運営者 Bitlet 姉妹サービス
297件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-27 大牟田市議会 平成30年  9月 定例会(第500号)-09月27日−06号 50.消防職員の労働環境改善については、精神的、肉体的負担が大きい業務であることから、消防職員委員会や職員指導対策委員会など、組織的な業務改善の場を活用し、職場環境の改善に努められたい。 51.老朽危険家屋除却促進事業については、年間の除却目標、補助限度額の見直しも含めて検討し、市民の安全確保と住環境の改善のために、一層取り組まれたい。 もっと読む
2018-09-14 直方市議会 平成30年 9月定例会 (第1日 9月14日) 9款消防費では、市民の生命と財産を守るため、消防職員、消防団員が一体となり、日夜各種災害等に対応している中で、火災予防としての各種訓練指導や市民等に対する応急手当講習会を実施するなど、地域に密着した消防行政の推進に努めたのであります。特に、高齢化のさらなる進展に伴い、救急需要は増加し続けることが予想され、救急車適正利用や予防救急の啓発とあわせて救急需要対策に取り組んでいるところでございます。   もっと読む
2018-09-11 久留米市議会 平成30年第3回定例会(第4日 9月11日) また、冠水被害が激しかった西田地区、合川地区、北野地区、城島地区を初めとする市内8校区において13艇の救命ボートを活用し、延べ246名の団員と消防職員の共同により、家屋に取り残されました住民約200名を救出しているところでございます。  特に、今回申し上げたいのは、多くの市民の救出におきましては、市議会の皆様から御意見を受けて配備しました救命ボートが大きく貢献したということでございます。 もっと読む
2018-03-26 大牟田市議会 平成30年  3月 定例会(第498号)-03月26日−07号 25.消防の広域化について  消防の広域化については、これまでの運用経験を踏まえ、消防・救急という本来業務の改善、さらには消防職員の負担の軽減と労働環境の改善に結びつくような運用に努められたい。 もっと読む
2018-03-20 糸島市議会 平成30年 予算特別委員会(第3日) 本文 2018-03-20 373 ◯消防総務課長(井手正信君)  この観察員制度につきましては、外部の方に観察員になっていただき、訓練を観察してもらい、その訓練に係る報告、助言を受けることで、消防職員の厳正な服務規律の保持及びハラスメントの撲滅等を図ることを目的としております。   もっと読む
2018-03-07 久留米市議会 平成30年第1回定例会(第3日 3月 7日) 私自身も消防職員として41年間制服を着用することによって、自信を持って、誇り、いわゆるプライドの高揚を持って、その責任を果たしてきたものと自負しております。  制服によって、画一的にならず、その制服に対してプライドと個人の人格の高潔性を求めなければならないものと考えます。  私自身、制服に対する違和感はなく、制服はあっていいものと考えております。   もっと読む
2017-12-05 行橋市議会 平成29年12月 定例会(第8回)-12月05日−01号 行橋市では、幸いにも被害はございませんでしたが、この災害による被災地支援といたしまして、市民の皆様からの義援金の募集の他、災害発生から消防職員による行方不明者の捜索活動、また現在は2名の職員を被災自治体に派遣するなどを実施いたしております。今後も引き続き支援を続けてまいる所存でございます。   もっと読む
2017-09-27 大牟田市議会 平成29年  9月 定例会(第496号)-09月27日−06号 47.消防業務の環境改善については、消防組織法第17条に規定された消防職員委員会の重要性を再認識し、消防職員の働きやすい環境をつくるために一層の委員会機能の強化を図られたい。 48.住宅防火事業については、4年計画(H28年〜31年)で市内全世帯を消防職員等で訪問し、火災予防啓発を実施し、住宅用火災警報器の設置推進もあわせて取り組まれているので、さらなる事業の充実に努められたい。 もっと読む
2017-09-26 行橋市議会 平成29年 9月 定例会(第7回)-09月26日−04号 最後に、消防本部では、現在の職員数は、消防職員定数条例に定められている80人に足りていない。そのような状況で、消防相互応援協定や緊急消防援助隊での職員派遣が増えている。万全の体制で消防本来の業務に従事できるように、人員の確保に努めていただきたい、との強い要望がありました。   もっと読む
2017-09-15 直方市議会 平成29年 9月定例会 (第1日 9月15日) 9款消防費では、市民の生命と財産を守るため、消防職員、消防団員が一体となり、日夜各種災害等に対応している中で、火災予防としての各種訓練指導や市民等に対する応急手当講習会を実施するなど、地域に密着した消防行政の推進に努めたのであります。  特に、高齢化のさらなる進展に伴い、救急需要は増加し続けることが予想され、救急車適正利用や予防救急の啓発とあわせた救急需要対策に取り組んでいるところであります。   もっと読む
