16件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

筑紫野市議会 2018-12-18 平成30年第4回定例会(第3日) 本文 2018-12-18

そのうちの一つの淡路全体の自治体で構成する淡路広域水道組合では、筑紫野市の面積の約6.75倍もありますけれど、人口は約13万7,000人の規模でした。  淡路は水源が乏しく、本州側から水を供給してもらっているので経費が高額であることが大前提としてあり、渇水による断水も多く発生し、平成5年には旧南淡町で299日もの断水が続いたとのことでした。

福津市議会 2016-12-01 平成 28年12月定例会(第4回)-12月01日−03号

この文化伝統を継承するには、さまざまな課題がやっぱり淡路島でもあります。例えば少子化の問題、担い手の減少、次に指導者の高齢化、それから次三つ目は児童生徒の多忙化、また四つ目が取り組むべき学校の課題の多様化、五つ目が学校指導体制の維持、六番目が保護者意識、そして最後、経費・費用が膨大にかかります。

福津市議会 2016-06-16 平成 28年 6月定例会(第2回)-06月16日−01号

淡路島の南部に位置し面積約230km2、人口約5万人。  人形浄瑠璃は、昭和58年南淡中学校で人形浄瑠璃を継承する郷土芸能部15人の生徒から始まった。教育委員会、淡路人形協会の支援を受け、現在、年間30回の公演を実施し、県内外からの公演依頼も多い。また卒業生の一部は、淡路人形座に就職し、人形浄瑠璃の後継者となっている。淡路人形座のメンバーは、各学校指導者として派遣され、指導にもあたっている。  

岡垣町議会 2010-12-08 平成 22年12月定例会(第4回)-12月08日−03号

そういう面では、着実に前進しておりますし、阪神淡路大震災後の総務常任委員会、ちょうど私が委員長2期目でさせていただいたときに、新しい議員の皆さんと御相談して、通常は国会見学と言ったら失礼ですけども、国の陳情というような形で国会のほうに向かう予定だったんですけども、その当時被災されました神戸市役所、それから淡路島の北淡町ちいうところですね、訪問させていただきまして、当時の消防団の団長も御一緒に同行していただきました

久留米市議会 2010-06-16 平成22年第2回定例会(第4日 6月16日)

一方、これは淡路島の西北端にありました北淡町、現在は合併により淡路市となったところの事例でございますが、ここでは消防隊などのプロによる救出作業は地震発生後5時間を経過してからであり、救出された方の実に95%が自立脱出、家族による救出または近隣の助けによるものであったと聞き及んでおります。このことは、大災害発生直後における近隣住民の活動が非常に重要であることを如述に物語っていると思います。  

岡垣町議会 2006-12-05 平成 18年12月定例会(第4回)-12月05日−02号

◎町長(樋髙龍治君) 私自身、今回の西方沖地震が起こる前、竹内議員から各議会の中で防災対策についていろいろと御質問等があり、その中で私どもも大変九州人の、大ざっぱに言いまして、九州地震神話というものが江戸時代以降あったというようなことで、九州地震がないんだというような話しが大きく広がっておったというのも事実であり、阪神・淡路大震災の後、私どもも淡路島に実施に行きまして、いろいろな神戸市、その他も研修等

福津市議会 2006-09-06 平成 18年 9月定例会(第3回)-09月06日−02号

本当に今、子育て大変なときに、兵庫県淡路島の五色町というところ、今はもう合併して洲本市になっていますけど、本当に働く場──若い人たちの。そして、住まい、先ほど言いましたように公立住宅とか、保育所はいつでもだれでも入れる。そういうことを充実して1970年に本当にかつ県内で第1号と言われたところが本当に子どもたちがふえていった。そういう施策もあります。  

古賀市議会 2006-03-08 2006-03-08 平成18年第1回定例会(第2日) 本文

保健福祉部長(渡  信人君) 地域福祉計画の作成の効果というか、どういうふうな姿を描いて、やっていなかったのではないかという御指摘でございますけども、それがこのような結果につながったのではないかというようなことの御指摘でございますけども、地域福祉計画の中身につきましては、確かに私どもは社会福祉法の規定によってつくろうとしているわけでございますけども、これの背景は、阪神淡路大震災の際に、神戸と淡路

福津市議会 2005-04-04 平成 17年 3月定例会(第2回)-04月04日−03号

◆29番(山脇清) ボランティア活動の拠点はということで書きましたけれども、実は私の不勉強で、ボランティアハウスというのがあって、33団体900名という、先ほどの市長の答弁がありましたが、私どもが申し上げているのはそういうことも大事でありましょうが、地域密着型、要するに今度の福岡西方沖地震が起こったときに、やっぱり阪神大震災淡路島での特に北淡町での震災後の救出、救援活動、そのことを考えますときに、

岡垣町議会 2005-03-03 平成 17年 3月定例会(第1回)-03月03日−03号

そして、じゃあ兵庫の南部地震って当初狭小化されてきますが、阪神淡路大震災と最後言いましたけども、海底で起こったあの震源がなぜ淡路島の方に、そしてまた神戸市のしかも市街地に走って行ったかといいますと、もともとは山が狭小で堆積層がある。2,000メーターもあると言われておるんですね、あそこの場合は。

田川市議会 2004-12-07 平成16年第5回定例会(第2日12月 7日)

平成7年の阪神・淡路島地震で約10万棟が全壊した被害にまさるとも劣らない大きな被害であります。発生後1カ月余り、どうにか最低限のライフラインの整備も完了し、今なお余震が続く中、懸命の復旧作業を続けています。  この震災で39人の犠牲者が出ましたが、あの土砂崩れの中、お母さんとお姉さんを亡くした、皆川優太君、2歳が90時間ぶりに奇跡的に救出されました。

岡垣町議会 2003-09-25 平成 15年 9月定例会(第3回)-09月25日−03号

ですから、災害があったときの北丹町というのがありますね、淡路島に。ほとんどの方が8時間以内に救出されたんです。おくれればおくれるほど死亡率は高くなるんです。そういう意味で、地元の消防団または地元の方々がお互い顔見知りであって、コミュニティーが豊かだったから多くの方々が救えたというふうに言われております。  そういうふるさとづくりを目指されることは決して私も反対するものではないんですね。

直方市議会 2000-06-16 平成12年 6月定例会(第4日 6月16日)

平成7年1月17日の午前5時46分、淡路震源とする直下型地震が起き、神戸市西宮市を初め芦屋市で都市震災による大災害に見舞われ、6,000人以上の死者と25万棟を超える住宅被害等が発生した阪神・淡路大震災から5年の歳月が過ぎました。本年1月17日には、福岡県下で市役所消防が一体となって消防訓練が実施されました。

  • 1