14件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

行橋市議会 2010-06-29 06月29日-06号

市議会議員  二 保 茂 則     賛成者 市議会議員  横 溝 千賀子     賛成者 市議会議員  澤 田 保 夫     賛成者 市議会議員  大 野 慶 裕 行橋市議会議長 城 戸 好 光 様提出先 衆議院議長参議院議長内閣総理大臣防衛大臣外務大臣   5月28日の日米共同声明による、築城基地における負担増加   に反対する意見書                      日米政府安全保障協議委員

行橋市議会 2010-06-08 06月08日-01号

5月28日、日米政府は、移転先として米軍キャンプ・シュワブ沖に1800mの滑走路を建設する移設案合意し、この内容安全保障協議委員プラス2)の共同文書に取りまとめました。また、この共同文書中に、沖縄県の負担軽減策として二国間及び単独の訓練も含め、米軍の活動の沖縄県外への移転を拡充するとして、徳之島の活用や、日本本土自衛隊施設・区域も活用され得ることが明記されました。

行橋市議会 2006-12-12 12月12日-03号

在日米軍再編につきましては、ご承知のとおり、5月1日の安全保障協議委員におきまして、最終合意をされました。これを受けて、5月30日に政府として閣議決定がなされたところであります。 このことは、国の政策決定として重く受け止めざるを得ず、また、訓練移転等の実施に向けた取り組みが行われていることも、事実として認めざるを得ません。

行橋市議会 2006-06-13 06月13日-01号

5月2日、福岡防衛施設局より、安全保障協議委員共同発表、いわゆる2プラス2の最終報告を受けております。これを受け、10日、1市2町基地対策特別委員会正副委員長による意見交換会を開催いたしました。 次に、16日、防衛庁より、総括施設調査官ほか4名が来庁いたしました。国との協議の場を断ち切らないでほしい、また地元のことについて、できる限り対処していきたいとの報告を受けております。 

北九州市議会 2006-03-24 03月24日-09号

日米政府は、2005年10月29日の安全保障協議委員で、在日米軍に関する中間報告日米同盟未来のための変革再編について合意し、現在その具体化に向けた協議が続けられています。この内容は、日米同盟を拡大強化し、世界じゅうに展開する米軍自衛隊の一体化を図ろうとするものであり、我が国及び極東の平和と安全を目的とする日米安全保障条約の枠組みを完全に踏み越えるものです。

行橋市議会 2006-03-24 03月24日-05号

よって行橋市議会は、安全保障協議委員中間報告における築城基地米軍使用強化に反対し、その撤回を求めるものである。 以上決議する。平成18年3月24日           行 橋 市 議 会意見書第1号    アメリカ牛肉輸入再開見直し牛肉原産国表示を求める意見書 地方自治法第99条の規定による別紙意見書(案)を会議規則第13条により提出する。 

北九州市議会 2006-03-02 03月02日-03号

最後に、昨年10月29日、安全保障協議委員、ツープラスツー合意した在日米軍再編中間報告に示された築城基地問題について尋ねます。 今回の日米合意が発表されて以来、沖縄負担軽減を口実にしつつ、実際は、戦後60年間の米軍基地の重圧に加え、基地恒久化機能強化になるとして、関係する103の自治体で反対表明がされています。

行橋市議会 2005-12-21 12月21日-06号

           決算の認定について 22.議案第138号 平成16年度行橋農業集落排水事業特別会計歳入歳出決           算の認定について日程第2 新たな提出に係る事案の上程、     提案理由の説明、議案に対する質疑採決 1.諮問第 2号 人権擁護委員候補者推薦について 2.諮問第 3号 人権擁護委員候補者推薦について日程第3 決議意見書上程質疑、討論、採決 1.決議第1号 安全保障協議委員

大牟田市議会 1997-12-12 12月12日-02号

この関連につきましては同趣旨の質問をさきの6月・9月議会でもお受けしたわけでございますが、指針の見直し経緯等につきまして改めて申し上げますと、日米両国政府平成7年11月に閣議決定されました「平成8年度以降にかかる防衛計画大綱」、及び平成8年4月の「日米安全保障共同宣言」を踏まえまして、日本と米国との間に既に構築されております緊密な協力関係を増進するために、昭和53年に安全保障協議委員により

  • 1