2017-09-13 糸島市議会 平成29年 第3回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2017-09-13 まず、6年前ですね、平成23年、今回と同様のハラスメント事件が発生して複数の消防職員が処分をされた。当時の事件の概要について伺います。 もっと読む
2017-09-05 福津市議会 平成 29年 9月定例会(第4回)-09月05日−02号 43年の長きにわたり、消防職員及び消防団の資質の向上はもとより、地域の活性化にも大きく貢献してきた福津市にありました県立消防学校が移転いたしまして、県の答弁をそのまま読んでおりますが、施設の跡地につきましては、まず県による利用を検討いたしますと。 もっと読む
2017-06-23 福津市議会 平成 29年 6月定例会(第3回)-06月23日−04号 ◎総務部長(大賀正晃) 防災の専門家というお話でございますが、いわゆる防災安全課の職員とか消防団員、もしくは消防職員等々の派遣は、十分できるというふうに思っております。 ○議長(椛村公彦) 永島誠也議員。 ◆2番(永島誠也) 実際そういうことをやってほしいと思っております。   もっと読む
2017-06-20 直方市議会 平成29年 6月定例会 (第2日 6月20日) これらを使ったテロや事故などのNBC災害に対し、我々消防職員は人命の救助、化学物質の特定、除染等を対象といたしております。  それでは、本市が保有するNBC災害の対応できる装備等の一部について御紹介いたします。  まず、放射線や有毒ガス、可燃性ガスの検知、測定用具では、放射線測定用の個人線量計、ガンマ線及びエックス線用の線量計、表面汚染検査計及び全面マスク等を保有しております。   もっと読む
2017-06-12 糸島市議会 平成29年 第2回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-06-12 続いて、火災発生時の出動態勢についてお伺いしますが、消防力の整備指針では消防職員の算定数は糸島市は何人であるのか、お伺いします。 もっと読む
2017-06-02 志免町議会 平成29年第3回 6月定例会-06月02日−01号 3月12日、消防職員意見発表会が須恵町、アザレアホールでありました。  4月12日、消防職員意見発表会が北九州戸畑区、ウェル戸畑で開催されました。これには、24本部が参加され、第3位に南部消防署の川野太郎氏が選ばれています。  5月22日、救助技術展示訓練が粕屋南部消防本部訓練場でございました。  5月28日、福岡県防災訓練、築上郡吉富村でありました。   もっと読む
2017-03-23 北九州市議会 平成29年度 予算特別委員会-03月23日−01号 また、大規模な火災等が発生したときは、非番日や週休日の消防職員を招集して、別途29隊を編成し、合計128隊が活動できる体制を整えております。  木造建築物密集地域については、5年に1回現地調査を実施しており、この地域で火災が発生した場合は、一般的な住宅火災に出動する11隊に加え、消防隊1隊と消防団1隊の2隊をふやし、合計13隊が出動いたします。 もっと読む
2017-03-22 行橋市議会 平成29年 3月 定例会(第5回)-03月22日−05号 条例もでき、議会でも実現を求めている消防職員体制の充実、当初の予定どおり、2名の増員について、本予算には計上されておりません。また市長も、最大の効果があった、と議会で述べられており、議会の委員長報告の中でも指摘をされた、どちらも昨年9月議会ですけれども、住宅リフォーム助成事業も全く計上されていません。どちらも予算化すべきです。  次に基金と地方債についてです。 もっと読む
2017-03-10 糸島市議会 平成29年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-03-10 今回の事件につきましては、市民の生命と財産を守る消防職員の誇りを汚し、さらに糸島市民の信頼を裏切る行為であるとともに、社会的にも大きな影響を与えたものでございます。  市長として、市の職員の中でこのような卑劣な行為が長年にわたって行われていたことを大変遺憾に思っております。   もっと読む
2017-03-07 行橋市議会 平成29年 3月 定例会(第5回)-03月07日−03号 ◎消防長(進谷稔君)  その通知の中で、先ほど議員申されましたように、東日本大震災のときに太陽光パネルが水に浸かって発火したような事案とか、また太陽光発電システムの消火時に消防職員がバチッと感電した、そのような事案が載っております。以上です。 ○議長(諫山直君)  小坪議員。 ◆5番(小坪慎也君)  人家の近くにジェネレーターを設置するなんて、技術者としては、本当は信じられないところがある。 もっと読む