20件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

古賀市議会 2019-06-18 2019-06-18 令和元年第2回定例会(第4日) 本文

きのうも市長は、イチゴを台湾ですかね、のほうにもと言われましたけれども、例を挙げますとね、大消費地に近いという地理的優位性を生かし、ここが古賀と似ているんですけれども、埼玉県三郷市にオオクマ園芸というところがありまして、ベビーリーフの栽培を中心に、需要者の細かい要求に応えて、これまでになかったものを創造し、提供する独自のスタイルによる農業経営を行っています。

福岡市議会 2018-05-18 平成30年第2回臨時会(第1日)  資料 開催日:2018-05-18

  派遣場所  │  派遣期間  ┃ ┠──────────┼──────────────────────┼────────┼────────┨ ┃          │社会福祉法人大阪手をつなぐ育成会支援セン  │        │        ┃ ┃浜崎太郎      │ターつなぐのの障がい者施設による鉄道高架下 │大阪府大阪市 │平成30年4月17日┃ ┃          │を利用した栽培農業

福岡市議会 2018-03-07 平成30年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2018-03-07

また、兵庫県尼崎市では、鉄道事業者が高架下を活用してグリーンリーフなどの野菜栽培を行っています。  行政側でも、西鉄雑餉隈駅付近と同時に高架化される春日原駅から下大利駅にかけて、春日市では駅付近に導入してほしい公共施設と民間施設についてというアンケートが実施され、大野城市では沿線で並行して進めている市街地整備とあわせたまちの将来像が検討されています。  

宗像市議会 2017-06-09 宗像市:平成29年第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2017年06月09日

最後に、農福連携の可能性についてでございますが、市内の福祉団体等による農業の取り組みといたしましては、市内の社会福祉法人が葉物野菜栽培に取り組み、市役所内のハートループなどで独自販売している例がございます。また、障がい者の雇用の場として農業法人へ障がい者を派遣し、葉物野菜の収穫作業に従事させる取り組みを行っているとも聞いております。  

川崎町議会 2013-12-03 平成25年度第9回定例会(第1日) 本文 開催日:2013年12月03日

建設産業委員会では、栽培に関する調査と農業用ため池に関する調査、この2つの所管事務調査を行いました。  まず、栽培に関する調査では、9月24日に田川市のレインボーファーム川宮、そして福智町の永富農園の2カ所の現地調査を行い、栽培によるトマトの栽培方法、施設建設に要した費用、経営状況等について概要を説明していただいた後、施設内の見学をさせていただきました。  

北九州市議会 2013-09-19 平成25年 9月 定例会(第3回)-09月19日−04号

例えば、この近くでいけば、事業所なんですが、宗像のほうでは栽培などを始めて、まちおこしの一環にもなっています。どうかこれから農業支援においても、特例子会社を一緒に組んで進んでいければいいなと思いますので、よろしくお願いいたします。  以上、きょうからまた私吉村太志も元気いっぱい挨拶をしていきたいと思いますので、よろしくお願いいたします。ありがとうございました。

川崎町議会 2013-06-13 平成25年度第4回定例会(第4日) 本文 開催日:2013年06月13日

建設産業常任委員会、1.栽培及びハウス型農業に関する調査、2.井堰の管理状況に関する調査、3.プレミアム商品券に関する調査、いずれも現地調査を含みます。  2.議会運営委員会。1.議会運営に関する事項、2.議会会議規則委員会条例に関する事項、3.議会基本条例に関する事項、4.議長の諮問に関する事項、5.研修視察について。  3、特別委員会。  

川崎町議会 2013-06-04 平成25年度第4回定例会(第1日) 本文 開催日:2013年06月04日

最後に、委員会から質疑、要望事項として、具体的な数値目標を示した農林業振興プランの作成、川崎町の農産物の活用を図るための農業関連企業の誘致、栽培施設整備に対する補助金が受けられないか調査してほしい。これらの3点についてお願いして調査を終了いたしました。  

