283件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

直方市議会 2019-07-05 令和元年 6月定例会 (第5日 7月 5日)

その中には女性消防職員の採用であるとか、消防力強化のための資機材の充実だとか、さまざまな形での要請が国からもなされております。これを直方市だけで進めていくことも確かに厳しいものがございます。  私も在職中からはしご車の維持管理等についても、相当高額な費用が要してきてたと。

直方市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会 (第1日 2月22日)

第2条の消防長の資格、第1号では、消防職員として消防事務に従事した者で、消防署長の職、消防本部における課長の職又は消防学校若しくは消防職員の訓練機関における消防署長の職と同等以上と認められる職に1年以上あったものとするとし、第2号では、市町村行政事務に従事した者で、市町村の長の直近下位の内部組織の長の職その他市町村におけるこれと同等以上と認められる職に2年以上あったものとするに改めようとするものでございます

春日市議会 2018-11-27 平成30年総務文教委員会 本文 2018-11-27

職員が約50名、消防職員17名、参加総数は70人程度で実施予定でございます。  訓練結果につきましては、次回、閉会中の総務文教委員会で御報告をさせていただく予定でございます。  以上で説明を終わります。 233: ◯副委員長(内野明浩君) 質疑ありますか。                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 234: ◯副委員長(内野明浩君) ないようですので、内田総務部長。

行橋市議会 2018-09-27 平成30年 9月 定例会(第11回)-09月27日−05号

しかし、現在の職員数は、消防職員条例定数に定められている80人に足りていないため、早急に、人員の確保に努めていただきたい、との意見が出されました。  次に、総合窓口課では、住居表示未実施の地域では、警察消防など緊急を要する業務等に支障をきたす恐れがあるため、早急に住居表示の整備を進めていただきたい、との意見が出されました。

大牟田市議会 2018-09-27 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号

50.消防職員労働環境改善については、精神的、肉体的負担が大きい業務であることから、消防職員委員会職員指導対策委員会など、組織的な業務改善の場を活用し、職場環境の改善に努められたい。 51.老朽危険家屋除却促進事業については、年間の除却目標、補助限度額の見直しも含めて検討し、市民安全確保と住環境の改善のために、一層取り組まれたい。

直方市議会 2018-09-14 平成30年 9月定例会 (第1日 9月14日)

9款消防費では、市民生命財産を守るため、消防職員消防団員が一体となり、日夜各種災害等に対応している中で、火災予防としての各種訓練指導市民等に対する応急手当講習会を実施するなど、地域に密着した消防行政の推進に努めたのであります。特に、高齢化のさらなる進展に伴い、救急需要は増加し続けることが予想され、救急車適正利用や予防救急の啓発とあわせて救急需要対策に取り組んでいるところでございます。  

久留米市議会 2018-09-11 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日)

また、冠水被害が激しかった西田地区、合川地区、北野地区、城島地区を初めとする市内8校区において13艇の救命ボートを活用し、延べ246名の団員と消防職員の共同により、家屋に取り残されました住民約200名を救出しているところでございます。  特に、今回申し上げたいのは、多くの市民の救出におきましては、市議会の皆様から御意見を受けて配備しました救命ボートが大きく貢献したということでございます。

行橋市議会 2018-06-13 平成30年 6月 定例会(第10回)-06月13日−04号

2015年、平成27年3月議会において、消防職員定数条例の一部改正が行われました。それまで定数65人を80人にする、同年4月施行、というものです。特に救急車の出動の需要が増大することから、2隊編制を3隊体制にする目的だったと思います。  当時の消防職員採用計画案では、毎年4人あるいは2人採用をし、2020年、平成32年に実員75名として、救急3隊稼働の開始をする、というふうにしております。  

久留米市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第3日 3月 7日)

私自身も消防職員として41年間制服を着用することによって、自信を持って、誇り、いわゆるプライドの高揚を持って、その責任を果たしてきたものと自負しております。  制服によって、画一的にならず、その制服に対してプライド個人の人格の高潔性を求めなければならないものと考えます。  私自身、制服に対する違和感はなく、制服はあっていいものと考えております。  

行橋市議会 2017-12-05 平成29年12月 定例会(第8回)-12月05日−01号

行橋市では、幸いにも被害はございませんでしたが、この災害による被災地支援といたしまして、市民の皆様からの義援金の募集の他、災害発生から消防職員による行方不明者の捜索活動、また現在は2名の職員を被災自治体に派遣するなどを実施いたしております。今後も引き続き支援を続けてまいる所存でございます。  

大牟田市議会 2017-09-27 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月27日−06号

47.消防業務の環境改善については、消防組織法第17条に規定された消防職員委員会の重要性を再認識し、消防職員の働きやすい環境をつくるために一層の委員会機能の強化を図られたい。 48.住宅防火事業については、4年計画(H28年〜31年)で市内全世帯消防職員等で訪問し、火災予防啓発を実施し、住宅用火災警報器の設置推進もあわせて取り組まれているので、さらなる事業の充実に努められたい。

行橋市議会 2017-09-26 平成29年 9月 定例会(第7回)-09月26日−04号

最後に、消防本部では、現在の職員数は、消防職員定数条例に定められている80人に足りていない。そのような状況で、消防相互応援協定緊急消防援助隊での職員派遣が増えている。万全の体制で消防本来の業務に従事できるように、人員の確保に努めていただきたい、との強い要望がありました。  

直方市議会 2017-09-15 平成29年 9月定例会 (第1日 9月15日)

9款消防費では、市民生命財産を守るため、消防職員消防団員が一体となり、日夜各種災害等に対応している中で、火災予防としての各種訓練指導市民等に対する応急手当講習会を実施するなど、地域に密着した消防行政の推進に努めたのであります。  特に、高齢化のさらなる進展に伴い、救急需要は増加し続けることが予想され、救急車適正利用や予防救急の啓発とあわせた救急需要対策に取り組んでいるところであります。