38件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

嘉麻市議会 2018-12-13 平成 30年12月定例会(第4回)-12月13日−04号

また、大牟田市には当時の遺跡が再現されるなど、ユネスコの世界遺産に登録された「明治日本産業革命遺産石炭産業意識した取り組みが強化されております。  しかしながら、嘉麻市においては、同じ産炭地でありながら、炭鉱遺産が生かされていないように感じます。当時住んでおられた方々が嘉麻市に訪れた際、炭鉱遺産の減少や当時の風景や道路などが変わったりと、面影が薄れているのが、現状でございます。  

北九州市議会 2018-10-03 平成30年10月 3日 総務財政委員会-10月03日−01号

例えば明治日本産業革命遺産の概要であったり、23構成資産がありますけれどそういうようなもの、あるいは日本産業化をけん引したということで、製鉄製鋼、造船等の展示、それと官営八幡製鐵所のジオラマみたいなのを展示したりしながら、世界遺産の価値について普及しているところでございます。  議員がおっしゃっているような当時の生活の様子とかいうところまでの展示は今できてないというところでございます。

福津市議会 2017-09-06 平成 29年 9月定例会(第4回)-09月06日−03号

そのプレートの図柄、デザインについては、平成27年の明治日本産業革命遺産の世界文化遺産登録を記念するために、その構成資産の一つである三池炭鉱の宮原立て坑のやぐらと、市制100周年を迎えるに当たって作成された公式キャラクター「ジャー坊」をあしらったデザインになっているということなんですね。  

北九州市議会 2017-03-23 平成29年度 予算特別委員会-03月23日−01号

スペースワールドのある東田地区内には、広域からの集客が期待できるいのちのたび博物館を初め、複数の公共施設や、平成27年に明治日本産業革命遺産として世界遺産に指定された官営八幡製鐵所旧本事務所が立地しております。また、JRスペースワールド駅や都市高速枝光出入り口など、交通の拠点にも隣接していますので、広域からの集客に関し大変すぐれた条件が整っております。

宗像市議会 2017-03-02 宗像市:平成29年第1回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年03月02日

もう一つは、いわゆる有名観光地の登録が一息ついた平成16年以降に登録された熊野古道、石見銀山、富岡製糸場明治日本産業革命遺産など、前者に比べると観光地としてのイメージが薄かったものが挙げられます。  本市が推進しております「神宿る島」宗像・沖ノ島と関連遺産群は後者に当てはまると考えております。

直方市議会 2016-12-02 平成28年12月定例会 (第5日12月 2日)

これは、北九州市、それから中間市近代化遺産世界遺産である明治日本産業革命遺産に登録されたこと。また、過去に放映されましたNHKの朝ドラにおきまして、筑豊の炭鉱に関連するドラマが上映されたことなども要因ではないかと考えています。  もう一つは、来館者のアンケートを行っておりますが、このアンケートに職員のもてなしが大変よいとの感想がふえています。

田川市議会 2016-09-23 平成28年第4回定例会(第4日 9月23日)

また、平成27年7月に「明治日本産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船石炭産業」がユネスコの世界文化遺産に登録されたことに伴い、これを記念して実施されたチクホウフォーカス2015への補助、世界記憶遺産地域の炭坑遺産などの保存・活用に関する取り組みを行う田川市世界記憶遺産活用活性化推進委員会への助成などを実施いたしております。  

北九州市議会 2016-09-08 平成28年 9月 定例会(第3回)-09月08日−02号

本市における平成27年度の大きなニュースの一つに、官営八幡製鐵所関連施設明治日本産業革命遺産製鉄・製鋼、造船石炭産業の構成資産として世界遺産に登録されたことが上げられます。この世界遺産登録推進に係る経費は、平成27年度決算額では登録前、登録後を合わせて約8,500万円となっています。

北九州市議会 2016-06-14 平成28年 6月 定例会(第2回)-06月14日−03号

本市では昨年7月、官営八幡製鐵所関連施設を含む明治日本産業革命遺産世界遺産に登録されました。連日多くのメディアに取り扱われ、その後もバスツアーやユニークなお土産ができるなど、世界遺産のブランド力の大きさを強く感じたところです。この無形文化遺産登録が実現すれば、本市はユネスコの3大遺産のうちの2つを有する町となります。これは大変名誉なことであり、大いに誇るべきことだと思います。

