94件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

岡垣町議会 2018-12-06 平成 30年 12月定例会(第4回)-12月06日−02号

このように半世紀にわたり、親子二代、三代と取り組み、そうした戦後日本歴史の中でも最も粘り強く、最も強い要望の一つとして、子ども医療費の助成があるのではないでしょうか。  近年、少子化子どもの貧困社会問題化する中で、安心して子どもを産み育てられる環境をつくることが大変重要な政治課題となっています。

北九州市議会 2018-06-07 平成30年 6月 定例会(第2回)-06月07日−03号

リニューアル後は、日本歴史文化を身近に体験できる人気が高いコンテンツについてさまざまな検討を行い、外国人観光客に満足いただき、更なる集客につなげることができるよう、ハード、ソフトの両面で充実を図ってまいりたいと考えております。以上です。 ○議長(井上秀作君) 38番 浜口議員。 ◆38番(浜口恒博君) 御答弁ありがとうございました。  

春日市議会 2018-03-14 平成30年第1回定例会(第4日) 本文 2018-03-14

重ねて申し上げますと、2014年に須玖タカウタ遺跡から、多鈕鏡の石製鋳型や、把頭飾の可能性がある土製鋳型、それぞれの一部が国内で初めて出土するなど、考古学の定説では全て輸入品と考えられていたものが、実はここ、いにしえの春日の地で国内生産されていたという、日本歴史を塗りかえるすばらしい大発見が連続しています。  

北九州市議会 2018-03-06 平成30年 2月 定例会(第1回)-03月06日−06号

本市には、日本歴史を支えてきた高い技術力を持つ中小企業が多数存在しています。この地元企業の積極的参入なくしては、本市の再生もなければ、本プロジェクトも本当の意味での成功とは言えないと思います。その意味で、本プロジェクトの主軸を担う風車メーカーの選定は、今後の地元中小企業振興の面でも極めて重要な要素の一つになるものと思います。  そこで、質問いたします。  

筑紫野市議会 2018-02-28 平成30年第1回定例会(第2日) 本文 2018-02-28

さて、本年は日本歴史において、特に明治以降初めての天皇陛下の譲位平成31年4月30日退位、5月1日皇太子天皇に即位されます。今年はその準備の1年となります。  また、本年は、慶応4年、1868年9月8日に元号明治と改められまして150年、すなわち明治150年であります。

小郡市議会 2017-12-20 平成29年12月定例会-12月20日−05号

目的は、小学校6年生で初めて学ぶ日本歴史の中で、ふるさとの歴史学び、ふるさとに対する理解と愛情を深めていただくものであります。さらに、他都市の副読本との違いは、副読本を読んでもっと深く知りたい人は、小郡市史との連携で、どこのページにあるかすぐにわかるようになっております。小学生にはもちろんのこと、大人にとっても貴重な財産であります。市民が副読本に触れる機会を多くすることが大切と思われます。

古賀市議会 2017-12-11 2017-12-11 平成29年第4回定例会(第3日) 本文

まずは日本歴史文化を深く理解し、教養を身につけることが大切だと考えます。  2点目についてお答えします。犬・猫の殺処分数は全国的に減少傾向にあり、粕屋保健福祉事務所管内においても、殺処分数は年々減少しております。これはペットは終生責任を持って飼うということが市民へ浸透した結果であると考えております。

福岡市議会 2017-12-01 平成29年議会改革調査特別委員会 開催日:2017-12-01

しかし、実際には正解はないのだから、みんなで議論して決めるしかないというのが議会制の考え方であり、これは日本歴史の中でも例外ではない。  議会基本条例の制定や議会改革の推進は、形や議会改革度ランキングの順位を求めて行うのでは全く意味がない。地域ごとに状況は異なるため、民主主義が誤作動を起こす危険がないのであれば、議会改革を行う必要はない。