北九州市議会 2012-03-02 平成24年 2月 定例会(第1回)-03月02日−03号

栽培による大量生産工場です。このような栽培、いわゆる人工土壌を生かした大規模な野菜の生産工場の誘致というのは非常におもしろいのではないかと思っております。  あらゆるチャンネル、あらゆる知恵を振り絞って、雇用の創出、拡大を図る必要があると思います。少子化問題とか高齢化社会対策というものを考える上で、雇用があっての話なんですね。雇用が土台であります。

田川市議会 2011-06-30 平成23年第3回定例会(第2日 6月30日)

だから、そういう事例もありますので、市長、せっかくこういう公約を挙げ、5次総合計画にも掲げているわけですから、これはできないとあきらめずに、市がどのようにこれに携わっていくかということを真剣に考えて、そして、例えば植物工場で、栽培なら栽培、その中で市と大学が提携して、何か付加価値のある農産物を開発して、これなら行けるということで、実験設備でもまずつくって、これはいいということで、農家の人にこれは

直方市議会 2009-12-04 平成21年12月定例会 (第5日12月 4日)

それとミズナ、ホウレンソウ、これが一つの施設でできるんですけども、実はこのミズナ、ホウレンソウはこの高収益事業で初めて栽培に取り組むということで、一番最新の考え方というか、今からの新しい取り組みになると思います。  

福津市議会 2007-09-06 平成 19年 9月定例会(第5回)-09月06日−03号

屋上緑化なんですけれども、今答えいただきますと、屋上は維持管理の上、雨漏りの原因になるのではないか、普通は土を植えて、そして、何かを植えるっていう、今までのはそういう感じですね、ですから、既存の建物であれば、重量負荷に耐えられないとか、やっぱり今言ったように雨漏りするっていうことがあって、屋上緑化はということを毛嫌いするというか、そういうのがあると思うんですけれども、今注目されているのがサツマイモ栽培

田川市議会 2006-09-22 平成18年第3回定例会(第4日 9月22日)

14款産炭地域振興費につきましては、産炭地域開発就労暫定就労事業において、大浦団地や白鳥公共用地の造成工事及び望岳台栽培施設や旧日通工跡地グラウンドの整備工事を実施いたしております。  また、特定地域開発就労事業で、田川総合運動公園造成工事及び平原住宅団地造成工事を実施いたしております。  

田川市議会 2005-10-07 平成17年第5回定例会(第4日10月 7日)

暫定開就事業で建設している花卉の栽培施設は、ほぼ完成しましたが、今後栽培の展開に当たっては、技術面等において、地域振興課として必要に応じて支援や指導を行うよう要望があっております。  また、今後の企業誘致の推進に当たっては、県を初め企業誘致対策室長もメンバーの一員となっている白鳥団地企業誘致促進協議会をさらに活用するよう意見があっております。  次に、環境対策課であります。  

田川市議会 2005-09-26 平成17年第5回定例会(第3日 9月26日)

次に、14款産炭地域振興費につきましては、産炭地域開発就労暫定就労事業において、大浦団地や白鳥公共用地の造成工事及び望岳台栽培施設の整備などを実施いたしております。  また、特定地域開発就労事業で、田川中央公園及び平原住宅団地ほか2カ所の事業を実施いたしております。  以上、一般会計における歳出の主な点を御説明申し上げましたが、次に、歳入の主なものについて御説明申し上げます。  

田川市議会 2000-11-17 平成12年第4回定例会(第1日11月17日)

林業費では、市場の需要にいつでも対応できる生産体制を確立するため、米、野菜、花卉、畜産等と生産物の多品種化を目指しており、本年度は、ミニトマト栽培施設を整備するとともに、生産者がみずから行ったトルコキキョウ、青ネギ等のハウス建設や耕作機械の購入に対し補助いたしております。  

田川市議会 1999-09-24 平成11年第6回定例会(第4日 9月24日)

補正内容の主なものといたしましては、ふるさとの水と土保全対策基金積立金700万円、小規模零細地域営農確立促進対策事業として、川宮地区のミニトマト栽培施設建設に要する経費1億6,807万7千円、また、ゆとりの高収益型農業確立対策事業として、トルコキキョウ栽培施設及び青ネギ栽培施設建設助成として4,511万3千円、小規模零細地域対策事業として、棚木排水路改良に必要な経費4,535万1千円、可動堰などの

  • 1