307件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

北九州市議会 2025-09-13 09月13日-05号

洞海湾横断鉄道とは、洞海湾で分断されている筑豊本線若松駅から鹿児島本線戸畑駅を海底トンネルで結ぶことにより、若松区から小倉都心や黒崎副都心への交通利便性を向上させるものであります。社会的に有益なプロジェクトではありますが、これまでの調査では事業採算性の確保が難しく、社会情勢の大きな好転など事業を取り巻く環境に変化があれば、その段階で改めて検討を行うこととして今日までに至っております。 

北九州市議会 2020-03-27 03月27日-05号

また、来年 度は、浮体式洋上風力発電導入可能性について、対象海域の風況や海底地質 の自然環境調査を行う予定である。これは導入する上での経済性の評価を行 うため条件等調査である。これらの自然環境調査は、実際に洋上風力発電 事業が開始される際に、事業者が行う環境アセスメントに活用されるものと 考えている。

福岡市議会 2020-03-18 令和2年条例予算特別委員会経済振興分科会 質疑・意見 開催日:2020-03-18

博多湾海底耕うん事業の成果であるが、海底耕うん作業後に国の補助事業でアカガイの稚貝を放流したところ、非常によく育っており、博多湾は貝類、エビ類がよく育つのに適している。漁業者は、博多湾全体を養殖場にするため、海底耕うん及び稚貝の放流支援をもっと充実することを要望しているが、具体的な施策があるか。

福岡市議会 2020-03-13 令和2年条例予算特別委員会経済振興分科会 質疑・意見 開催日:2020-03-13

アマモは光合成の際にCO2を吸収し、夏に枯れ、ため込んだ炭素が海底に蓄積される。分解され大気に戻る分を差し引いて、蓄積されるCO2吸収量企業に購入してもらい、収益を博多湾環境保全活動に使う仕組みである。企業や高校生、大学の先生、漁業関係者などからなる博多湾NEXT会議活動費に充てたいと考えている。活動が活発になることで企業の関心も高まるといった好循環を生むシステムの形成を目指している。

糸島市議会 2020-03-12 令和2年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2020-03-12

さきの一般質問でも答弁をいたしておりましたが、姫島への海底ケーブルによる光回線の敷設につきましては、国の補助制度を活用しても、なお市の負担が高額となるため整備は難しいというふうに判断をいたしました。  そこで、福吉地域姫島海上無線による高速通信で接続し、島内に公衆無線LAN、いわゆるフリーWi-Fi整備する手法について通信事業者調査、研究を行っておるところでございます。  

福岡市議会 2020-03-12 令和2年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2020-03-12

そこで、博多湾におけるアサリなどの福岡の重要な水産資源再生のため、藻場造成及び海底耕うん取組をされていると聞いていますが、それらの状況をお尋ねいたします。  また、博多湾東部の人工島周辺の海域などはエコパークゾーンと位置づけ、自然環境保全、創造に向けた様々な取組が行われています。

宗像市議会 2020-03-03 宗像市:令和2年第1回定例会(第5日) 本文 開催日:2020年03月03日

まず本市では、先ほど市長のほうからもお話ありましたけど、海の豊かさ、海の環境保全を進めていく取り組みとして、既に海岸清掃等活動が熱心に行われておりますが、海岸清掃というのは、いわば海岸ごみでありますし、あるいは海の豊かさといえば海底環境を改善するという点では、海底ごみも含めて、海岸海底ごみ清掃をしていく必要があるわけですけども、このごみについては、陸に住む私たちの日常生活に由来する、陸由来

宗像市議会 2020-02-25 宗像市:令和2年第1回定例会(第1日) 本文 開催日:2020年02月25日

海の環境保全とは切っても切り離せないのが、海の恩恵を受ける水産業でありますが、これまで漁業者と連携しながら行ってきた藻場再生事業海底清掃などの取り組みを強化し、水産業を持続可能な産業へとつなげてまいります。  循環型社会形成に向けた取り組みにつきましては、引き続き、ごみ発生抑制・再使用・再生利用、いわゆる3Rの取り組みを推進し、食品ロスの削減や、事業所ごみ減量化に取り組んでまいります。  

古賀市議会 2019-12-12 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日) 本文

海底に沈んだペットボトルから顔を出す沖縄の海に住んでいるようなかわいい熱帯魚。ちょっと見にはかわいいものですが、これは実は海水温暖化状況の一つのあらわれです。  そして、またプラスチックごみ、分解されることなくマイクロチップとなって海の中に漂っています。このマイクロチップはやがてプランクトンから小魚へ、貝へ、小魚から大型の魚へ、やがては人間の体に入っていきます。

福岡市議会 2019-12-10 令和元年第5回定例会(第1日)  本文 開催日:2019-12-10

博多湾について、海底ごみなどさまざまな要因によって漁場環境が悪化し、漁業に影響を及ぼしており、水産業の復活、振興のためにこれまで以上にスピード感を持って積極的に環境改善底質改善事業に取り組まれたいとの要望。  陸域からのごみ流入抑制のため、普及啓発清掃活動実施不法投棄監視強化など、流域自治体との連携に取り組まれたいとの要望。  

宗像市議会 2019-12-03 宗像市:令和元年第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年12月03日

また、市では、規模は小さいですが、アジ漁礁造成を目的とした陶管の投入や、海底清掃等事業実施しております。今後も漁協と協議を行いながら、県への要望や効果の高い事業実施していきたいと考えております。  続きまして、(2)の漁港の整備についてです。  1)荷さばき所整備進捗状況、それから今後のスケジュールについてお答えいたします。  

福岡市議会 2019-10-07 令和元年決算特別委員会 本文 開催日:2019-10-07

6 ◯落石委員 漁獲量が多いタコ類エビ類アサリなどは海底に生息している。また、海藻が多く茂っている藻場はイカを初めとするさまざまな魚の産卵や生育の場となっており、海底を初め、博多湾環境改善を図っていく必要がある。水産業総合計画を策定するに当たり、全漁業世帯対象意識調査が行われた。

宗像市議会 2019-09-03 宗像市:令和元年第3回定例会(第2日) 本文 開催日:2019年09月03日

事業費についてですが、大島では一定の情報インフラ海底ケーブル等がございますので、ある程度のコストを抑えて実施ができるということがあるんですが、これを、同様なものをまた地島に当てた場合は、今、大体見積もりまして約10億円程度の事業費がかかってくるということがございます。