125件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

久留米市議会 2019-09-11 令和元年第4回定例会(第4日 9月11日)

例えば、佐賀県武雄市では、約3年をかけて、小・中学校の全生徒にタブレットを1台ずつ貸与、つまり、教師用も含めて全部で約4,500台相当を導入したということで、主体は反転授業を中心に施策を展開して、結果としては学力アップのみならず、その学力アップはもとより、いじめ、不登校校内暴力などの出現率も低下したと聞き及んでおります。  

田川市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会(第2日 2月28日)

日本及び先進国ではいじめ、不登校、体罰、児童虐待、麻薬、覚醒剤、非行校内暴力等が指摘されておりますが、当然ながら、これらは子供だけで到底監視、防御することはできません。だからこそ、大人たち社会の中に子ども権利条約が誕生の起因となったわけで、子供にとって最も大切な四つの権利については、執行部には釈迦に説法でございますけども、非常な大事な核心部分となりますので、改めて紹介をさせていただきます。  

川崎町議会 2014-12-10 平成26年度第8回定例会(第3日) 本文 開催日:2014年12月10日

町内の中学校で発生した暴力事件の概要と校内暴力抑止対策についてお尋ねをいたします。  そして3番目。町内に住所があって何らかの事情で校区外に通学している児童生徒現状課題についてお尋ねします。  4番目。9月28日に実施すると公約していた川崎町暴力追放大会を早々に中止を決めました。延期でなく中止した理由の説明と、3月までに実施することを提案をしたいと思いますけども見解をお尋ねいたしております。

筑紫野市議会 2014-09-18 平成26年第3回定例会(第3日) 本文 2014-09-18

それは校内暴力、学級崩壊、自傷行為背景にもなっています。  これは、教育自体が競争的で管理的になっていることを考えざるを得ません。塾通いの割合は十数年間で倍近くにふえています。4割の子どもが「時間的ゆとりがない」と答えています。競争や忙しさは、人間をばらばらにします。少なくない子どもたちが「友達に本音を言えない」「友達の中にいるとキャラを演じ続けるので疲れる」、このように訴えてます。  

川崎町議会 2014-06-11 平成26年度第2回定例会(第3日) 本文 開催日:2014年06月11日

いじめや不登校学級崩壊校内暴力といった困難を抱える学校を解決するために、実施されているのが学び共同体です。学び共同体のビジョンは、子供一人一人の学ぶ権利を保障する。子どもたち学び合い、教師たち専門家として成長する。子供と親と地域から信頼を獲得し連帯するということです。  

福岡市議会 2013-03-06 平成25年第1回定例会(第6日)  本文 開催日:2013-03-06

その中で、学校生活、不登校いじめの問いでは、いじめられた経験があるは、3年前の調査に比べてやや低下しているものの、中学生で約1割、高校生世代で約5%で、男子より女子が高くなっており、約7%の中学生いじめ校内暴力理由学校に行きたくないと回答しています。また、いじめられたときに死にたいと思った中学生は約2割、高校生世代で約4割と高い傾向を示し、前回の調査より増加しています。

川崎町議会 2012-09-14 平成24年度第4回定例会(第2日) 本文 開催日:2012年09月14日

さらに、今年度に入ってからも、本町の青少年が検挙される校内暴力事件及び大麻事件が立て続けに発生をしております。  暴追条例は、確かに暴力団の排除が主な目的ですが、ただ単にそれだけにとどまりません。暴力や犯罪のない明るく平和な地域づくりを目指していかなければなりません。暴力は何も暴力団に限った話ではないわけであります。  ところが、現実は今述べたとおりでございます。

大牟田市議会 2012-06-15 06月15日-02号

教育現場では、校内暴力、学級崩壊、不登校問題等は、家庭環境、教員の質、教育環境変化等によって外的要因ばかりに目を向けられがちでしたが、本質的な身体の内面的な要因、つまり健全な身体に健全な精神が宿ると言われるように、基本的食習慣の乱れが影響しているとの指摘により、その裏づけとして食育の知識の教育(知育)、道徳教育(徳育)、体育教育体育)の基礎となるべきものと位置づけられています。 

