887件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

みやこ町議会 2025-06-19 06月19日-03号

確かに、今の林業を考えますときに、伐採と、まあ林道というのはあくまで目的はそういう林業振興のためにつくったものでもございますので、木材と切り出したものですね、これを出すときの問題というのがついて回るのはもう理解しております。それで、5トンで搬出できるのかという点もございます。この点につきまして再度、所管課を交えたところで協議をさせていただきたいと思っております。 

小郡市議会 2020-06-24 06月24日-06号

次に、6款2項1目林業振興費森林づくり推進費190万円の増額は、今年度森林環境譲与税として190万円が小郡市に交付されますが、これを使用して、森林所有者に対して今後の森林経営管理について意向調査を実施するための予算を計上するものです。内訳は、臨時職員賃金26万4,000円と、森林環境譲与税基金積立金163万6,000円です。

古賀市議会 2020-03-25 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第4日) 本文

配分基準は、私有林人工林面積50%、林業就業者数20%、人口30%として案分される。  2、森林環境税及び森林環境譲与税に関する法律において、森林環境譲与税使途が定められている。主な使途としては、森林整備に関する施策森林整備を担う人材育成確保公益的機能に関する普及の啓発等である。これらの使途目的に沿って、今後積立基金の有効な活用方法を検討する。  

福岡市議会 2020-03-25 令和2年第1回定例会(第7日)  本文 開催日:2020-03-25

次に、林業再生と木材利用推進についてです。  建築基準法改正により中規模建築物への木造利用が見られるようになりました。民間建築物への木材需要拡大のためにも、市が率先して庁舎の木質化をはじめ、公共建築物への地域木材利用促進を拡大していくよう要望します。  次に、生活交通の充実についてです。  

福岡市議会 2020-03-18 令和2年条例予算特別委員会経済振興分科会 質疑・意見 開催日:2020-03-18

また農業林業、水産業生産額はいずれも平成28年度と30年度を比較すると上昇している。所得も平成25年と29年を見ると農業沿岸漁業ともに大きな伸びとは言えないが上昇している。農漁業は、自然環境に左右され、特に海は短期間で漁場環境が改善することは難しく、一定の時間がかかることはご理解願いたい。

みやこ町議会 2020-03-12 03月12日-03号

次に、例えば犀川であると、やはり農業であったり、林業昔は林業が大変盛んだった。そういったたくさん御先祖が植えてくれた杉の木、ヒノキがたくさんあります。これをどのように生かしていくのか、これをやはりもう少し目標をもって、見える形で目標を立てていただけないかなと。そして、豊津ですけれども、こちらも歴史もあります。

福岡市議会 2020-03-11 令和2年第1回定例会(第5日)  本文 開催日:2020-03-11

また、林業に目を向けると、市域面積の3分の1を占める森林では杉やヒノキなどの人工林木材として利用可能な時期を迎えております。  これらの森林資源を有効利用し、林業振興を図るため、令和元年度から導入された森林環境譲与税を活用し、市内の公共建築物等への地域木材利用促進を図るべきと考えますが、御所見をお伺いします。  次に第4は、文化薫る洗練されたまちについてであります。  

福岡市議会 2020-03-10 令和2年第1回定例会(第4日)  本文 開催日:2020-03-10

また、林業のさらなる活性化を図るため、地域木材については、林業ビジネス化を図ることと併せて、学校をはじめとする公共建築物はもちろん、民間建築物木造化木質化を積極的に進めるよう要望いたします。  次に、目標7「創造的活動が活発で、多用な人材が新しい価値を生み出している」についてであります。  

大野城市議会 2020-03-09 令和2年予算委員会 付託案件審査 本文 2020-03-09

6款2項1目林業総務費は、754万1,000円でございます。まず、職員給与費672万4,000円は、職員1名分の人件費となります。  次の林業管理費81万7,000円は、鳥獣被害防止総合対策事業として、住宅地などで緊急に対応する活動費や、山地部において箱わな等による有害鳥獣捕獲に対する委託料となります。  6款2項2目林業振興費は、6,778万1,000円を計上しております。

志免町議会 2020-03-06 03月06日-01号

歳出の主なものは、一般管理費総務系職員を1名から2名にするための人件費など562万6,000円増の1,528万7,000円、林業総務費森林施業のための費用を増額したものの業務職員を2名から1名にしたことから248万7,000円減の5,272万7,000円、道路維持費作業道補修工事増嵩して対前年度比170万円増の542万3,000円、林道建設費作業道開設費増嵩で対前年比293万6,000円増