8669件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2024-05-20 06月10日-01号

初等中等教育段階で、OECDの平均は3.5%でございますが、日本では2.7%であります。自治体の間で教育格差が生まれることは、大きな問題であります。 そこで、2020年度政府予算編成において要望するものでございます。 議員各位におかれましては、議会最終日には可決していただけますよう、お願いをいたします。 ○議長田中勝馬君) 以上で、議員提出案件趣旨説明を終わります。 

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

清武輝教育長 今のご指摘の不登校を減らすためにはいろんな取り組みがありますけど、1番大事なことは、早い段階で、アクション3にもありますように、発見して、そして早く対応すると、これが1番課題になっています。ですから、欠席が3日続いたら家庭訪問して状況を捉えるというようなことで、1日目で連絡、2日目で連絡、3日目で家庭訪問ということで、これは徹底してやっているところです。

小郡市議会 2021-12-16 12月16日-03号

入江和隆議長 先ほどの山下経営政策部長答弁調査をしているという段階です。答弁ができるならば今答弁をお願いしますし、できますか。できなければ、文書で後でお伝えすると。文書でよろしいでしょうか。 ◆5番(高木良郎議員) はい、いいです。 ○入江和隆議長 では、後ほど文書高木議員にお示しをいただきたいと思います。 以上で5番高木良郎議員質問を終わります。 

小郡市議会 2020-12-18 12月18日-05号

現在のところ、まだ結論を見出せる段階までは至っていないというのが現状でございまして、大枠といたしましては、先ほど市長答弁でありましたとおり、施設整備あるいは運営に関する部分については、いわゆる第三セクター、市直営という形ではなくて、民間活力の導入に向けた意見が多く出されているという状況でございます。 

みやこ町議会 2020-12-17 12月17日-04号

現在、委託法人と各職員との面接がほぼ終了した段階でございまして、各職員の個別の事情もございますけれども、大半の職員法人への移行を希望していますので、スムーズな引き継ぎができるものと認識しております。今後も丁寧な対応に努め、不安がないよう努めてまいりたいと考えております。 以上です。 ○議長田中勝馬君) 熊谷みえ子議員

みやこ町議会 2020-12-16 12月16日-03号

行政経営課長進光晴君) 勝山運動公園につきましては、跡地の申し出というのは、現段階では正式には入ってきてはおりません。幾つか意見としてというか、又聞きといいますか、そういった形では聞いたことがあるような気がしますが、ちゃんとこういうふうに使うという形では、まだ聞いておりません。 また、こういうふうに使っていきたい。

小郡市議会 2020-12-04 12月04日-02号

今井知史環境経済部長 まず、久留米市との協議でございますが、今回の豪雨災害被害について、ご存じのとおり、久留米市のほうでは9月議会段階でもう既に補正予算での対応を先行して決定をされるという状況がございました。それについてはご指摘もいただいてた件ではございますが、今回の災害対応についても久留米市とは十分な協議ができていないという状況でございます。

春日市議会 2020-10-21 令和2年地域建設委員会 本文 2020-10-21

それから避難勧告避難指示レベル4ということに段階的になってくるんですけども、そういった部分含めて、今回は台風でございましたので、自主避難によって高齢者が避難する部分、それと、独り暮らしとかそういうのも地域と話しながら、例えば自主避難するに当たって地域の方から、今回、場所によっては民生委員さんが回っていただいたというところもありますので、それぞれ特色がございますので、そういった部分含めてですね、マニュアル

北九州市議会 2020-09-29 09月29日-07号

控訴に関する議案を提出している段階であり、議員から遺族への謝罪を求められたところでありますが、現時点でお答えするのは適切ではないと考えております。 新たな主張があるのかどうかという御質問がございました。控訴審では、当時の受託会社の社員からの聞き取りや医学的見地からの立証などを基に主張を進めたいと考えておりますが、詳細につきましては今後の裁判において明らかにしたいと考えております。 

春日市議会 2020-09-24 令和2年市民厚生委員会 本文 2020-09-24

10: ◯副委員長船久保信昭君) この件に関して、修文をされる段階での相談はございませんでした。 11: ◯委員長内野明浩君) はい。 12: ◯副委員長船久保信昭君) 今、米丸委員のほうからお話ありました、多分、修文範囲自体委員長権限でどこまで規定されているのかというところが明確でないというのが、やっぱり一番の問題があるのかなというふうに私も感じています。

春日市議会 2020-09-24 令和2年第3回定例会(第5日) 本文 2020-09-24

また、この判定結果を受け、対策の検討にこれから移っていくという認識でよいのかとの質疑が出され、執行部から、対策をとっていくことが必要ということにはなるが、再度レベル2地震動における耐震調査を県の指導に基づいて行う必要があり、その結果を受けて、最終的な対策を検討していくという段階であるとの回答を受けています。  

春日市議会 2020-09-23 令和2年議会運営委員会 本文 2020-09-23

考え方として、例えば、今までの話合いの中で、少しでも行けるチャンスがあればっていう考え方があったと思いますので、例えば、今年いっぱいは自粛するとか、段階をおいてですね、それか、もう来年の3月まで自粛するっちゅうのも一つでしょうし、今年いっぱいと来年に分けて考えるっていうのも一つでしょうし、いろんな考え方があると思いますので、まず委員さんのほうからのお考えがあれば、お聞きしたいと思いますが。