136件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

糸島市議会 2018-12-12 平成30年 第6回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2018-12-12

さらに、平成22年12月議会では、浦議員は新駅建設を要望し、松本前市長がこのとき先頭に立って頑張ると答弁をして、ありがたい答弁をいただきましたというふうに感謝をしています。翌年、平成23年には新駅設置促進期成会が結成をされ、松本市長が会長に、浦議員が会長代理に就任をなさいました。

糸島市議会 2018-06-14 平成30年 第3回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2018-06-14

実は、私が1期目のとき、松本市長がいらっしゃったときには、一般質問で上げた質問について研究する、検討するということについて、半年をめどに各議員のほうに担当課のほうから現在の報告がなされておりました。ぜひ、今回の一般質問も含めて、これまでの4年間はそういうことがなかったと思っております。恐らく現場のほうでは取りまとめはされていたんではないかとは思うんですが、個人的にはそういうことがなかったんですね。

糸島市議会 2018-03-20 平成30年 予算特別委員会(第3日) 本文 2018-03-20

それで、私も今でも思い出すんだけれども、合併直後の年の議会で、浦伊三次議員が当時の松本市長に対して新駅をつくれというような質問をしたときに、駅舎にはお金はかからないというようなことをあの場でおっしゃっていたし、かけないということをおっしゃっていたんだけれども、今回、この新駅駅舎等整備事業という、この実施計画を見たときに、ちょっと幾つか確認したいんですが、国庫支出金というところの、ここ来年度は8,000

糸島市議会 2018-03-15 平成30年 第2回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2018-03-15

その声を無視して、松本前市長がこの中央ルート建設を推進しました。その同じレールを、私は月形市長には走っていただきたくない。まだ今だったら間に合うというふうに思っていますので、そのことを心から要望しておきたいと思います。これはやはりこの議会だけじゃなくて、もっともっと市民の皆さんが関心を持って声を上げなければ、簡単にはやめさせることはできないなときょうも痛感しました。

糸島市議会 2017-12-12 平成29年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2017-12-12

まず、これは平成19年3月1日に松本前市長が議会に出した財産の処分についてと書いてあります。これには雷山保育所を無償で処分しますと書いてあって、契約の相手方が社会福祉法人桂信会となっています、なっていますね、これ持ってありますか、持っていなかったら聞いててくださいよ。

糸島市議会 2017-09-14 平成29年 第3回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2017-09-14

そういった中で、前市長の松本市長は、ハードな部分はほとんどされておりません。しかしながら、財政的に大変利子の高い、借りた市債を返したり、いろんな方策をとって、そして、基金として積んでいらっしゃいました。しかしながら、今期は月形市長になって、後期基本計画をみずからの手でつくられました。その中にも大きな、後で質問をいたしますけれども、ハードな部分が出てまいります。

糸島市議会 2017-03-14 平成29年 第1回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2017-03-14

松本謙二さん、こう書いているんですよ。糸島市健康ふれあい施設二丈温泉きららの湯移譲先募集要項に基づき応募します、募集要項をちゃんとごらんになったんですよね。なお、応募に際し、応募要件を満たしていることを確約しますと書いてあるんですよ。自分は応募要件を満たしていますよと、3年分と書いてあるのを満たしている、3期分出していますよと、確約しますと、1期分しか出していませんが、済みませんじゃないんですよ。

糸島市議会 2016-12-12 平成28年 第4回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2016-12-12

平成21年合併前の前原市の時代に、雷山地域で計画されていた鉄塔と送電線を地中化するよう、事業主である九電に松本前市長が要望されています。今回、一般質問をするに当たり、前原市議会の当時の議事録を読ませていただきましたが、雷山の送電線に関し当時4名の議員の方が一般質問で取り上げられ、そのうち3名の議員が電磁波による健康被害を問題視され、質問されていました。  

糸島市議会 2016-09-28 平成28年 第3回糸島市議会定例会(第6日) 本文 2016-09-28

「募集要項には当該施設において施設の運営と連携した事業を行っている法人としているから、応募資格はある」との答弁ですが、質疑に対し副市長は、「松本代表は7年前からきららの湯の運営にかかわられており、入湯者の増加対策や経営改善に我々と一緒に努めていただいている」との答弁でした。今までも運営にアドバイスされていたにもかかわらず、実質的には赤字です。

糸島市議会 2016-09-06 平成28年 第3回糸島市議会定例会(第2日) 本文 2016-09-06

134 ◯副市長(谷口俊弘君)  日食システム株式会社の代表取締役松本謙二氏とフードサプライの関係を申されましたが、平成21年5月から、福岡フードサプライにきらら庵をお任せしております。テナントとして入っていただいています。このときは日食システムの松本氏は取締役として、きらら庵の現場責任者の統括をなされております。

糸島市議会 2016-03-08 平成28年 第1回糸島市議会定例会(第3日) 本文 2016-03-08

それから、この新駅建設、前原東土地区画整理事業の費用対効果等々についてですけれども、前市長、松本さんは、新駅建設でかなり大きな財政投入になるけれども、その結果、土地区画整理事業もあわせまして人口増の経済効果でこれは取り戻せるというふうにおっしゃったという、そういう新聞記事を読んだ記憶があります。現在もこのように考えておられるかどうか。  

糸島市議会 2015-12-16 平成27年 第4回糸島市議会定例会(第5日) 本文 2015-12-16

76 ◯議会活動に関する調査特別委員長(中村 進君)  議会活動に関する調査特別委員会では、平成27年10月20日から22日にかけて、岐阜県高山市、それから可児市、長野県松本市において議会活動に関する取り組みについて視察調査を行いましたので、その調査結果について報告いたします。  

糸島市議会 2014-12-12 平成26年 第5回糸島市議会定例会(第4日) 本文 2014-12-12

そこで、私ここで今回また提案したいと思うんですけれども、前市長の松本市長の時代に、市民税の1%を使った校区まちづくり推進事業補助金が創設されて、現在それを引き継ぐ形で、金額は多少削減されたと思いますけれども、年間100万円を上限に活動補助をされています。この活動は私は物すごく効果があるというふうに思っておるんです。  糸島市は合併して広うございます。