47件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

宗像市議会 2019-02-26 宗像市:平成31年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年02月26日

また、漁業法の改正については、既存漁業者の漁場利用は確保し、利用されなくなった漁場について新規参入者等に漁業を与え、総合利用を図っていく見直し内容となっており、急激な状況変化はないものと考えています。  農業者の支援については、国による直接的な農産物の価格保障や農家への所得補償はありませんが、麦や大豆の生産に対して、諸外国との生産条件格差を補填する経営所得安定対策交付金制度があります。

北九州市議会 2017-06-14 平成29年 6月 定例会(第2回)-06月14日−04号

護岸工事は、大量の石材などを海中に投じることで海底面を変更させる岩礁破砕行為であり、漁業の設定されている漁場では知事の許可が必要であります。その許可は本年3月末に期限が切れており、護岸工事の着手は明白な違法行為であります。政府はこれまで、漁協が漁業を一部放棄しただけでは、漁業は自動的に変更されるわけではないとしており、漁業の変更には知事の免許が必要であります。

福岡市議会 2016-12-14 平成28年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2016-12-14

アサリの採捕については、室見川河口など漁業のない区域でのルールマナーが守られていません。また、税金で放流したアサリを業者が採捕し、出荷することはおかしいと考えます。市民へのルールの徹底やマナーの啓発を行うことが、業者への違反行為への抑止力となると考えることから、県とも協議し、じょれん禁止区域を広げ、それを示す看板の設置など規制やルールを設定されることを要望します。  

福岡市議会 2016-10-18 平成28年決算特別委員会第3分科会 質疑・意見 開催日:2016-10-18

30 [質疑・意見]  室見川のアサリの潮干狩りは市民の憩いの場であるが、内水面の漁業がなく、管理者もいないため、じょれんの使用や30ミリ以下のアサリの採捕など、ルールマナーが守られておらず、また、知られていない。税金でアサリの放流を行っているため、アサ保護の啓発や環境保全を徹底してほしいが、所見を尋ねる。

宗像市議会 2016-06-02 宗像市:平成28年第2回定例会(第2日) 本文 開催日:2016年06月02日

漁業は一応、県のほうでいろいろ協議されていますので、ここに筑前海区、これは刺し網、カレイ網のことなんですけど、大島の沖のところからこのあたりはD区域、カレイ、ヒラメ、大島、鐘崎、地島と書いてあります。Aは小呂島のあたりで、カレイ、雑魚と書いてありますね。そして、地島の裏側ですね、カレイ、ヒラメは芦屋、波津、柏原というのかな、と書かれている。

行橋市議会 2015-12-07 平成27年12月 定例会(第17回)-12月07日−02号

漁業については、法論拠はあるでしょうか。 ○議長(宇戸健次君)  山本副市長。 ◎副市長(山本英二君)  漁業については、法論拠があると認識しております。 ○議長(宇戸健次君)  小坪議員。 ◆2番(小坪慎也君)  本来、問おうかと思いましたが、具体的には昭和24年12月15日法律第267号でございます。この免許等々は、公からの許認可を受けております。  一般論としてお伺いします。

福岡市議会 2015-09-16 平成27年第3委員会 開催日:2015-09-16

238 ◯ 運航計画には、可能な限り海上を飛行するよう事業者へ理解を求めていくとあるが、漁業のない博多湾側はともかく、漁業で生計を維持している玄界灘側の漁業者に与える影響は非常に大きいと考える。ヘリコプターは定期運航ではなく、事件事故の際は一斉に飛行するため、特に夕方から夜間にかけての光は、漁業関係に多大な影響を及ぼすおそれがある。

福津市議会 2015-09-10 平成 27年 9月定例会(第4回)-09月10日−04号

それと、先ほどの答弁漏れでございますが、アサリの禁漁区の設定でございますが、前回も一般質問でいただきましたけども、入海につきましては漁業は設定されておりますが、アサリのいわゆる潮干狩りにつきましては、漁業の行使をされてなく、黙認されているというような状況で、これを急にシャットアウトするというのは、なかなか難しいというお話は漁協のほうからお伺いしております。  以上です。