828件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

田川市議会 2019-06-27 令和元年第3回定例会(第2日 6月27日)

これも民主主義ルールで多数決、代表者会議の中で決めたことですから、だから20人中12名がこの慣例は慣例でいいんじゃないかということと、慣例は継続するものでもあるけども、変えることもできると、こういう解釈でございますので、そういった方向でやったつもりでございます。以上です。  (「議長」と呼ぶ声あり) ○議長(北山 隆之 君) 陸田議員

行橋市議会 2019-06-20 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月20日−05号

行橋市として、初めてのかなり大きなイベントなどの事業となる様相ですが、市民の声を聴いていない、市民に事業内容を公表していない、議会にさえ事前に全く説明もなしで唐突に予算化するという、民主主義の理念からは全く反した進め方をしています。  また年4回以上のイベントを行うこと。自主事業も行うことができます。

行橋市議会 2019-06-10 令和元年 6月 定例会(第14回)-06月10日−03号

長井浜公園使用計画内容を明らかにされていないのに、指定管理料が計上されていますが、あまりにも民主主義に反しているのではないでしょうか。まず市長にお尋ねしたいと思います。  まず1つ目ですが、長井浜公園をどう使用するのでしょうか、その計画、また3億余の金額を指定管理料とする業務内容を明らかにしてください。  2つ目に、指定管理料3億2631万4千円の積算根拠を分かるように説明してください。  

古賀市議会 2019-03-22 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第5日) 本文

民主主義国家である我が国において、直接示された民意は何よりも重く、また尊重されなければならないと3月16日に辺野古に新基地をつくらせない沖縄の県民大会が行われました。私たちは、この問題に無関心であってはならないと考えます。沖縄県民の誇りと尊厳が守られることを願います。  それでは、通告に従いまして質問をいたします。  

宮若市議会 2019-03-19 平成31年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2019年03月19日

それで民主主義の原則ですから、あえて一般質問しよったわけなんです。そして、人口が増えない。33人ですか。増えていたら、私、何も言いません。第一、そうでしょう。昔の宮若市の広報の中には、毎月の人口の増減載せていましたよ。転入人口が何ぼ、死亡が何人、流出が何人。現在人口はどれだけですよちゅう、毎月広報には載せていた。今、載っておりますか。(「載せています。載せています」と呼ぶ者あり)載っとうと。

北九州市議会 2019-03-14 平成31年 3月 定例会(第1回)-03月14日−06号

何よりも新基地建設が昨年の沖縄県知事選挙や2月に行われた県民投票で示された新基地建設に反対する民意を無視して行われていることは、民主主義である我が国で決して許されません。よって、政府に対し、辺野古新基地建設をきっぱりと中止するよう強く要請するものです。  次に、議案第9号、建設従事者のアスベスト被害の早期救済及び解決を求める意見書について説明します。  

行橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月 定例会(第13回)-03月11日−02号

国策の話はしたくありませんけども、あなたはやっぱりそういう地域住民が百人おったら百人の、この民主主義国家において百人は賛成しませんよ。そけど極論から言えば過半数以上が賛成すればいいんでしょ。そけどその反対の方が狂暴的に出るということを、もし事件が起きたときに、後追いで行政において、行橋は何をしているのと、こうなりはしませんか。

古賀市議会 2019-03-05 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第2日) 本文

民主主義は、この社会生きるあらゆる立場の人々の思いを酌み取りながら、その調和を図る営みであると理解をしています。ですから、私は政治家として民主主義を健全に成立をさせるために、国民の皆様の道具となることに徹する立場をとっています。道具は、必要なときに手元になければ使えません。

久留米市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第2日 2月27日)

また、いわゆる政治ですから、透明性とか、民主主義から考えて、おかしな政策は嫌いということであります。  ですから、今回、リースを導入するからマジックみたいに加入者のお金が減るということはありません。  リースと言いますのは、具体的には、資金調達能力がない人にとってはリースはメリットがあります。

古賀市議会 2019-01-24 2019-01-24 平成30年第4回定例会(第4日) 本文

しかし、この少数意見を認めないというような吉住議員の発言、これは私は民主主義の原則の一つである、少数意見の尊重に反するとも思っております。民主主義の否定ともとれるようなこういう発言については認めることもできません。さらに、市長に対しての発言も、制限をするような発言をされています。  

古賀市議会 2019-01-23 2019-01-23 平成30年第4回定例会(第3日) 本文

民主主義はこの社会生きるあらゆる立場の人々の思いを酌み取りながら、その調和を図る営みであると理解をいたしております。だからこそ、対話と交流を起点といたしまして、社会の課題を見出し、課題を解決する政策を立案するに当たっては、市議会の皆様、また広く市民の皆様から、その御経験に基づくお知恵をいただきながら、ともにまちづくりを進めてまいりたいと思っております。