北九州市議会 2017-12-01 平成29年12月 定例会(第4回)-12月01日−01号

一連の事業は、基本計画のタイトルにもあるとおり、小倉城を取り巻く歴史文化を踏まえながら整備が進められており、市内外にとどまらず、日本歴史文化と触れ合いたい国外からの観光客にとっても、更に魅力あふれる集客拠点となるものと期待しています。  そこで、まず小倉城周辺地区への今後の集客増の取り組みについてお伺いします。  

宗像市議会 2017-09-07 宗像市:平成29年第3回定例会(第4日) 本文 開催日:2017年09月07日

こうした人たちや日本歴史文化的価値に関心を持った人たちなどが、機会があれば、ここ宗像を訪問したいと考えていることを意識しまして、来てもらうための今後の施策を展開するとともに、世界遺産のあるまちとして資産を正しく永続的に保存管理し、市民の皆様の矜持として守り伝えていく必要があると考えております。  

春日市議会 2017-06-21 平成29年第2回定例会(第4日) 本文 2017-06-21

さらに、日本歴史上重要な史実として私も学校学びましたが、663年に朝鮮半島百済へ派遣された日本軍が、白村江にて新羅と唐の連合軍に対し、ほぼ全滅の状態での大敗をしております。その後、新羅日本に攻めてくることに恐れをなし、大宰府を守るための防衛施設として、土塁と水堀によって築かれた巨大な防護壁、いわゆる水城が築かれました。

嘉麻市議会 2017-03-21 平成 29年 3月定例会(第1回)-03月21日−06号

ただいま議員が申されましたように、この部落問題につきましては、日本歴史的発展の過程の中でつくられてきた身分階層構造に基づく差別によって、一部の人々が長い間、経済的、社会的、文化的に低位な状態に強いられてきたと。日常生活でさまざまな差別を受けるということを、我が国固有の重大な人権問題であるというふうに、国の同和対策審議会では申しております。  

嘉麻市議会 2017-03-16 平成 29年 3月定例会(第1回)-03月16日−04号

まず、地方公共団体の責務ということにつきましては、部落問題というのは、日本歴史的発展の過程でつくられてきた身分階層・構造に基づく差別による一部の人々が、経済的・社会的・文化的に低位の状態に置かれ、日常生活でさまざまな差別を受けるなどの我が国固有の重大な人権問題であるということで、日本国憲法保障されている個人基本的人権の尊重が侵されている問題であるということで、過去にこうした状況を国及び地方公共団体

春日市議会 2017-03-15 平成29年第1回定例会(第4日) 本文 2017-03-15

いずれも、遺跡の時期、性格は異なりますが、春日市日本歴史に登場し、そこに暮らす人々が後代に続く重要な役割を担う事業にかかわったという事実、あるいは大いに繁栄した奴国の王都で暮らしを営み、ここで製作された青銅器などが各地に広まっていったという状況は、今ここに暮らす私たちに、郷土の誇りとして、また、そこに住み続けたいという郷土愛に連なるものとして、おのおのがその意味を考える必要があります。

北九州市議会 2017-03-08 平成29年 2月 定例会(第1回)-03月08日−07号

特に、我らが北九州には日本歴史を支えてきた潜在能力があるのです。それを最大限に生かすことで、人口減少という壁を必ずや打ち破ることができるはずです。安倍総理も、自分たちの未来をみずからの創意工夫と努力で切り開く地方意欲的なチャレンジを自由度の高い地方創生交付金によって後押しする、ふるさとへの情熱を持って地方創生にチャレンジする、そうした地域を全力で応援すると明言されています。

春日市議会 2017-03-08 平成29年予算審査特別委員会 本文 2017-03-08

467: ◯文化財課長(神崎由美君) 多鈕鏡鋳型につきましては、今おっしゃられたとおり日本歴史のですね、特に鋳造史につきましては、それを大きく書きかえるものとして大変注目を浴びたところでございます。次の展開ということでの御質問なんですが、今年度中にですね、こちらの出土いたしました須玖タカウタ遺跡のですね、報告書の刊行を考えているところでございます。