41件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2017-09-22 平成29年 9月定例会 (第4日 9月22日)

そのような中で、本市でも近年生活が便利になった一方で、生活雑排水による河川湖沼、海域など公共用水域水質汚濁は重要な環境問題になっていました。生活あるいは生産活動に伴って生じる汚水が住宅地付近に滞留すると、悪臭が発生したり、蚊やハエの発生源となるだけでなく、伝染病発生可能性も増大します。このため、生活環境を改善するとともに、水質保全の役割を担うために、下水道が必要と判断されました。

春日市議会 2017-03-16 平成29年第1回定例会(第5日) 本文 2017-03-16

27年度の報告では、河川及び湖沼環境調査基準値を超えている項目は、いずれも昨年とすれば、化学的酸素要求量は4倍、浮遊物質量は21倍、全窒素は1.8倍、全リン3.5倍、全亜鉛は1.46倍、大腸菌河川基準値と比較して1.84倍、電気伝導率は2.7倍と、7項目が大きく基準値を超えていると報告されています。

小郡市議会 2013-09-20 09月20日-03号

また、水防計画は64年前の昭和24年に制定された水防法第33条の規定に基づき市内における河川湖沼またため池の洪水等水害に対処し、その被害を軽減することを目的として毎年公開されているものです。したがって、法律の制定は水防法が古いのですけれど、水害に限定した法律よりも災害全般に対する内容が網羅されている点からも、災害対策基本法上位法であると考えられます。

遠賀町議会 2013-03-06 平成25年第 1回定例会-03月06日-03号

一般的に全国の自治体で取り組まれている湖沼…湖とか沼の水質改善策の手法と致しましては、1、希釈…薄めるやつです。それから、2、直接浄化、3、植生利用、4、流動制御、5、底泥対策、6、直接回収、7、その他の7つの改善策があるとのことでございます。  まず、1つ目希釈でございますが、湖沼…湖や沼の水よりもきれいな水を導入することで、池の水に含まれる各種の成分の濃度を薄める方法でございます。  

遠賀町議会 2012-12-12 平成24年第 6回定例会−12月12日-03号

オニバスは水深1メートル前後の水のきれいな池に繁殖するが、全国的には湖沼の埋め立てや水質汚染で減少しており、絶滅危惧種に指定されている。県内では約10カ所の池で繁殖が確認されているとあります。また、そのお隣には、遠賀町指定文化財オニバス天然記念物平成13年11月1日と明記した立て札が立てられております。  

田川市議会 2012-06-19 平成24年第2回定例会(第2日 6月19日)

実は、ここに生活排水河川湖沼、海の水を汚していますという環境対策のほうから出ていますが、チラシが出ています。市長、ちょっとお伺いしますけども、落石防止の看板があったら、どう対応されますか。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(髙瀬 春美 君) 市長。 ○市長(伊藤 信勝 君)  危険な箇所から当然除くのが人間の本能であろうと思います。  

筑紫野市議会 2010-03-16 平成22年第1回定例会(第4日) 本文 2010-03-16

また、県土整備事務所によります山神ダム底質調査につきましては、平成7年から常時監視湖沼として、ダム貯水池水質調査要領にのっとった調査項目調査頻度で実施をされております。具体的な基準値はございませんで、調査データによる底質異常の把握について、経年変化の動向を調査されているとお聞きをしております。  

古賀市議会 2009-12-09 2009-12-09 平成21年第4回定例会(第3日) 本文

そうすると、地下水土壌水湖沼水の割合は極端に少ない量になります。河川の水に至ってはわずか0.0001%に過ぎません。私たちは淡水によって生活水を賄い、農業を維持しているわけですが、その淡水はほんのわずかしかないのです。地球上には膨大な水が存在しているとはいえ、本当に心細い話です。  とは言いながら、それでも膨大な水に悩むこともあります。突然の洪水に翻弄されることも少なくありません。

行橋市議会 2008-09-17 09月17日-03号

3点目の豪雨時の危険箇所につきましては、現在、河川が9箇所湖沼が2箇所、急傾斜地が12箇所、海岸が10箇所の計33箇所重要水防箇所として、本市水防計画に挙げられております。先程ご指摘ございました昭和54年、6・30水害以降、市といたしましても、何とかまちの中に水が多量に出ないようにということで、いろんな計画をし、排水所と言いますか、そういう水をはける対応をしてまいりました。

大野城市議会 2006-03-22 平成18年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2006-03-22

82: ◯建設部長見城良春) 水質改善の件でございますが、水源用湖沼(湖や沼)やダムなどでは、エコテクノロジーによる水環境保全事業として、水の循環施策が行われているようでございますけれども、大野城市規模の池につきましては、いろいろ調査をしましたけれども、まだそういうふうな対策がとられていないところが多いようでございます。  

北九州市議会 2004-03-10 03月10日-06号

家畜を介して変異し、 新種の人のインフルエンザ発生可能性が高いことです。 国立感染症研究所は、 新型インフルエンザの世界的大流行はあり得るとしています。 また、 WHOは、 その場合、 2億5,000万人がり患し、 6,000万人以上が死亡するとしています。  本市には、 11戸、 11万2,200羽の養鶏農家があり、 家庭や学校で多数の家きん類が飼育されており、 市域には大小さまざまな河川、 湖沼