18件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

古賀市議会 2019-01-11 2019-01-11 平成30年第4回定例会(第1日) 本文

第3条において、放流水の水質基準を規定していたものを、環境省関係浄化槽施行規則において規定されていることから、削除と改めるものです。  第5条では、省令の名称をより明確にするため、「環境省関係浄化槽施行規則」に改めるものです。  続きまして、附則第12項関係、古賀市職員定数条例の一部改正について説明いたします。  

田川市議会 2018-03-15 平成30年第1回定例会(第4日 3月15日)

それから二つ目、設置及び維持管理に関する条例化や連携協定締結というふうに書かれてますが、当然、浄化槽というのは浄化槽がありまして、市の補助金を出す上にも届け出制度というのがありますので、それを上回るような何か新しい制度をつくられようとしているのか、条例化ということは、今私が言った浄化槽の届け出とか当然あるんで、あるいは補助金を出す上で市に届け出というのは当然ありますので、それを上回るような、何

直方市議会 2017-09-22 平成29年 9月定例会 (第4日 9月22日)

これに対し、合併浄化槽では個人委託した業者が浄化槽に基づき法定回数以上の保守点検と清掃の実施を行います。以上です。 ○6番(渡辺克也)  それからもう一つ、メリットの中で、一番最初に言われた、住民が一定の期間に接続する義務がありというように先ほど答弁されましたけど、じゃあこの公共下水道が設置されてから何年以内に接続すればいいのか。そういうふうな根拠を教えてください。

みやこ町議会 2016-03-01 平成 28年 第2回定例会( 3月)-03月01日−01号

廃棄物の処理及び清掃に関する法律第7条の規定による、一般廃棄物処理及び浄化槽第35条の規定による浄化槽許可権限を、豊前市、築上町及び本町で設置している豊前広域環境施設組合に、地方自治法第252条の14により事務委託していましたが、平成27年8月の組合議会において、組合条例の一部が改正され、法令に定める許可権限が、平成28年4月1日から本町に戻ることになったため、その内容について条例で定める必要があることから

筑紫野市議会 2015-09-29 平成27年第4回定例会(第5日) 本文 2015-09-29

委員会では、汚泥処理の業者についてはどのような契約を行っているかという質疑があり、執行部からは、本市内では浄化槽において、業として許可を受けている業者が1社のみであるため、1社随意契約を行っているとの答弁がありました。  討論はなく、採決の結果、全員一致をもって認定すべきものと決しました。  以上、報告を終わります。

田川市議会 2014-09-09 平成26年第5回定例会(第3日 9月 9日)

議員(佐々木 允 君)  もし、当該地が集合処理区域にならなかった場合は、当然そのままそこでの維持が発生していくということになりますから、長寿命化、建てかえとかも含めて議論をしていくということになろうと思いますので、また、この今の現状では、単なる浄化槽を変える、単なる今の大型合併浄化槽をそのまま浄化槽上の合併浄化槽で改築する場合は、私の調べる限りでは補助金がなかなか見つけられていないという状況ですが

糸島市議会 2013-06-14 平成25年 第3回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2013-06-14

浄化槽に基づく設置の届けの審査、または建築基準法に基づく確認を受けずに合併浄化槽を設置した場合、それから、販売目的合併浄化槽つきの住宅建築した場合、賃貸を目的として住宅建築した場合等につきましてが適用外になります。また、補助金を1回受けて、10年を経過しない場合も同様に補助金が受けられないというような形になっております。  

川崎町議会 2013-03-04 平成25年度第11回定例会(第1日) 本文 開催日:2014年03月04日

浄化槽第35条の規定により、川崎町浄化槽清掃業の許可等に関する条例を制定しようとするものであります。  現在まで、浄化槽第35条で、許可申請の交付をしておりましたが、今後の浄化槽申請業務を円滑にするため、条項を詳細にした条例を制定しようとするものであります。御審議の上、御賛同くださるようよろしくお願いいたします。

行橋市議会 2012-12-03 平成24年12月 定例会(第4回)-12月03日−02号

また、新聞報道でも出ました浄化槽の清掃にかかる浄化槽汚泥の引き取りについてでございますが、浄化槽第11条の規定に基づきまして、年1回の清掃義務付けられております。なお発生いたしました浄化槽汚泥につきましては、市町村が一般廃棄物として廃棄物の処理及び清掃に関する法律に基づきまして、適正に処理しなければならないこととなっています。  

田川市議会 2009-06-26 平成21年第5回定例会(第4日 6月26日)

また、大型合併浄化槽の更新を単なる浄化槽上の更新事業とした場合、該当する国・県等の補助制度がない、国土交通省の新たな下水道補助事業に適合させることが可能となれば、大型合併浄化槽を下水道法上の下水道処理施設として更新することにより、補助金の獲得ができることとなる。よって、今回の業務委託では、新たな下水道補助事業の活用を視野に入れた検討も行うと説明があっております。  

久留米市議会 2007-12-03 平成19年第6回定例会(第1日12月 3日)

第178号議案は、本市の中核市移行に伴い、浄化槽施行に関し必要な事項を定めるため、条例を制定しようとするものであります。  第179号議案は、都市計画法の規定に基づく公共下水道受益者負担金について、賦課時期を供用開始後とするため、条例の一部を改正しようとするものであります。  

福津市議会 2005-09-02 平成 17年 9月定例会(第5回)-09月02日−02号

浄化槽管理者は、浄化槽により福岡県が毎年1回、県が指定する指定検査機関の行う水質に関する検査を受けなければなりません。定期検査は浄化槽が適正な維持管理により、所期の処理機能が確保されているか否かに注目し、保守点検及び清掃の状況を中心とし、定期的、継続的に検査するものであります。

古賀市議会 2001-06-20 2001-06-20 平成13年第2回定例会(第5日) 本文

委員からは、「浄化槽とは合併処理浄化槽を指しているのか」、「現行の指導要綱との差はあるのか」等の質問が出され、執行部回答は「浄化槽の一部改正により、平成13年4月1日以降設置する場合は、合併処理浄化槽が義務づけられた。しかし、経過措置として従来からの単独浄化槽は改正後の浄化槽の規定する浄化槽と見なすことになっている。

行橋市議会 2001-03-09 平成13年 3月 定例会(第5回)-03月09日−02号

次に、浄化槽の改正による対応についてお尋ねします。 今回の法改正によって、し尿だけを処理する単独処理浄化槽は認めない。新設時においては、合併浄化槽の設置が義務付けられました。また、現在、単独浄化槽を設置している家庭では、合併浄化槽に切り替えることが努力義務とされています。  各自治体では、窓口で建設確認申請を受け付ける際に、合併浄化槽と法改定の内容を説明し、設置への理解を求めています。

  • 1