田川市議会 2016-02-22 平成28年第1回定例会(第1日 2月22日)

それと石炭歴史博物館の件ですが、これは12月補正で、もう皆さんに通していただいた分野でありますが、この石炭歴史博物館一帯が国の史跡の指定になるかならないかという状況の中で、なれば、ここはやはりしっかり整備しておかなくてはならないということが一つと、また今回の明治日本産業革命遺産、これが今度文化遺産になりましたが、残念なことに、田川市はこれから構成遺産としては外されましたが、関連遺産という位置づけはまだあるということであり

田川市議会 2015-12-18 平成27年第6回定例会(第4日12月18日)

委員からは、明治日本産業革命遺産の関連遺産として、福岡県が設定する観光ルートに本市も組み込んでもらえるよう、積極的に、県に働きかけをしてほしいとの要望があっております。  また、財政負担の軽減等を図るためにも、今回の改修を機会に、入館料の見直しについても検討するよう要望があっております。  

北九州市議会 2015-12-11 平成27年12月 定例会(第4回)-12月11日−04号

② 本市の個別要望事項の要旨   ・ 「明治日本産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船石炭産業」の構成資産へ    の公的支援の推進     構成資産の管理保全に関する技術的・財政的支援、並びに稼働中の資産    を保全する所有企業の負担軽減に向けた支援を要望するもの。   

北九州市議会 2015-12-08 平成27年12月 定例会(第4回)-12月08日−03号

本年7月8日、第39回ユネスコ世界遺産委員会において、幕末から明治時代にかけて日本近代化に貢献した産業遺産群、明治日本産業革命遺産製鉄・製鋼、造船石炭産業が世界文化遺産に登録されました。この遺産群は8県11市にまたがる23資産から成り、本市からは官営八幡製鐵所関連施設の旧本事務所、旧鍛冶工場、そして、現在も稼働中の修繕工場が含まれています。  

北九州市議会 2015-12-07 平成27年12月 定例会(第4回)-12月07日−02号

また、先月19日には、総務財政委員会から党派別要望運動を行い、20政令市が一堂に会する中、公明党として、大都市財政の実態に即応する財源の拡充についてを初め、地方創生の取り組みに対する意見要望、本市の地方創生のかなめとなる明治日本産業革命遺産製鉄・製鋼、造船石炭産業の構成資産への公的支援の推進、スタジアム整備事業の推進、北九州空港の機能拡充・利用促進、主要道路等の整備促進などの要望を行いました。

直方市議会 2015-12-03 平成27年12月定例会 (第4日12月 3日)

また、本年7月、北九州市中間市に所在する「旧八幡製鉄関連遺産」が明治日本産業革命遺産として世界文化遺産に登録されました。直方市にも明治43年に筑豊石炭鉱組合の直方会議所として建設された市指定文化財石炭記念館があります。また、同じ敷地内にある訓練坑道も貴重なものだと思います。直方市は、これらの近代産業遺産について、どのような取り組みをなされたのか、御質問いたします。

北九州市議会 2015-09-14 平成27年 9月 定例会(第3回)-09月14日−04号

本年7月に世界遺産登録が決定した明治日本産業革命遺産製鉄・製鋼、造船石炭産業、本市からは1901年に創業した官営八幡製鐵所の関連施設がその構成資産になりました。官営八幡製鐵所の関連施設は製鐵所の構内に立地しており、現在稼働中の施設でもあることから、一般には公開されていません。

北九州市議会 2015-09-10 平成27年 9月 定例会(第3回)-09月10日−02号

私は、今回明治日本産業革命遺産製鉄・製鋼、造船石炭産業として製鐵所関連施設世界遺産として登録されたことは、改めて北九州市日本近代化においてどのような役割を果たしてきたのか、市民学び、郷土を知るよいきっかけになり、また、全国に、世界にその文化的な価値を発信していくことは大切だと思います。多くの来訪者を迎えることになるでしょう。

  • 1
  • 2