みやこ町議会 2011-12-15 12月15日-04号

それでは、次の4番目の教育問題ですが、学校教育社会教育ということで、いじめ、不登校校内暴力にどう努力されたか、また高齢者社会教育ですね、人権教育、さらに重視していただきたいということでございます。このいじめの問題、3月に通告をして、教育長にお願いしておりますし、重複されますが、いじめは今大事な大きな事件にあっておりますので御答弁をお願いします。 

みやこ町議会 2011-12-14 12月14日-03号

みやこ町におきましても、数年前には校内暴力事件、あるいは最近では喫煙等が増加の傾向にあると言われております。次代を背負う青少年を健全に育成することは、家庭学校社会の3者の責任であると考えますが、3者がそれぞれの責任にどういうふうに対応しているか、またどう対応しなければならないかについて、教育長の所信を賜りたいと思います。 

みやこ町議会 2011-03-09 03月09日-04号

次に、教育行政ですが、これは私もヒナガさんに会ったもんで、ちょっと教育行政学校教育現場施設整備ということでございましたが、特に町内小中学校の不登校いじめ校内暴力実態はということで、これは不登校については保護者については、大変なことということを私が申すまでもございませんし、またいじめ、私もいじめを受けた体験がありますから、それはやはり深刻な問題で、しかし昔のいじめはさらっとしとったし、上級生

北九州市議会 2010-06-10 06月10日-01号

また、不登校校内暴力、いじめなど子供の問題を予防する上でも有効であると言われています。以前にもこの問題については取り上げ、昨年の11月策定されました北九州市子どもの未来をひらく教育プランの中でも、重点的な取り組みの一つとして読書好きな子供日本一を目指すことを掲げ、少しずつ前進していることは承知をしています。

筑紫野市議会 2010-03-16 平成22年第1回定例会(第4日) 本文 2010-03-16

国内でスクールソーシャルワーカーを明確に打ちだした活動というのは、昭和56年所沢市で校内暴力への対応策として導入されています。  このように以前から活用されていたのですが、2008年、ソーシャルワーカー活用文部科学省が後押しした背景として、学齢期子どもたちが直面する課題が時代や社会状況を色濃く反映していることにあると考えています。

遠賀町議会 2008-12-15 平成20年第 7回定例会−12月15日-03号

家庭では、親が子供、逆に子供が親を傷つける事件や、学校では校内暴力いじめも深刻な状況です。  また、幼い命が突然奪われる事件も発生しています。これらを解決するためには、親と子はもとより、全国民が人としての心を取り戻さなければならないと考えます。私たちが最も大切にしなければならないことは、大人子供の心を信じ、守り、育み、鍛えることです。大人がしっかり子供を支援することです。

北九州市議会 2008-09-10 09月10日-03号

その一つとして、不登校校内暴力、いじめなどの子供の問題を予防するために読書が有効であると言われています。それは読書によりよく脳を働かせると、能力とともに想像力や人間らしい感性も豊かに育つからだそうです。最近は、その観点から読書の推進、そして学校図書館の充実を図る自治体がふえています。まずは、この点についてどのように考えられるか、御見解をお聞かせください。 

行橋市議会 2008-03-06 03月06日-02号

学力だけの問題ではないんですが、そのことに端を発するのかもしれませんけども、不登校の問題とか校内暴力の問題とか、問題行動についての現状はどのようになっているのか、お聞かせ頂きたいと思います。そして、その解決のために何が必要とお考えなのかお聞かせ下さい。 もう1つ、小中一貫教育ということでテーマを挙げさせて頂いています。

春日市議会 2006-12-12 平成18年第4回定例会(第4日) 本文 2006-12-12

元来、不登校要因として校内暴力、いじめが考えられていること、さらに御答弁いただきましたデータを見てみますと、いじめ実態はほとんど、直接本人の訴えに頼っているというわけでありますから、いじめを受けていてもですね、本人が言い出せない子供たちはまだ潜在的にいると考えれば、本来この数値以上にですね、いじめ件数はあると考えるべきだと思いますが、教育長はその実態件数についてどのような認識をお持ちなのか、