12件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野城市議会 2019-09-19 令和元年第5回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2019-09-19

兵士だけではなく、沖縄で、原爆で、各地の空襲で、飢えで、どれだけの市民が亡くなったことでしょう。被爆者など生き延びた人たちの心身の苦しみや国際関係への影響など惨禍は今も終わっていません。再び戦争を繰り返さないために、戦争の体験を風化させないこと、次の世代に伝えることが今生きている私たちの責任であり、平和憲法を順守する行政の責務であります。  4年前、2015年は戦後70年でした。

福岡市議会 2015-12-22 平成27年第5回定例会(第5日)  本文 開催日:2015-12-22

翁長知事は意見陳述で、約20万人が犠牲になった凄惨な沖縄で、ほとんどの県民が収容所に入れられ、その間に米軍が県民の土地を強制接収し、普天間基地など広大な基地建設したこと、その後も住民が住んでいる土地を銃剣とブルドーザーで強制接収して基地をつくったことを、沖縄基地問題の原点として挙げました。

大野城市議会 2015-09-17 平成27年第4回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2015-09-17

振り返ってみますと、70年前、日本各地で展開された空襲、6月23日、住民を戦闘に巻き込んだ沖縄の終結、8月6日広島及び9日長崎への原爆投下など、アジア太平洋の前線だけでなく、日本国内でも多大な犠牲を払って、8月15日、日本はようやく終戦を迎えることができました。  この戦争はどのようにして始まったのでしょうか。1931年9月18日、あすで84年目となります。

糸島市議会 2015-06-12 平成27年 第2回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2015-06-12

また、雷山空襲を初め、原爆投下や沖縄憲法記念日などの節目を捉えまして、特設の学習を行っているところでございます。  原爆投下につきましては、全小学校修学旅行長崎への訪問を取り入れておりまして、修学旅行前後の総合的な学習の時間や全校児童参加する折り鶴などの取り組みとあわせて学習を進めておるところでございます。  

古賀市議会 2009-09-10 2009-09-10 平成21年第3回定例会(第4日) 本文

そして、この7月には全国議員交流会参加のため、開催地である沖縄にも行き、沖縄の戦跡も見てきました。沖縄では、戦後60年たった今でも、多くの遺骨が土深く眠ったままです。案内された糸数のアブチラガマという洞窟では、小さな骨の破片を見せられました。沖縄陸軍病院南風原壕の跡も見学してきました。

古賀市議会 2006-03-02 2006-03-02 平成18年第1回定例会(第1日) 本文

まあ、最終的には通ったみたいですが、そのときに、担当部長が答弁した中に、「沖縄の経験をかんがみると有事の事態に国民、県民を保護するというのはいかに困難であるか。沖縄県民は歴史的な体験をして知っており、語り継がれている」と答弁しているんです。国民保護という言葉そのものが軍事作戦を思いのままに行うための方便に過ぎないということをにおわせた答弁をされているんです。  

古賀市議会 2005-09-13 2005-09-13 平成17年第3回定例会(第3日) 本文

沖縄日本兵が駐屯していなかったために米軍の攻撃を受けず、住民の犠牲が出なかった島があったそうです。国民保護計画は一方では不安をあおり、一方では根拠なき安心感を与えてしまい、無責任だとの指摘があります。古賀市5万6,000人の生命財産を守るためには、非核恒久平和都市宣言をしたと同じく、無防備地域宣言を念頭に置いたまちづくりを考えられることを提案したいと思います。

大野城市議会 2000-06-15 平成12年第2回定例会(第4日) 一般質問2 本文 2000-06-15

もう余り時間はないかと思いますが、この質問事項にも沖縄のことを書きました。日本軍沖縄本土防衛の捨て石とし、中学生まで動員して戦いました。県民の中にはスパイの疑いで日本軍に殺されたり、集団自決を迫られたりした人々がありましたと。胸詰まる思いでございます。これを今の日本の子どもたちが勉強していると思えば、本当に私は悲しい思いでいっぱいです。

大野城市議会 2000-06-15 平成12年第2回定例会(第4日) 名簿 2000-06-15

           │ のことを卑しめる「自虐的」な記述が多いがど│ │         │           │ うお考えか                │ │         │           │ また、非常に偏った見方の記述や歴史的に未確│ │         │           │ 定の記述も多いがどうお考えか       │ │         │           │ 例)与謝野晶子・沖縄

  • 1