるのか、お尋ねいたします。  次に、項目3、ふるさと納税についてであります。  

川崎町議会 2019-03-03 令和元年度第9回定例会(第1日) 本文 開催日:2020年03月03日

そのためにも農道農業用水路農業施設等の整備や基盤整備未実施農地への整備を行い、借り手農家が効率よく農作業ができる環境の整備を推進してまいります。また、農地の集約化を図るうえで、借り手農家の育成もあわせて重要であり、個人農家の支援、営農組合及び農業法人設立の支援も行ってまいります。あわせて就農相談を行いながら、町有地の貸し付けや国の交付金事業を活用し、新規就農者の確保に努めてまいります。  

直方市議会 2019-02-26 平成31年 3月定例会 (第3日 2月26日)

近年、地域自治区公民館加入率減少や高齢化の影響などにより、以前地域の共助、共助けで行われていた公園用水路などの清掃管理が実施できないケースが多発してきております。結果、公園施設においては、利用に支障を来す状態や景観上の問題が発生し、用水路においては、土砂や枯れ木の詰まりによって雨水のあふれや汚臭発生の原因ともなっております。

直方市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会 (第1日 2月22日)

農林水産業費関係では、ため池や用水路など農業施設の維持費や土地開発公社が保有する上頓野産業業務用団地の残地を自然環境保全用地として買い戻すため、土地購入費を計上いたしております。  土木費関係では、道路維持費や道路新設改良費、下水路整備費などの道路や排水施設等の維持費、砂防費、市営住宅の防水改修費及び河川改修に係る県営事業に伴う地元負担金などの経費を継続して計上いたしております。  

古賀市議会 2019-01-25 2019-01-25 平成30年第4回定例会(第5日) 本文

138 ◯市長(田辺 一城君) 高原議員御指摘のようにですね、特に農業基盤整備は、おっしゃっていただいたように農業用水路とか農道の整備とか、そうしたことももちろんやっていくべきものをどんどん──どんどんというか、限りある中でもですね、やるべきことをやっていかなければならないと認識しています。  

直方市議会 2018-09-21 平成30年 9月定例会 (第4日 9月21日)

施設等の被害につきましては、道路26件、河川5件、ポンプ7件、用水路20件、井堰5件、ため池4件、農道4件、教育施設1件、民地2件の合計74件となっております。以上です。 ○12番(阪根泰臣)  はい、ありがとうございます。被害の状況はわかりました。  それでは、開設した避難所及び避難者数をお尋ねいたします。

直方市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例会 (第1日 9月14日)

11節需用費では、市内各所の用水路等のしゅんせつ、護岸修繕、土砂撤去等農業施設の修繕料で2,538万6,000円、16節原材料費は、堰板等購入費で40万円を計上いたしております。  8目土木施設災害応急対策費では、11節需用費で2,677万6,000円を計上いたしておりますが、市内各所市道等の路面補修や土砂撤去等の公共土木施設の修繕料でございます。  

宗像市議会 2018-07-13 宗像市:平成30年第2回定例会(第6日) 本文 開催日:2018年07月13日

確かに今度の議案の内容としては、里道あるいは用水路、こうしたのを売却をして、ここに大型パネル太陽光のソーラー施設をつくると、前提として売却をすると、こういった問題であります。  私ども日本共産党は、今の地球の温暖化という問題からして、太陽光を設置をするということについては反対もしないし、むしろ賛成の立場で議会では取り組んでまいりました。  

北九州市議会 2018-06-26 06月26日-08号

太陽光発電所等の設置の規制について                 │├──────┼───────────────────────────────────────┤│  第92号  │環境局による山田緑地環境保護の取り組みについて               │├──────┼───────────────────────────────────────┤│ 第129号  │曽根北町7番地東側用水路冠水

遠賀町議会 2018-06-07 平成30年第 4回定例会-06月07日-04号

次に、②の「農地を適正に維持管理するには、町内全域における農業用水路農道等の環境整備が不可欠であり、農業振興地域外である用途地域など、国・県の補助対象から外れる農業用水路農道農地等においても、出来る限り町単独費での適切な支援のお願い。」に対する町長の考えを伺います。 ○議長(古野修) 原田町長。

古賀市議会 2018-03-19 2018-03-19 平成30年第1回定例会(第3日) 本文

先日、古賀市出身の中村哲先生がアフガニスタンでの医療活動や用水路建設などの長年の支援活動に対して、同国から顕彰されておられます。中村先生は、2016年8月6日、リーパスプラザで講演をされました。そのときのお話は、道と食料こそ必要だというお話でした。多くの人命、財産を奪う戦争を否定した日本平和憲法の大切さを強く感じたところです。  

直方市議会 2018-03-02 平成30年 3月定例会 (第5日 3月 2日)

本年度は家屋の物件調査と道路整備に伴う農業用水路布設がえの測量、詳細設計、そして自転車交通に関する計画策定業務を行っております。  平成30年度から32年度にかけましては、家屋移転補償と用地取得及びこれに伴う土地評価などの委託業務を予定しております。  また、32年度から平成33年度の2カ年で工事を行う予定としており、平成33年度末の完了としています。供用開始は平成34年4月となっております。

直方市議会 2018-02-28 平成30年 3月定例会 (第3日 2月28日)

土木課長(高山祐二)  農業施設でありますため池、農道、井堰、用水路、ポンプ等は水利組合にて維持管理をお願いしております。特に、ため池の維持管理に関しましては、草刈りを行う際には、堤体、取水施設などに損傷がないかを同時に点検を行うようお願いをしております。以上です。 ○14番(貞村一三)  ありがとうございます。じゃあ、市内の水利組合の現状を教えてください。