165件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

小郡市議会 2022-06-19 06月19日-04号

ずっと今回だけでなく随分前から各議員のほうから時間労働について何が原因なのかということを訴えられてきてるけど、なかなか何が原因なんだという具体的なところが見出せてないのが現実ではないかなあと思いますが、まず1番そこをやっぱりしっかりと把握しない限り行財政の改革はできないと思うんです。今から市民ニーズも本当に幅広くもっともっと多くなると思います。そういう中では業務がどんどんどんどんふえていく。

みやこ町議会 2020-12-23 12月23日-05号

文部科学省は、この制度が恒常的な時間労働がないことを前提にした制度であることを認めながらも、強行しています。 この問題点は、夏休みのまとまった休暇を保障することにありますが、今回影響するのが、総務省がマニュアルで示した勤務時間による手当支給対象の線引きの問題がございます。パートの会計年度任用職員の方で、週当たり勤務が15時間30分より少なければ手当対象外という設定が想定されております。

北九州市議会 2020-12-06 12月06日-03号

変形労働時間制は、厚生労働省の通知によりますと、恒常的な時間労働がないことが導入の大前提だと明記されています。ところが、今回、文科省はこのハードルを引き下げて、月45時間、年間360時間以内の時間労働を可能とする上限ガイドラインという、こういう導入をいたしました。 そこで、お聞きしますが、北九州市の教員現状、月45時間、年間360時間以内におさまっているんでしょうか。現状をお答えください。

小郡市議会 2020-09-24 09月24日-05号

いろんなさまざまな時間労働に関しましては、こちらも多くの議員一般質問でされてきておりますが、その時間外に関して具体的に減らす案とかがなかなかなかったと思うんですが、今現在時間労働に関しましてどういった取り組みをされているのか、改めてお尋ねしたいと思います。 ○入江和隆議長 答弁を求めます。 山下経営政策部長

小郡市議会 2020-06-24 06月24日-06号

小郡市においても残業が常態化しており、先ほど報告にもありましたように、平成30年度においては、一月45時間以上の時間労働をした職員は486名とのことです。 市民皆様へのサービス向上のためには、職員皆さん心身ともに健康で元気でいることが1番大事なことだと思っております。市民皆様のためにも、職員労働時間を含め、労働環境を守っていくことも私たちの務めと思っております。

小郡市議会 2020-06-18 06月18日-03号

今年のつい先日、6月、NHKとか朝日放送でニュースが出たんですが、奈良市が違法に時間労働をさせてたということでニュースになりました。ご存じかどうかはちょっと微妙な、最近なので難しいかと思うんですが、実は奈良市が現業の方々に三六協定を結んでなかったということで、今回、違法であるということでニュースになっています。

遠賀町議会 2020-03-19 令和 2年第 2回定例会−03月19日-04号

この労働基準法改正案がつくられたとき、広告大手電通新入社員で過労自殺した高橋まつりさんの母、幸美さんは、「働き方改革実現会議実行計画について、時間労働をほぼ月100時間認めることに強く反対します。罰則付き時間労働上限規制が働く人の視点に立った働き方改革だったというのに、繁忙期はほぼ100時間の時間労働を認めるという法律には、過労死遺族の一人として全く納得できません。

北九州市議会 2020-03-17 03月17日-03号

今回の新型コロナウイルス感染対策、その最前線で頑張っておられる保健福祉局保健衛生課職員皆さん、何回もお会いして状況をお聞きしましたけれども、2月の時間労働が160時間を超えているという方もおられました。コロナウイルスで頑張っておられる職員が、このままでいったら過労死すると。市民を守るために頑張っている職員が過労死するなどということは絶対にあってはなりません。

大牟田市議会 2020-03-09 03月09日-03号

そのため、新卒段階で、ミスマッチによる早期離職を解消するために、一つは、労働条件を適格に伝え、平均勤続年数研修の有無及び内容といった就労実態等職場情報もあわせて提供すること、2つ目に、ハラスメント防止研修を行うなど職場内で良好な人間関係を保つこと、3つ目に、時間労働の削減や有給休暇の確実な取得など、ワーク・ライフ・バランスに取り組み、働き方改革を推進することなどが重要であると考えております。

久留米市議会 2020-03-04 令和 2年第1回定例会(第4日 3月 4日)

男女平等の職場づくりを進める取り組みは、「時間労働の縮減」や、「仕事の内容等に性別による区別をつけない」等の回答が多くありました。  市の男女平等の取り組みの認知は、男女共同参画行動計画等計画は4割以上と高く、女性憲章等の宣言は3割と低い状況でございます。パープルリボンは約8割の職員に認知されておりまして、セーフコミュニティ取り組みによるものと考えられております。  

大野城市議会 2020-03-03 令和2年第1回定例会(第2日) 代表質問・質疑・付託 本文 2020-03-03

また、労働基準法第36条により、法定労働時間を超える時間労働及び休日出勤などを命ずる場合に必要な時間外休日労働に関する協定届、いわゆる36協定の締結についてですけれども、市では、以前より市職員組合と協議を行っており、その内容をもとに適切な対応がなされるように今後も関係各所と丁寧に議論を重ねてまいりたいと考えております。  

久留米市議会 2019-12-11 令和元年第6回定例会(第5日12月11日)

職場管理職意識改革、非効率な業務プロセスの見直し、取引慣行の改善を通じて、長時間労働をなくしていくことが必要であると厚生労働省も明記していますし、また上司や管理職職員間のコミュニケーション不足や、残業時間労働が多く、休みが少ないことが原因によるストレス増加、事件や事故を含む不祥事を防止することなど、悩みや問題を解消するため、市として相談窓口を設置し、現場の声を聞くことや実態を把握するなど、

久留米市議会 2019-12-06 令和元年第6回定例会(第2日12月 6日)

しかし、時間労働が常態化しているということも一方で明らかになりました。実際に、現場先生方がどのような働き方をしているのか、1年変形労働制によって先生の働き方がどうなっていくのか、子育て、介護、そして本当に夏休みがとれるようになるのか、こういったことを現場先生方、不安に感じておられます。  一番の実害としましては、先生方が帰宅する時間がさらに遅くなるということです。

福津市議会 2019-11-28 11月28日-03号

◆11番(中村清隆) 職員増員等をする場合、例えば、繁忙期であったり、先ほど、最初に申し上げました災害対応に追われるときは、職員時間労働がふえるということもありました。ただし、今言われたように、まだ未曽有災害というのが、幸い、福津市には起きてないように思えております。これがさきの、茨木県や千葉県で起きたようなことになれば、果たして、正規職員300人で対応できるのかと。