4件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1

大野城市議会 2020-12-14 令和2年第7回定例会(第3日) 一般質問1 本文 2020-12-14

これまでに、看護師医療事務、簿記2級、介護職員社会保険労務士精神保健福祉士日本語教師などの資格取得講座の受講に対して助成を行っております。  本給付金受給者数でございますが、平成29年度が4名、平成30年度が1名、令和元年度が3名となっております。以上です。 116: ◯議長山上高昭) 平田議員。 117: ◯1番(平田不二香) 次に、高等職業訓練促進給付金について伺います。  

大野城市議会 2018-09-14 平成30年決算特別委員会 付託案件審査 本文 2018-09-14

60: ◯こども未来課長(緒方一幹) キャッスルヒル・ハイスクールで担当していた日本語教師が異動により、それを担当する先生がいなくなったということが、学校訪問が難しくなった理由でございます。そこで、29年度からは公益財団法人国際青少年研修協会にお願いいたしまして、ホームステイ先を探していただいたり、学校訪問であったり、市役所訪問であったりのマネジメントをお願いしているところです。

古賀市議会 2003-12-02 2003-12-02 平成15年第4回定例会(第1日) 本文

また、日本語教室講師は、との質問に、日本語教師養成講座の2級課程と3級課程を修了された市外の2名の講師と12名のボランティアで、現在は初級10名、中級7名の申し込みがあっているとのことです。  研修棟使用料の減免の基準はとの質問に、市民がだれでも参加できる5名以上の団体には団体登録をしてもらい、半額免除

  • 1